いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
濃霧

とても暗い夜だった
霧が濃かったから

懐中電灯も
少しの先しか照らせない

照らせていても、霧で見えない


私はひたすら、前と信じた方へ進んだ

周りには何もなかった

街灯も
木も
家も
店も
溝も
石も
土も
車も
空も


土も石もないなら道が何で出来ているか
見当もつかない
そもそも今は夜なのか
ここはどこなのか

暗いから夜と呼んだだけだ
月も星もなく、ただ暗い
夜ではないかもしれない


最初は暗いのは霧のせいだと思った
本当は私の持っている懐中電灯以外の光が
存在しないからだった
雲が多いのかと思ったら
空がなかった

霧が濃いだけだったかもしれない

くるりと見回し、考え
それから私は、私の決めた前以外は
照らしもせず、見もしなかった
ひたすら歩き続けた
暗い夜の白い霧のなかを




15/02/08 23:57更新 / ロゥ

■作者メッセージ
自分でもよく分からない
そういう夢を見た

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c