いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
読切小説
[TOP]
じじいの最後
俺の命ももうすぐで散ってしまう、病院のベッドで望んでもない生命維持装置のコードを体中に刺され、俺の周りには親族たちが囲んでいる

意識はあるのに視界はぼんやりと声はでない、ああ、これから死ぬのだと


友達百人できるかな、なんて昔のことだ


天国か地獄があるのなら、あいつらにまた会いてえな


15/09/29 17:45更新 / ggg

■作者メッセージ
死んだ後に意識がもしあるのなら、それは夢の延長線だと思う。

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c