いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
今好きになる。
〈蒼太〉
認めても、認めちゃっても、君のことは諦められない。
今も好きです。

〈佳奈〉
認めたら、認めちゃったら、隠すことも諦めそうだ。
今好きになる。

〈隆司〉
諦めて、諦めちゃって、君を追うのやめちゃうけれど、
幸せになれ。
……………

〈蒼太〉
俺は幼馴染みの佳奈のことが好きです。でも佳奈は俺のことをきっと幼馴染みとしか見ていないと思います。
それに佳奈は隆司のことが好きです。いつも帰り道、隆司の話ばっかり。どうしたら告白できるとか、男子はどんな仕草が好きだとか。あんなやつのどこが…
でも佳奈のためには幼馴染みのままでいた方が良いかも。好きって認めない方が良いかも。
だって、認めちゃっても、佳奈のことは諦められないから。今も好きです。


〈佳奈〉
私は隆司君が好きです。正直、幼馴染みの蒼太のことも気になってるけど、ただの幼馴染みです。隆司一途です。蒼太も私のことを幼馴染みだと思ってるはずですしね。隆司君は優しくて、勉強もできるんです。でも、恥ずかしいからなかなか言えなくて、隠してしまいます。認めたくないし。蒼太にしか言ったことない。蒼太はたよりになるんですよ。でも、隆司君にちゃんと言います。今好きになったから。


〈隆司〉
僕は佳奈が好きでした。可愛らしくて、好きだったけど、蒼太のことが気になります。一応表では幼馴染みってなってるけど、結局はお互い好きなんじゃないかなって思います。特に蒼太は佳奈のことを女の子と見ているんじゃないでしょうか。なんだかんだ言って二人はお似合いです。僕には叶いません。
諦めて、諦めちゃって、追いかけるのをやめちゃうけど、幸せになってね。
……………

放課後

「隆司君…好きです。」
「ありがとう。僕も好きだよ。」
「本当に!?うれしい!」
「…でも、好きだった。が正しいかな。」
「えっ?どういうこと?」
「僕は、佳奈のことが好きだったよ。だけどさ、蒼太が邪魔なんだよ。」
「そういうことなら蒼太とはあまり話さないようにするから。。」
「そうじゃないんだよ。ねぇ?佳奈が本当に好きなのは僕かな?本当に大切な人はいつも佳奈の近くにいるんじゃない?蒼太はもう気付いてるよ。」
「…そっか。そうだよね。ごめんね。隆司君。ありがとう。」
「ほらほら、泣かないで!蒼太のところに行ってきなよ。」
「うん…ありがとう。」

やっといなくなったかな。。なんで最後に泣くの?僕だって泣きたいのに。僕だって蒼太と同じくらい佳奈のことが好きだったのに…
でも、これで合ってたんだよね?幸せになれよ。
……………

「あっ。いた!蒼太ー!」

「うるさいなー!佳奈、お前急に抱きつくなよ。(めっちゃ嬉しいけど。)気持ち悪い。え?…泣いてるの?ごめん。気持ち悪いって言ってごめん。(普段こんなことで泣かないけど…)」

「そうじゃないよバーカ!なんで言ってくれなかったの?全然蒼太の気持ち知らないでいた私が情けないよ。私だって蒼太のこと気になってたのに!バーカ!アホ!マヌケ!」

「えー。佳奈やっと気付いたの?お前こそばっかじゃないの?佳奈ってやっぱりバカだよなー。(めっちゃ嬉しいー!)」

「で、蒼太、これからどうするの?」

「付き合っちゃう!?(うわぁー言っちゃった!)」

「べ、べつにいいけど…。(蒼太がそんなこと言うなんて。)」

「なんでお前はいつも上から目線なんだよー」

手を繋いで歩いた帰り道は、幼い頃とは違い、恋人としての第一歩だった。
16/10/05 17:47更新 / ねこる

■作者メッセージ
初めての読み切りに挑戦!難しかったなぁ。。
これは、「今好きになる」という曲を参考につくりました。内容は少し違いますが、歌詞の一部が入ってるので本家と共にお楽しみください!

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c