いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
try








震えが止まらない。
怖い、そう体が叫ぶ。


蔦が絡まってしまったかのように、
一歩先へ足を進めることができない。





いつのまにか、すっかりと怯えてしまう。





もしも一歩先がなかったら。
この足が沈んでしまったら。
動けなくなってしまったら。


そんな沢山の不安なノイズを。
目を閉じて、膝を抱えて、ただ聴いていた。





何度もそんな風に閉じ篭っていた。


怖がらなくていい。
始まりは皆そう。


そうだと分かっていても。
どうしても怖いと感じてしまう。





でも。





先を行く人の背に手を伸ばしたくて。
やりたいことができているその姿に憧れて。
いつか追いついてみせたくて。


たくさん悩んで。
たくさん迷っていくけれど。


もしも伸ばしたこの手が、誰かの背中を押すのなら。
もしも誰かの手が、同じように背中を押してくれるなら。


どんなにぶつかってしまっても。
どんなに時間がかかっても。
こうしてもがくことも。


きっと全部無駄じゃないと。
可笑しくないと。
そう胸を張れたなら。





もう一度立つことができるかもしれない。
この足を動かすこともできるかもしれない。





怖くないことなんてない。
不安にだってなる。
そんな中でも。


ちっぽけな勇気を。
小さな希望を。
見出すことができたなら。










それに賭けてみるのも、良いかもしれない。












15/07/20 00:20更新 / 秋霧

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c