いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ 病気の疑いはありますか?| 身体の悩み - 悩み相談掲示板
「健康」や「人に言えない体の悩み」- 解決・相談掲示板です。


身体の悩み|悩み相談掲示板 > 病気の疑いはありますか?

病気の疑いはありますか?

日時: 2017/03/03 19:13 (spmode)
名前: お碗

入社1年目の若造です。
いまだに上司と話す時に、うまく伝えることができません。説明が不足していたり、順序がバラバラになってしまったり、自分でもうまく伝えられてないなって話してる途中に思います。
話しが噛み合わないこともあります。
噛み合わないのは、大体その言葉にいくつか捉え方がある場合だと思います。

言語能力とか脳に欠陥の疑いはありますか?それともメンタル的なものでしょうか?
昔はそんなことなかった気がします…(自覚してなかっただけかもしれませんが)
就活の時は緊張してたからかもしれませんが結構苦労しました。

イエローページ

Page: 1 |

Re: 病気の疑いはありますか? ( No.1 )
日時: 2017/03/04 05:59 (dz)
名前: 東条

> いまだに上司と話す時に、うまく伝えることができません。
> 説明が不足していたり、順序がバラバラになってしまったり、自分でもうまく伝えられてないなって話してる途中に思います。

なるほど。
そういう人は世の中にたくさんいます。
このサイトでもたくさんいますよ。
主語が抜けているとか、単語しか話さないとか、ありがとうを言えないとか・・・

そういった場合はいらない紙などに書いて伝えるようにしましょう。
たとえば、話す内容が多い場合、口頭だけでは相手が忘れる場合もあります。
ミスを減らすために、そういった相手を思いやる工夫が必要です。



> 言語能力とか脳に欠陥の疑いはありますか?

会話というのは、大きく大別をすると、「聞くこと」と「話すこと」に分けられます。
聞くというのは、「集中して聞くこと」、「話した言葉の意味を瞬時に理解すること」、「相手の意見を尊重すること」、「話した内容を記憶すること」などがあります。
話すことは、「社交性が必要だったり」、「自分がこれから話す内容を脳の中でまとめたり」、「相手にきちんと伝わるように話すこと、つまり、相手を思いやる心が必要です」

「うまく伝えることができない」というのは、話すことに含まれます。
社交性や、気配り、相手を思いやる心は、脳のなかでも「前頭葉」の働きです。
前頭葉に障害があったり、前頭葉が発達していなかったり、前頭葉が活性されていなかったり、何らかの原因で前頭葉の働きが衰えてきたりすると、「上手に話すことができない」ということがおきてきます。

また、相手が話した言葉を理解したり、話した内容を記憶することは、脳のなかでも「側頭葉」の働きです。
集中してお話を聞いたり、意見を尊重することは、脳のなかでも「前頭葉」の働きです。

そのため、「前頭葉」と「側頭葉」に障害が起きると、上手に会話ができなくなります。
こういうのを前頭側頭型認知症というのですが、おじいちゃんやおばあちゃんたちの年代の方のなかには、こういった前頭側頭型認知症の方もいます。



> それともメンタル的なものでしょうか?

感情や性格などは、「前頭葉」の働きです。
前頭葉に障害が起きると、感情などにも影響します。
性格も変わります。

なのでたとえば、相手が「すぐに落ち込む」、「怒ってばかり」、「気配り、思いやりがない」、「優しくない」、「喋っていることが意味不明」、「集中力がない」、そういった場合は前頭葉に問題がある可能性があります。



> 病気の疑いはありますか?

発達障害などの場合、健康な方とは明らかに脳の構造が異なります。
なので所見のほかにMRIで検査を行えばわかります。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.2 )
日時: 2017/03/04 09:04 (ocn)
名前: お碗

ありがとうございます。

不安になったエピソードがいくつかあります。

・職場の飲み会の幹事をやっていて、上司から「(飲み放題を)始めようか」と言われました。僕は飲み会の音頭を取らされたことがあって、それが嫌だったのもあり、「では(音頭を)お願いします」と言ってしまい笑われました。

