いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
無題
興味本位でした。そうです。ただの、興味本位。

寝静まった家に侵入して、私はとある夫婦を殺しました。

最初は女です。

私は台所から包丁を抜きとり、女の心臓を突き刺しました。

女はうめき声をあげて死にました。

私は心臓から包丁を抜くと、目に近づけました。

目をくりぬくように、包丁を突き立てます。いや、ただ気になったのです。目の裏側が。どうやって神経と繋がってるのかなって。

目をくりぬくと、私は今度は黒目を削っていきます。目の中って、普通誰も見ないでしょう。誰も見たことのないものをみたい。

私は目を観察し終えると、その部屋を去りました。

次に男です。

男が大口開けてガーガー言って、うるさかったです。私は男の口の端に包丁を構え、裂きました。

男が飛び起きて叫びます。

「ぐぎゃあぁぁあぁぁ」

私は男の顔を包丁で殴りました。

それから、男の喉の奥まで包丁を突き刺し、貫通させました。

夥しいほどの血が滴ります。

私は男の歯に手をかけます。

一本一本、大切に歯を抜きます。

全部抜き終えたら、その歯を持ち運び、女の目の中に入れました。

なんでこんなことをするのか。だって、誰かの目の中に誰かの歯を入れたことありますか?

私はないです。

だから、です。

私はそのまま家を出ました。

道中、警察に会いました。

私は今起きたことを話しました。楽しかった。嬉しかった。いろいろな経験をした。

今、私は首に縄をかけるところです。

なぜかって。だって、選ばれた人間だけですよね。こんな行為ができるのは。大勢の警察官に見られて、死ぬなんて、なかなかないですよ。

貴方も、知りたくないですか?

脳のシワの数。肉の色。腸の長さ。腹の中。耳の奥とか、胃の大きさ。

この目で確認したくないのですか?

あ、ごめんなさい。もう時間です。

ではまた。さようなら。
16/03/11 21:19更新 / kaD

■作者メッセージ
痛み入ります。

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c