いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ
嘆き川柳 お絵かき掲示板
連載小説
[TOP]
ゲーム0
北海道の中標津方面のアパートで1人の女性が遺体で発見された。
そのあとも続々と早朝に遺体が発見されるようになる。
外傷はなく、ショック死したようだった。
警察は不可解な事件と称し、0チームを創設し捜査に当たった。
が、なんの手がかりもなしに人がたびたび早朝死んでいく。
そのなぞと警察・・・そして人間関係を描いたパニックスリラー小説。

これまでの話
謎を解明すべく二人の若手警察官入江 千夏と瀬島 清は事件の謎を追っていた。
一方で瀬島の旧友である松坂薫が瀬島と会った次の日に死亡。
謎は一層深まっていた。
翌々日の通夜の後の店で瀬島は入江に松坂の部屋にあった謎の名前を告白する。
「玖子」と書かれた紙は普通では考えられない紙の燃え方をしていた。


登場人物
入江 千夏・・・26歳。 頭の回転が速く、何でもこなせるが少しいばっている。根はとてもいい人。 管理の美貌の持主。荒れていて、男あさりをしていたがあばずれと瀬島に言われてから更生し今に至る。

瀬島 清・・・24歳。 裏でいろんな情報をかき集めるのを得意とし、その超絶いい頭の良さで入江と連携して犯人をおってきた。過去に訳アリで時折暗い闇の一面を見せる。

松阪 薫・・・25歳。 入江の24番目の彼氏で一番長く付き合っていた。瀬島の先輩でもあり、一時期は瀬島に対抗心を抱かれたものの今では仲の良い友達。 2月の21日の午前六時、謎の死亡。

池田 真央・・・26歳。 一歳児の母でもあり、入江の大親友。 入江が荒れていた時期も献身的に彼女を支え今では入江にとっていなくてはならない存在。

菊池 壮介・・・32歳。 前の事件で瀬島と協力して犯人を捕まえた先輩でもあり同志。 瀬島の過去を少ししか知らないがその少し走っているので瀬島を弟のように愛し接している。

第一章 15/04/01 22:40
第二章 15/04/03 16:39
第二章 15/04/06 15:55
第三章  15/04/08 21:54
第三章 15/04/13 16:10
第四章 瀬島という男1 15/04/13 18:32
第四章 15/04/14 18:42
第五章 玖子 15/04/15 22:34

TOP | RSS | 感想

[携帯専用] まろやか投稿小説 Ver1.53c