・パソコンを処分するからマウスとキーボードいるかどうか、聞いてと言われて先輩に聞いたときです。
「(マウスとキーボードは)これだけ?」と聞かれ、処分するものを聞かれたのかと思い、本体もあったので、「本体もあります」と言ってしまいました。

・上司からパソコンをモニターにつないでほしいと頼まれたことがありました。準備を一通りしてモニターに繋ごうと思ったときに、上司が「これ(モニターを置いている台)をこのままこっちにひっつけて、ここでモニターを見たいんだよね」と言われました。もう一度聞き直して、考えて中々動き出せずにいたら、「やっぱりいいや」と言われ、上司自ら、パソコンだけを動かしていました。
後で、「この台ごと動かして欲しかったの」と呆れ気味に言われました。


他にも聞かれたことに対して、少しずれたことを答えてしまい、そういうことを聞きたかったんじゃないんだよなって反応をされたこともあります。

これらは全部社会人になりたての今年度にあったことなので、目上の人と話すのに慣れてないのかなとも思うのですが、今までなかったとも言い切れませんが日常生活で困るということもありませんでした。

アスペルガー症候群の傾向にも当てはまる部分がある気がするのですが、どうだと思いますか?
学生時代に勉強ができなかったとかということはなく、当てはまらない傾向も結構あります。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.3 )
日時: 2017/03/05 05:39 (dz)
名前: 東条

> 不安になったエピソードがいくつかあります。

前々回の悩みで「胸がチクチクする」といった悩みがありました。
それで、「それは不安が原因でチクチクするのですよ」と教えましたが、やはり色々な不安があったのですね。



> アスペルガー症候群

現在は自閉スペクトラム症といいます。
アスペルガー症候群は昔の呼び方です。
昔は発見した人の名前や研究者やチームの名前に病名になることが多かったのですが、医学の発展により、原因やメカニズムや症状が徐々に解明されると、病名が変わることがあります。
アスペルガー症候群もその一つです。



> アスペルガー症候群の傾向にも当てはまる部分がある気がするのですが、どうだと思いますか?

発達プロセスというのは、人種の違いや、文化の違い、言語の違い、食べさせている料理の違い、育て方の違い、育てる環境の違いにより、「早く育ったり、遅く育ったり」、といったことは通常はありません。
世界中、どんな赤ちゃんでも1歳前後で歩き始め、十分ではありませんが何か言葉を喋りだすようになります。
そして2歳にもなれば、十分ではありませんが文法を身につけだします。
こういう発達プロセスのことをロバストというのですが、このロバストは常に安定をしたプロセスであり、ちょっとやそっとのことでは絶対に変化することはありません。
世界中、どんな赤ちゃんでも同じプロセスです。

ところが、何らかの原因(両親、特に母親のの喫煙や飲酒など)により、脳神経が発達せずに、このロバストが十分に進行しないことがあります。
これが発達障害です。

自閉スペクトラム症(旧アスペルガー症候群)というのは、この発達障害のなかに含まれる一つです。
発達障害というのは、まだ最近(日本では1995年から徐々に)知られるようになったもので、まだ21年と数ヶ月しか経っていません。
そのため、診断に詳しい医師があまりいません。
特に、年配の医師や高齢の医師は習ってません。
なので今働いている方達の中には、自分が発達障害とは知らされずに働いている方もなかにはいます。



> 学生時代に勉強ができなかったとかということはなく、当てはまらない傾向も結構あります。

基本的に発達障害の方に共通していることは勉強ができないということです。
なので基本的に学校の成績はよくありません。
ただし、まれに物凄く勉強のできる発達障害の方もいます。

自閉スペクトラム症(旧アスペルガー症候群)は、コミュニケーションが苦手な他にも、パターン化された行動(医学では、こういうのを常同行動と言います)や、不器用といった特徴があります。
なので、「うまく伝えることができません。」というだけでは自閉スペクトラム症とはいえません。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.4 )
日時: 2017/03/05 15:24 (ocn)
名前: お碗

