いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
数にして261。
間違っている事に対して訂正を入れる事の何が間違っているのだろう。
僕はそうオモイイウ。
何に?って?
ハハッ(笑)

母親に聞いたんだよ。
昨日の夜ごはん何だったけ?

すると母さんはこう答えた。
■■■■■だよ。

違う。それは一昨日だ。もう日付が変わっている。
そう言うとは母さんはこう言った。
屁理屈だ。と。

だから僕はこう言った。言ってやった。自身満々に。堂々と。
「屁理屈ほど真理を突いた物はないよ。」と、
どうどう?

かくしてこの会話は終わった。
僕にとっての格言は安っぽいおき台詞となり僕は就寝に付く。
おやすみ。どうか良い夢を見てくれよ。ぼく。
16/12/22 03:06更新 / かとらりー

■作者メッセージ
なんだよこれ。自分でもそう思う。語る必要のない物語を僕は語っていた。
で、昨日の夜ごはんは何だったんだろうね。

この作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c