いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
ずっと一緒だよ
サア…と音をたてて雨が僕らを濡らして行く。


10階建てのマンションの屋上、それが今僕らのいるところ。
一応柵はあるものの、低くて簡単に乗り越えられてしまう。

だから僕は今、柵の外側にギリギリ立っている。
風が吹く度落ちてしまいそうだ。


どれくらいそこに立っていたのか。一時間くらいに感じたが、実際は10分もたっていないんだろう。

何故そんなところにいるか?
決まってるじゃないか。死にたいからさ。

だけど、死ぬのが怖いんだ。
でも、生きるのはもっと怖い。

いじめられてるとか虐待受けてるとか、そういう訳ではないんだよ。

この国が嫌いなんだ。

違う国に行けば解決する。
でも、残念ながら僕にはそんな金も知恵も機会もない。


これ以上この国で生きるのはまっぴらだ。
だから死のうと思った。

でもやっぱり、僕は意気地無しなんだ。
外国に行けないのもお金のせいにして。
なんとか言い訳をつくって。



この国も、この自分も、嫌になるよ。


だから死のう。

でも、一人は怖いから、寂しいから。
君と一緒にね?

不思議だね。
一人だとあんなに怖かったのに。
君が隣にいるだけで、恐怖が快感に変わる。

君の隣には僕がいる。
僕の隣には君がいる。

最高じゃないか。

なのに何故。
君はそんなに怯えた顔をしているんだい?
怯える必要なんて無いんだ。

さあ、行こう。ほら、足を踏み出して。
早く。…しょうがないな。手をひいてあげる。


強くなった雨の中、2つの影が宙を舞った。










嬉しいな。これで ずっと 一緒にいられるね?
14/08/28 10:29更新 / shin

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c