東条さん

> > 不安になったエピソードがいくつかあります。
>
> 前々回の悩みで「胸がチクチクする」といった悩みがありました。

覚えててくださったのですね。
あの節はお世話になりました。

> それで、「それは不安が原因でチクチクするのですよ」と教えましたが、やはり色々な不安があったのですね。
>
>

そうですね。仕事で起こったエピソードにいちいち自分がおかしいからそうなんじゃないかって不安にさせられたり、そもそも自分はやっぱり向いてないのかな、とか、病気とかでないにしろダメなやつなのかな、とかそういったことが原因だったのかなと思ってます。
ちなみに今もチクチクするのは治ってません。

>
> > アスペルガー症候群
>
> 現在は自閉スペクトラム症といいます。
> アスペルガー症候群は昔の呼び方です。
> 昔は発見した人の名前や研究者やチームの名前に病名になることが多かったのですが、医学の発展により、原因やメカニズムや症状が徐々に解明されると、病名が変わることがあります。
> アスペルガー症候群もその一つです。
>
>

そうなんですか。
近頃は、ちょっと変わった人でも、「アスペ」とかと揶揄されるのを聞くので、それが正式名称かと思いましたが変わっているんですね。

>
> > アスペルガー症候群の傾向にも当てはまる部分がある気がするのですが、どうだと思いますか?
>
> 発達プロセスというのは、人種の違いや、文化の違い、言語の違い、食べさせている料理の違い、育て方の違い、育てる環境の違いにより、「早く育ったり、遅く育ったり」、といったことは通常はありません。
> 世界中、どんな赤ちゃんでも1歳前後で歩き始め、十分ではありませんが何か言葉を喋りだすようになります。
> そして2歳にもなれば、十分ではありませんが文法を身につけだします。
> こういう発達プロセスのことをロバストというのですが、このロバストは常に安定をしたプロセスであり、ちょっとやそっとのことでは絶対に変化することはありません。
> 世界中、どんな赤ちゃんでも同じプロセスです。
>
> ところが、何らかの原因(両親、特に母親のの喫煙や飲酒など)により、脳神経が発達せずに、このロバストが十分に進行しないことがあります。
> これが発達障害です。
>

うちの両親は誠実な人だと思っているので、そういった原因にあたるものはないと思いたいですね。

> 自閉スペクトラム症(旧アスペルガー症候群)というのは、この発達障害のなかに含まれる一つです。
> 発達障害というのは、まだ最近(日本では1995年から徐々に)知られるようになったもので、まだ21年と数ヶ月しか経っていません。
> そのため、診断に詳しい医師があまりいません。
> 特に、年配の医師や高齢の医師は習ってません。
> なので今働いている方達の中には、自分が発達障害とは知らされずに働いている方もなかにはいます。
>
>

医師でもわからない人もいるぐらいなんですか。

>
> > 学生時代に勉強ができなかったとかということはなく、当てはまらない傾向も結構あります。
>
> 基本的に発達障害の方に共通していることは勉強ができないということです。
> なので基本的に学校の成績はよくありません。
> ただし、まれに物凄く勉強のできる発達障害の方もいます。
>

僕は自分で言うのはなんですが、平均よりは少し上ぐらいの高校も大学も出ているつもりです。
ですが、アスペルガー症候群は知的発達の遅れのない自閉症だと書いてある本を今日見ました。
もしそうなのだとしたら、あり得るのかもって。

> 自閉スペクトラム症(旧アスペルガー症候群)は、コミュニケーションが苦手な他にも、パターン化された行動(医学では、こういうのを常同行動と言います)や、不器用といった特徴があります。

常同行動は、同じやり方でないと、パニックになってしまうとかですかね?
そうだとして、慣れない仕事でそういうことがあると、焦るし動揺はするでしょうけど、パニックになってしまったことはこれまでの人生でないと記憶してます。

> なので、「うまく伝えることができません。」というだけでは自閉スペクトラム症とはいえません。

一応、自分のエピソードでは「伝えることが下手」「曖昧な表現(言外の意味)が苦手=メタ表現が苦手」「勘違い」とかがそうっぽいのかなと心配してたのですが、どうでしょうか?
口を滑らして失礼なこと、余計なことを言ってしまったこともあります。
主語がない会話とか文章で理解するのに時間がかかることもあります。
皮肉がわからなかったこともごく稀にありますが、それは解釈の仕方の問題ってだけでしょうか?
友人は少ないほうですが、深い付き合いの友人が何人かいます。こういうのも「人付き合いが苦手」とかってところに当てはまってしまうと思いますか?

