いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
あの日 咄嗟に…
部活の終わり、帰宅途中。



肩を並べて歩く親友が、突然私にこう囁いた。



『私、ユウヤくんの事、好きなんだよね』



サッカー部のエースで腐れ縁のユウヤ。



『えっ…お、応援するよ!!』



___



「俺、お前の事が好きなんだ」



そう言って目の前に立っているのは、紛れも無くユウヤ。



「ごめんなさいっ…!!」



そして今、目の前には



肩を並べて歩く、親友とユウヤ。



視界がぼやける。



夏の終わり。



***



あの日 僕は咄嗟に嘘をついたんだ___
15/03/27 17:37更新 /

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c