いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
らしくない自分は自分じゃない
『アハハ〜おもしろーい』何言ってんだろ

『私達友達だねー』友達なわけない

こんなの自分じゃない 何でこんなの行ってしまうんだろ

自分らしくって一体なんだろう

じぶん・・・かぁ 自分ってなんだろ


探したらでてくるかな さがしてみたいな

『その願いかなえてあげようか?』

!?今のはなんだろう

『ここにいるよ・この扉の奥』あんな扉あったっけ?

カチャ

『こっちだよ、こっち』なんだろ・・・聞いたことのある声だ

聞こえてくる方に向かっている途中アイスが言った

『どうしたの?どうして走ってるの?』

明日がしゃべっている・・・けど不思議なことに

久々な感じだと思ってくる

こっちでは葉っぱと花が喧嘩してる 空には雲が寝ている

おかしなところだけどなんかすごく懐かしく感じる

いつか来たことがあるんじゃないかって思えてきた




やっと着いた

『お疲れさま、僕の事覚えてる?』だれなんだろう

『わかんないのも無理ないかな、喋れてるもんね』

ゆっくりと霧というか黒い幕というものがはれてきた

わかった、君は僕の・・・大好きな大好きな
















大切な大切な





















うさぎのぬいぐるみ

『よくわかったね、でももうさよならだよ

だって僕の体はもうないんだから』

どうしてか聞こうとしたがやめた

理由は分かっているんだ・・・僕のせいで















君はぬいぐるみになったのに

もうお別れなんだね

そうか、ここは君が死んでしまったときに

一度来たもんね

俺のせいで・・・『違うよ、これは運命もう僕は死ぬとこだった』

どうしてなのかはしっていた

『寿命、人形の寿命だからなかないで』

ありがとうといってさよならっていってまたねって言いたかったのに

またねしかいえなくてそれ以上言うと涙がこぼれてきそうで

その一言だけだけど、また来たときには歓迎するよって

心の中でいった

『もう消えてきた、バイバイだね、ううんまたねだよね』

っていって消えていった

さよなら僕の大切な僕


14/03/28 20:18更新 / 華麗

■作者メッセージ
皆様も不思議な体験しましたか?

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c