おっしゃるように医師の方でもわからない人がいるのに、一般の方に聞くのもどうかとは思いますが、診断を受ける必要があるのかどうか判断するのに参考にさせていただきたいので、もう少しお付き合いいただけましたら嬉しいです。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.5 )
日時: 2017/03/06 06:02 (dz)
名前: 東条

> 常同行動は、同じやり方でないと、パニックになってしまうとかですかね?

常同行動というのは、たとえば、何かに対する強いこだわりや興味や関心などがあり、毎日決まった時間に決まった行動をする、などです。
もしその行動を邪魔すると、パニックになります。
人によっては怒って暴れることもあります。
普通の方であれば、邪魔をされてもパニックになることはありません。



> 一応、自分のエピソードでは「伝えることが下手」「曖昧な表現(言外の意味)が苦手=メタ表現が苦手」「勘違い」とかがそうっぽいのかなと心配してたのですが、どうでしょうか?

どのような病気でも、必ず症状が決まってます。
たとえば、Aという病気には、@の症状とAの症状が必ずある。
どちらか一方でもない場合、Aという病気の可能性はない。

自閉スペクトラム症も同様に決まってます。
常同行動がない場合、自閉スペクトラム症とはいえません。



> 曖昧な表現(言外の意味)が苦手=メタ表現が苦手

これは曖昧な表現をする人が悪いのであって、自分が悪いわけではありません。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.6 )
日時: 2017/03/06 08:45 (ocn)
名前: お碗

東条さん

> > 常同行動は、同じやり方でないと、パニックになってしまうとかですかね?
>
> 常同行動というのは、たとえば、何かに対する強いこだわりや興味や関心などがあり、毎日決まった時間に決まった行動をする、などです。
> もしその行動を邪魔すると、パニックになります。
> 人によっては怒って暴れることもあります。
> 普通の方であれば、邪魔をされてもパニックになることはありません。
>
>

強い興味や関心がある物事もありますし、それ以外のものに対する興味や関心が弱いのもあるかもしれませんが、普通に趣味とそうでないものぐらいの気持ちでいるのですが、それは問題ないですかね…?
パニックとか怒り出すとかはないです。がっかりとか動揺はするかもですね。

>
> > 一応、自分のエピソードでは「伝えることが下手」「曖昧な表現(言外の意味)が苦手=メタ表現が苦手」「勘違い」とかがそうっぽいのかなと心配してたのですが、どうでしょうか?
>
> どのような病気でも、必ず症状が決まってます。
> たとえば、Aという病気には、@の症状とAの症状が必ずある。
> どちらか一方でもない場合、Aという病気の可能性はない。
>
> 自閉スペクトラム症も同様に決まってます。
> 常同行動がない場合、自閉スペクトラム症とはいえません。
>
>

そうなんですか!?症状は結構ばらついてるイメージでした。これらの症状のうちいくつかが当てはまってると、そうかもしれないですよ、みたいなイメージだったのですが…

>
> > 曖昧な表現(言外の意味)が苦手=メタ表現が苦手
>
> これは曖昧な表現をする人が悪いのであって、自分が悪いわけではありません。

そういう考え方もできるんですか。
これは特徴の一つとして知ってたんです。
皮肉とかもそうですよね。
全部ではないですが、皮肉とか言われて皮肉なのかそのままの意味なのか…とか。
冗談言われて、冗談なのか本気で言ったのか…とか。
よく聞くのは、「洗濯物見てきて」って、言われて本当に見てくるだけとか…
これが1番よく知ってました。
さすがにこれはないですが、自分で書いてて、これ確かに最終的に何を求めてるのかわからないものもあるなって…
そういう特徴の例を見た時に、全く意味わからないってならないんですよね。
これはさすがにないけど、こっちはちょっと気持ちわかるぞ…みたいな。

そういうのも大丈夫だと思いますか?

