いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
falling






はらり

はらり






おいでおいでと誘われて
最初で最後の旅をする





今までで一番空に近づいた
ねぇ、お日さまが眩しいね


今までで一番体が揺らめいた
ねぇ、目が回りそうだよ





自分で決められなかった道のり

遠くまで連れて行って




ゆらり

ゆらり




長いようであっというま

ひとりぼっちは寂しいね





ひらり

ひらり





遠くから見た故郷は、それはそれは綺麗でした
僕が居なくなっても変わらない美しさでした

少し千切れた僕の体は
悲しそうに赤く紅く散っていきました






もう終わり
もうお終い

さよなら、さよなら






お空を飛んだ淡い夢
あんなに近くにいた筈なのに、もうこんなにも遠い夢


涙も出ないほど乾いてしまった
もう戻れないんだと分かってしまった





頬に触れた冷たい温度
いつのまにかここまで寒くなったんだね


でも、どうしてなんだろう
なんだか懐かしい気がするな








あぁ、そうか




みんなここに居たんだね








そう思うと、ほんのりあったかくなったんだ

そう思うと、不思議と笑顔になれたんだ







微睡むほんの少し前
もう見えない空を想って


静かに目を閉じたその刹那
また来る明日を待っていた








ねぇ、僕、ここに居てもいいですか












15/10/20 01:14更新 / 秋霧

■作者メッセージ


はじめまして、ただいま



肌寒い、と多々感じるほどに冷えてきました。
これから冬に向かっていくんだなと思うと、
毎日夜に向かっていく時と似たような不思議な気持ちになります。


TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c