いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
連載小説
[TOP]
操り魔性〜アヤツリマショウ〜
この世界には
見えない場所がある。

『火、水、風、金属、楽、悲、喜、嬉』
8つのどれかの力を持った者がいて


操る事が出来る。


登場人物
赤城 炎(あかぎ ほのお)
火を操る力を持った者。

水嶋 花憐(みずしま かれん)
水を操る力を持った者。

風間 宗(かざま しゅう)
風を操る力を持った者。

聖子(せいこ)
金属の神。誰よりも強い力を持つ。
実験団体から勧誘を受ける。

松田 睦樹(まつだ むつき)
8つの力の調査団体の会長。
聖子に目を着けている。

松田 ジュリ(まつだ じゅり)
睦樹の姉。調査団体の副会長。
聖子を実験台にしようと提案した。
聖子宛 14/08/29 10:23
強引なり 14/08/29 10:58
起きたのは段ボールの中だった。 手足が縛られているため、金属を操ろうとしたが… 「!?」 金属が動かない。 意識が朦朧とした時、自然と操れないんだ。 やけに揺れているが、耳栓をされていて、何を喋っているか分からない。 突然降ろされた感覚に陥ると、段ボールを開けられた。 聖子が起きている事に気付き、 首をグッと軽く圧迫されまた意識が消えた。 その頃、時計は午前2時を指していた。 聖子が帰って来ない事を心配して 花憐の他に、炎と宗が集まった。 「聖子は、買い出しに行ったんだよな。」 「うん…どうしよう…聖子が…」 花憐は、憔悴しきっている。 「携帯が通じない事を思うと誘拐…とか」 宗が恐ろしい事を言う。 「あぁ、その可能性もある。 花憐、最近聖子はどうだった?」 花憐には、思い当たる節がある。 「この間、聖子宛の手紙が来て それから暫く、外に出なかった…。」 炎は目を見開いて、 「それが今回の鍵かもしれん。 誘拐の可能性も含めて、明日 捜索願を出そう。」 集まった3人は不安で眠れなかった。 明日になっても帰らない、そんな気がした。 14/08/29 11:23

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c