誰にも迷惑かけないけどは些細な不注意みたいなのもまああります。
クスリを飲み忘れたり、業務でやったと思ったらやってなかったとか。業務のことは自分で気づいて、自己解決しましたが、一歩間違えばって感じですよね…

すみません。何度も。
でもお陰さまで少しスッキリしました。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.7 )
日時: 2017/03/07 05:47 (dz)
名前: 東条

> これらの症状のうちいくつかが当てはまってると、そうかもしれないですよ、みたいなイメージだったのですが…

何処の情報かわかりませんが、それは誤った情報です。
脳は場所によって機能が決まってます。
なので「そうかもしれない」ではなく、基本的に脳に障害があれば(何処の脳神経に障害があるのかにもよりますが)そこの機能に関わることであれば全て当てはまります。



> 強い興味や関心がある物事もありますし、それ以外のものに対する興味や関心が弱いのもあるかもしれませんが、普通に趣味とそうでないものぐらいの気持ちでいるのですが、それは問題ないですかね…?
> パニックとか怒り出すとかはないです。がっかりとか動揺はするかもですね。

趣味と常同行動は異なります。
常同行動がなければ可能性はゼロです。
常同行動が起きるのは、前頭葉の脳神経が発達をしていない証拠の一つです。

前頭葉の脳神経が発達をしていないので⇒「すぐに落ち込む」、「気配りがない、思いやりがない、配慮がない、優しくない」、「怒ってばかり、すぐに怒る」、「喋っていることが意味不明、コミュニケーションが苦手」、「集中力がない」、「常同行動が起きる」

前頭葉を障害を受けると、どんなに優しい人でも性格が変わり、「怒り出すようになります」
つまり、常同行動を邪魔をされる⇒パニックになり、怒ったり暴れだすようになる。

趣味を邪魔されていきなり怒って暴れる人はいますか?
いませんよね?
ここが自閉スペクトラム症との違いです。

気になるのであれば、納得いくまで専門家(専門医)に相談されるとよいですよ。
脳の構造が異なるので検査をすればすぐにわかりますから。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.8 )
日時: 2017/03/08 13:18 (spmode)
名前: お碗

東条さん

そうなんですね。
では、いくつかの特徴だけでは発達障害やアスペルガー症候群となることはないってことでいいんですかね?

ネットで見かけた特徴として、言外の意味が通じないというのも見かけました。
例えば、料理中に「お鍋見てて」と言われて、沸騰していようがなんだろうがお鍋をただ見てる、とか「家に誰も入れちゃいけませんよ」と言われて、親戚とかが来ても入れないとか。
こういう状況になったことがないのでわかりませんが、自分が言われて咄嗟に意味を汲み取れる自信がありません。そこが不安です。

また、口をすべらして余計なことを言ってしまうことがたまにあるのですが、思ったことを言ってしまうのも特徴としてあるみたいで、どうなんだろうって思いました。
何か一個一個特徴を見るとみんな当てはまってるような気がしてしまい、自分のエピソードが全部この問題に直結してしまいます
どう思われますか?
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.9 )
日時: 2017/03/10 06:07 (dz)
名前: 東条

> ネットで見かけた特徴として、

ここのサイトでも適当なことばかり書いている人達がたくさんいるように、ネットは誤った情報がたくさんあります。



> こういう状況になったことがないのでわかりませんが、

なったことがないのであれば問題ない。



> 口をすべらして余計なことを言ってしまうことがたまにあるのですが、

何故余計なこととわかるのですか?
いつも同じ人から頻繁に「余計な一言が多い」と言われるのですか?
それはその人の口癖ということはありませんか?

そもそも、その「余計なこと」とは、相手の悪口などを言っているのですか?
相手のことを思いやって言っているのではありませんか?



> 思ったことを言ってしまうのも特徴としてあるみたいで、

思ったことを言うことは別に悪いことではありません。
相手の気持ちを考えずにズバズバ言ってくる人達は世の中に星の数ほどいる。
なので『思ったことを言う=頭がおかしい人や、病気』ではありません。



> どう思われますか?

