いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
ときどき降ってくる気分
この空虚感と寂しさ。

こんなの慣れてる。だけど、つらいことはつらい。

私は手首を切ったりしない。過食も絶食もしない。普段よりは少しかったるく生活するだけ。

自傷行為もせず、昔の友達と電話してやりすごす。もっとつらくて大変な仲間を思い出して、その頑張りを見習う。

でも、今は気が狂いそう。

生きてることになんの価値も見出せない。毎日やりすごす毎日に価値なんかない。

私は専業主婦で息子がひとり。仕事はたったひとつ。

息子に愛されオーラをまとわせること。

僕はママにタップリ愛されてまーすって顔をさせること。

あとはどうでもいい。

でも、そのたった一つの仕事も放棄して、全て捨てて、どこかへ行ってしまいたい。

行きたいところもないのに。


自分の命を誰かの手によって、手折ってもらいたい。

苦しみを終わりにしてもらいたい。


苦悶の表情をつくることなき死を私に与えて。

そう切望してやまない。

そこには愛もなく息子への思いもなく、漂白された骸骨の様な清潔さだけがあればいい。

慈悲に満ちた月の光は私の死体を照らすでしょうか。

空洞になった眼窩からは、月見草がろうそくの灯火のような花を咲かせていればいい。


静かな死

静かな幸福

私がそれを求めてなにが悪いのでしょうか。
16/04/06 12:02更新 / やや

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c