いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
新しい世界が欲しいの
神様、私の元にあなたの息子のイエス・キリストをおつかわしください。

彼とファックしたいんです。彼の貴い精液でわたしのプッシーをみたしたいのです。そしたらこんな孤独は少しはましになるでしょうか。

でも、きっと、それだけでも足りません。キリストに、あのあほな十二人の使徒とか、彼を救世主と慕う民たちを、みんな裏切らせて、もとの大工になって私と暮らし、奇跡は私のためだけに起こす。

そしたら、私の孤独は消えるかもしれないです。人類のために、十字架にぶらさがったりしなくていいから、ただ私を救って欲しいのです。

私の闇に光をもたらすには、原子力発電所が何個あっても足りないくらいの電力が必要です。

寂しさでメルトダウンした私の心は向こう側まで穴が開いてしまいそうです。向こう側まで穴があいたら、私はわたしでなくなって、ただの風穴になってしまいます。

向こう側には、この世のモノでない魑魅魍魎がいて、風穴からこちら側まで出てきてしまって、ありとあらゆる災いを起こすでしょう。私の寂しさを放置した、この世の中への私のささやかな復讐を変わりにやってくれるでしょう。

世界なんか滅びてしまえばいい。幸福な人なんかみたくない。わたしと同じように世界中が苦しめばいいのです。

津波は東北だけじゃなく、全世界を覆い、ノアの箱舟も沈没させて、生きてるモノが誰もいなくなったこの星で、私の風穴から出てきた命のない魑魅魍魎たちだけが、存在すればいい。

生命という呪うべきものが、なくなってはじめて、私はほっとして眠ることができるでしょう。

命が尊いなんて、幻想です。生も死も、虚しいだけ。どんどん少子化が進んで、日本なんて滅びてしまえばいい。


でも、そんな大がかりなことしなくていいから、神様、私にちゃんとした子供時代を返してください。

そしたら、私はロケットランチャーで、関係ない民どもを狙いうちしたいとか思わないでしょう。善良な一般市民として生きていきます。

専業主婦のくせにアフガニスタンのアメリカ兵と同じマシンガンが欲しい。

その試し打ちに、原子力発電所を作った馬鹿どもらを皆殺しにしたい…。

もうこんな斜陽の国は、戦場になるがいい。

キリングフィールドみたいになって、生まれる子供も年に一人とか二人になって、初めて子供は宝だとか食べ物とか命は大事だという言葉は空虚な戯言ではなくなるのです。

死と殺戮と飢えこそが、新しい日本を作るでしょう。
16/04/06 11:52更新 / やや

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c