常同行動がないのであれば問題ない。

たとえば…
Aという病気には、@とAとBとCとDとEとFとGとHの症状があり、@とAは絶対にある症状、あるいは、頻度の高い症状です。
でも、患者さんはCとDとEの症状しかありません。
この場合、@とAの症状がないため、Aという病気の可能性はありません。(例外は勿論あるが…)

つまり、「常同行動はありません」と言っているので、可能性はゼロということです。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.10 )
日時: 2017/03/11 08:04 (ocn)
名前: お碗

東条さん

お返事ありがとうございます。
何度もすみません。

アスペルガー症候群はそういった常同行動がなければ可能性が低いと思っていいんですかね?ネットにもそんな情報はお見かけしませんでしたが。

また、アスペルガーではなくADHDなのではないかという不安が出てしまいました。
此方も特徴に当てはまってるところがある気がして…
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.11 )
日時: 2017/03/12 07:00 (dz)
名前: 東条

> アスペルガー症候群はそういった常同行動がなければ可能性が低いと思っていいんですかね?
> ネットにもそんな情報はお見かけしませんでしたが。

骨折をしていない人に対して「骨折してます」とはいえないでしょ?
それと同じこと。
特徴的な行動を無視して「可能性があります」とはいえません。


> また、アスペルガーではなくADHDなのではないかという不安が出てしまいました。
> 此方も特徴に当てはまってるところがある気がして…

ADHD(注意欠陥多動症)とは、字のごとく「注意欠陥」と「多動」がある。
つまり、行動に問題がある人です。
なので「注意の欠陥」と「多動」がなければその地点で可能性はない。
つまり、注意が足りない、配慮に欠ける、安定していない、穏やかではない、暴れるなど、行動自体に問題がなければ心配する必要はない。

そもそも、「頭が良い」と言っているのでそれだけで可能性は下がるし、お碗さんの年齢や職業といった基本情報も知らなければ、実際に接したこともない。
それに、母親から幼い頃のエピソードも聞けないし、ネットではMRIで検査も行えない。
どんな病気でも、診断というのは総合的に判断するため、こういった最低限の情報は必要です。

心配であればきちんと病院で専門家の先生に診てもらうこと。
また、その先生の診断を疑うのであれば、納得するまで色々な病院で診てもらうことが大事です。

因みに、ADHDが日本で徐々に知られるようになったのは2002年になってからです。
そのため、病名自体もそうですが、診断というのも定期的に変更されており、まだ確立されてません。
現在は注意欠陥多動症です。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.12 )
日時: 2017/03/18 12:15 (ocn)
名前: お碗

東条さん

なるほど。

ADHDに関しては注意欠陥がどの程度なのかにもよります。
挙げている、注意が足りない、配慮に欠ける、安定していない、穏やかではないぐらいは程度にもよりますがあることも個人的には珍しいことではないかなと思うのですが、おかしいでしょうか?
暴れるはありません。多動もありません。電車内でたまにそういった動きをされる方を見たことはありますが。そういうのはありません。

アスペルガーは「常同行動がない」この1点を根拠に、アスペルガーではないと判断していいでしょうかね?ネットに列挙されているような特徴に一部当てはまっている気もしますが…あくまでそれらは普通に誰しもに当てはまり得るものということでしょうか?
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.13 )
日時: 2017/03/19 05:50 (dz)
名前: 東条

> ネットに列挙されているような特徴に一部当てはまっている気もしますが…

どんなに当てはまっていても、必ずその病気とはいえない。

何度も説明してますが、
Aという病気には@、A、B、C、D、E、F、G、Hという症状が現れますが、
Aという病気には必ず@とAの症状ある、あるいは、高頻度で@やAの症状がある。
それなのにもかかわらず、患者さんはC〜Hの症状しか訴えない。
この場合、@とAの症状を訴えていないため、Aという病気の可能性はなくなる。(勿論例外はあるが…)
つまり、Aの可能性はない、あるいは、可能性は低いため、もっと他の病気(可能性の高い病気)を疑う。

それと、脳の構造が普通の人達とは異なる、というのも特徴です。
これはMRIの検査でわかります。
「ネットに列挙されているような特徴」がどんなに当てはまっても、脳の構造が普通の人達と同じであれば可能性はなくなる。

「頭もいい、常同行動もない、MRIの検査でも脳の構造に特に問題なかった」となれば、可能性はない。

診断というのは、否定の積み重ねです。
否定を積み重ねて、やっと一つの診断にたどりつけるのです。
「一部当てはまっている」というだけでは、「間違いなくその病気です」と断言できません。

