いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
conflict





遠い遠い彼方の水面に、僕の記憶が溶けていく

少しずつ、少しずつ、
ゆっくりと時間をかけて混ざっていく




苦しくて、怖い、蝕むような記憶
何色とも呼べないような、ぐちゃぐちゃな記憶

底へと沈んでいったそれは、もう掬い取る事が出来ない




楽しかった筈のことはあっさり消えていった
消えた事実にすら気づかないままに

そんなのは何とも思わなかったのに、
嫌だった思い出が霞む方が寂しいだなんて、とんだ皮肉だ




きっと、長く付き合い過ぎてしまったんだ
脳に身体にこびりついてしまっていたんだ




誰も知らない、僕ですらも知り得なくなってしまった記憶が、
形のない筈のそれが、
まるで僕を縫い付けるかの様に離さなくて、千切ることが出来なくて




靄がかかっているみたいだ




背を向ければいいのに、水面はずっとちらついている
遠い遠い彼方にある筈なのに、傍でずっと待っている様に

ぎこちなく振り返って、渇いた目で水面を見れば
そこにいた僕が歪んでいた




言いようのない想いを押し込んで

お前のせいだ
お前のせいだと




届かない影に手を伸ばして、いつか首を絞めてしまえば








16/04/24 09:40更新 / 秋霧

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c