いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
五色
ある小さな島国に青、黄、赤、緑の四色がいた。
四色が住む国は戦争中で四色も戦っていた。
四色は皆個性が強く、性格もバラバラであったがとても仲が良かった。

綺麗な青色の瞳を持つ彼は遠距離が得意で、いつもニコニコしていた。

明るい黄色の瞳を持つ彼は空中で戦い、前向きでいつも騒いでいた。

深い赤色の瞳を持つ彼は近距離が得意で、いつも毒を吐いていたが本当は誰よりも優しかった。

落ち着いた緑色の瞳を持つ彼は中距離が得意で、いつものんびりとしていたが誰よりも強かった。

そんな四色は戦争中でも希望を持ち、いつも楽しそうだった。


ある日突然緑が消えた。仲間を庇ってやられたそうだ。
緑を失っても彼らは笑った。
消えた緑のためにも無理矢理笑った。

緑が消えてすぐ、黄色も消えた。
まるで緑を追うように。
残された二色はそれでも笑った。
赤色が震えていたのはきっと寒かったのだろう。


戦争が終わると同時に病気で赤色が消えた。
残された青色はもう笑えなかった。


そして青色は自ら消えた。

いつもニコニコしていた彼は泣きながら静かに消えた。




緑が庇ったのは私だ。
私がもっと強ければ緑は死ななかったのだろうか。
緑が死んでいなければ黄色が動揺してミスを重ねることもなかったかもしれない。
二人が生きていればもっと早くに戦争が終わっていて赤色が病気になることもなかったかもしれない。
三人が生きていれば青色が死ななかっただろう。

全ては私が悪い。
私が死ねば彼らは生き返りますか?
14/07/18 10:54更新 / shin

■作者メッセージ
なんかかきたかった

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c