自分が「こういう病気ではないのか?」と何度も疑うのであれば、一度病院で検査をするとよいですよ。
脳に問題がなければ安心して眠れます。

それと、病気は一刻を争う深刻な場合もある。
「病気ですか?」と言っているうちに、病気はどんどん進行する。
手遅れになることだってある。
何度も聞くよりも、一度病院できちんと検査をすることのほうがとても大事です。
ネットでは所見はとれないし、知能のテストもできない、検査もできない、母親から幼かった頃からのエピソードも聞けない。
情報が少なすぎです。
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.14 )
日時: 2017/03/30 08:08 (spmode)
名前: お碗

東条さん

そういうことですか。

では、ほとんどないと思うが心配なら医者に診てもらった方がいいぐらいに思っていて大丈夫ということでしょうか?

時折ピントがずれたことを言ってしまい、これもそうなのではないかと心配になってました。

・どう反応したらいいのかわからないこと
・複数の捉え方ができること、省略や代名詞が多かったり、あいまいなこと
・緊張している時や、あまり話したことない人が相手の時

これらの時に、そうなることがよくあります。
これら以外の状況でもそうなっていないかとか話した後にも、今の返答はそれでよかったのかとかばかり意識してしまいます。

勘違いとかもそうです。
前に挙げたようなエピソードのように会話が噛み合わなかったことがあると、自分のせいかなとか考えてしまいます。

それはどう思われますか?
   メンテ
Re: 病気の疑いはありますか? ( No.15 )
日時: 2017/04/04 05:22 (chubu1)
名前: 東条

まずはじめに、名前をよく変更されて他の場所にも投稿しているようですが、名前を変えるのは勝手ですが、そういった名前をコロコロと変更する行為を不快に思う方が沢山います。
また、同じ投稿内容を色々な場所に投稿する行為も、同様に不快に思う方が沢山います。
実はこういった行動や人柄というのは、長い間接することで相手のことが徐々にわかってきます。
一方、体温というのは数字にハッキリと表れるため、すぐにわかります。

前回と同じ繰り返しになりますが、文字だけのやり取りでは相手がどれぐらい普通の人達と比べて言動がおかしいのかわかりません。
特に行動は実際に目で確認をすることができないため、中々文章では伝わりません。
そのために、病院では家族などからお話を伺ったりします。
だから家族などの証言というのは診断に非常に重要で欠かせないのです。(特に頭の病気の場合は証言は欠かせない)

症状だけではなく、家族などから伺うエピソード(かなり重要)、そして知能テストとMRI(脳の構造の確認は最重要)。
いずれも診断には欠かせません。

ネットでわかるのは短文すぎてよくわからないハッキリとしない症状だけです。
それも、頭は良いと断言していて、常同行動もないと断言している。
この地点で既に可能性はない。
さらに今回の投稿でわかったが、相手のことを気遣うこともできる。
普通は気遣いはできないか、あるいは苦手だ。

少し前に、脂肪腫を疑う投稿があった。
http://wailing.org/kenkou/read.cgi?no=9077
しこりの場所からすると限りなく単なる良性の脂肪腫を疑うが、良性か悪性かは生検でしかわからない。
それぐらい生検というのは重要だ。
ただし、場所と1年前からあるという何気ない一言から脂肪腫であることを教えてくれた。

自閉スペクトラム症の診断も同様。
MRIで脳の構造を確認する必要がある。
これは生検と同じぐらい重要だ。

どんな病気でもそうですが、基本的に「原因が脳にある」と疑った場合、脳の検査は必要です。



> では、ほとんどないと思うが心配なら医者に診てもらった方がいいぐらいに思っていて大丈夫ということでしょうか?

心配であれば両親と病院へ行くようにしてください。
何度もそのように言ってます。
   メンテ

Page: 1 |

カテゴリ ダイエット画像掲示板
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 youtubeの貼り方 up
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存    留意事項 留意事項

体・健康のお悩み関連スレあればこちらより


病気の疑いはありますか?| 身体の悩み - 悩み相談掲示板 ▲