いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
大切な友達へ
無明の闇をさすらうあなた

そばにいるのに何万光年離れているかのように

私の声は届かない。

魔物を見つめすぎて

目が焼けただれ

もう見ちゃいけないと

私は叫ぶ。

でも、届かない。

魔物を見ちゃダメ。私を見て!私の声を聞いて!

魔物に魅入られ、闇をさまよい

憎しみで我が身をかきむしるあなた。

生きたまま無間地獄に落ちても

虚無の闇よりまし。

怒りと憎しみにおのが人生を支配させ

それでやっと生きている。

私はどうやってその闇から出たんだろう。

歩いていたら、気づいてみれば、私は虚無の闇からから出ていたの

あなたに生きててほしいのよ。

あなたがとても好きなのよ。

でも私の声は、あなたの耳には風のように通り過ぎる。

あなたの耳は、絶望と呪いを選びとる。

五感はすべて

絶望と呪いのために使われる。

あなたの地獄に私も落ちてあなたを殺してあげたい。

そうすれば苦しみは終わるの?

生きながら朽ちて空洞になったふたつの目。

おのれの毒でただれた口。

手も目も声も

もう昔のあなたじゃない。

魔物に魅入られ、生きながら朽ちていくあなたを見るのが私もつらいの

呪いに満ちた生に終わりを告げさせてあげたい。

あなたをくびりころして

あなたのきれいな骸骨を私の部屋に飾りたい。

そうして、やっと安らいだあなたを見たいの。

魔物じゃなくて私を見てよ。

そうしないと殺してしまう。

あなたの心を支配するのは魔物じゃなくて虚無

この化け物は私も退治できないの。

だからあなたを殺して

そうして苦しみから救ってあげたい。

そうしてあなたを私のものにしたいのです。
16/04/06 12:01更新 / やや

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c