いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ 主人の信心についてです| 【悩みを解決】-無料の相談掲示板
no suicide。悩み相談掲示板サイト。無料です。

悩み相談掲示板 > 主人の信心についてです
 

主人の信心についてです

日時: 2011/10/01 19:41 (ocn)
名前: ggg

はじめまして。
わたしは今年3月に結婚し、今結婚半年の新婚です。
主人の実家は創価学会と根源を同じとする日蓮正宗に家族揃って
入信しており、義父はインターネットで検索すると名前が出てくる
ほど熱心で上層部の幹部です。
もちろん主人の生まれたときから入信している2世で、
青年部の取り纏めのようなことをしています。

(学会員の方は全く違うとおっしゃるかと思いますが・・・
規模が異なるだけの、同じ本尊と活動・折伏をする法華講です)

主人とは5年近く付き合ったのちの結婚でしたが、信心のことを
知ったのは付き合って2年ほど経ったときのことでした。
信心のことを知ってから、そのことが原因で何度も話し合いになり
別れることも何度も決意しましたが、どうしても離れることが
できませんでした。
宗教のことがなければ本当に気が合う、大好きな人だったから
「なんでこんなことが原因で別れなきゃいけないの!」という
気持ちもありました。また、
妊娠・流産という経験を経て結婚という決意をしました。

一緒に暮らして、何が変わったわけではありません。
相変わらず主人のことが大好きですし、ずっと離れたくありません。

でも、以前からそうでしたが
日常生活の中でふと信心が顔を除かせると、
どうしても受け入れられない自分がいます。

主人の母親とメールすると、必ず最後は信心の話で締められます。
本山への登山(年に5〜6回)は一緒に行かなければなりません。
正月・お盆・彼岸など、行事のときはお寺に行かなければなりません。
そしてなにより、月前半の休日は必ずお寺へ行く主人を見送り、
夜遅くまで家で待つのがつらいです。

活動内容はどうあれ、先祖を敬うことや因果応報の原理に法り
心を清めるといった根本の部分では間違った教えではないと
思います。
わたしも素直に一緒に活動できれば幸せなのに、と思います。

でも、実際にお寺や本山へ行き見知った人から声をかけられ、
メールや連絡を頂いても、いつも笑顔で
「こんな素晴らしい信心に縁できて幸せね」と言い、
時には鬼のような顔になって
「折伏や唱題が足らないからあなたはだめなんだ!」
と仲間を説き伏せる信者の方たちが怖くてたまりません。

先日主人が仕事場のストレスで顔面麻痺になったとき、
信者の男性にお会いして第一声で
「本当に信じているのか。唱題と信じる気持ちに曇りがあるから
そんなわけのわからない病気になるんだ」
と言われました。
まずは心配の言葉をかけるのが普通でしょう。
正しい本尊を信じている自分達は清く、優しく、正しいと
思い込んでいるその感覚が恐ろしいと思いました。

わたしと2人でいるとき主人はそんな態度は取りませんが、
お寺では周りを叱咤激励して信心に励んでいるようです。
嘘っぽいなとも思い、そんな主人を見たくありません。

今は2人ですので、悩むのも自分ひとりの問題ですが
もし今後子供ができたら・・と思うとどうしたよいのか決心が
定まりません。
以前妊娠した際もやはり悩み、話合いをしましたが
大きくなって自己判断が出来るようになってから
子供の判断で入信するか決めさせたい、というわたしの意見に対し
「子供は絶対に入信させる」
の一点張りでした。なんで?と聞いても
「そのほうが幸せだから」
と答えます。
周囲の目があるからでしょう、と言ってしまいました。

その時にあまりにも泣いて、ストレスで子供をだめにしてしまったと
今でも負い目に感じています。
次妊娠するまでに、自分の気持ちを固めておかないと
同じことが起こるのではないかと不安です。


長文になり申し訳ありません。
デリケートな問題でなかなか相談できる方が周りにいないので、
少しでもアドバイスをもらえたら力になります。

同じような悩みを持たれる方が1人でも減ることを
祈っています

イエローページ

Page: 1 |

Re: 主人の信心についてです ( No.1 )
日時: 2011/10/01 22:17 (so-net)
名前: ABC

こんばんわ

似たようなことを経験し、今は、その当時の相手と別れた者としてレスできるか
と思いましたので、コメントします。

2世、3世の方というのは、ご両親、祖父母から「信教」というポリシーで育ち、
それに関係する人々に「祝福」され、その人々の中で成長してきたのです。
この経験がある人とない人が、完全に理解し合うことは無理です。

でも、普通に生活はできますよね。
なぜなら、上記で作られた「人格」は、普段控えめにしてます。
ただ、ひとたび、「困難」や「トラブル」などがおきた場合、その顔がでてきます。

ご主人と話しているとき、今、この人は一体、誰の言葉を言っているの?
自分の考え? それとも、植えつけられたセリフ?
そんな感じになったことはありませんか?
そのときは、その人格がでてきているだけのことです。

しかし、この人格を変えることはできません。
変えようとすると、自分の中で矛盾ができてしまい、ストレスになります。
そのため、この点に関しては諦めましょう。

その人格がでてきたようなら、話をストップし、さっきの話をしないことを前提に
手をつないで散歩に行ってはどうですか。
無言でいいのです。
そうすることで、ご主人が一番大事なことに気づけるようになると思います。

信者の方が言った言葉ですが。ようは
「良いことがあるのは信心のおかげ。悪いことがあるのは信心が足りないから」
この手の言葉は、誰かからいわれた言葉をそのままいっているのですから、
気にしなくていいですよ。

お子さんの件ですが。
悩みますよね・・・
ただ、この悩み。
早急に答えを出さずに保留にしませんか?

gggさんが、今望むものは、ご主人との時間ではないですか?
ご主人の立場、必要といわれている行事を一旦、かんがえず、ただ、一緒に
お出かけしたり、話をする時間。

それを増やすよう、ご主人と話をしてみたらどうですか?

   メンテ
Re: 主人の信心についてです ( No.2 )
日時: 2011/10/02 14:00 (eonet)
名前: いもむし

学会の人間は寺には行かないでしょう。
それじゃあ、違う宗教になってしまう。
創価学会は、寺とは無関係です。

自分は、宗教団体が嫌いです。
自分はですよ。
信者の方、これを見て怒らないでくださいね。

なのに、自分の家族は宗教家族です。
言い方が悪いですが、おえってなります。
全く理解できない。
何でもかんでも宗教に絡めるなって思います。
洗脳されてんのかって思うんです。
恐いってのも解りますよ。

で、結論ですが。
貴女が信者になるか、お別れするしか方法はないでしょうね。
信者は信者でしかないですから。
   メンテ
Re: 主人の信心についてです ( No.3 )
日時: 2011/10/02 14:10 (eonet)
名前: いもむし

因に、それは、にっけんしゅうというやつらしいです。
創価学会は寺には一切行きませんよ。

   メンテ
Re: 主人の信心についてです ( No.4 )
日時: 2011/10/02 14:12 (eonet)
名前: いもむし

なんか色々と勘違いしてましたwwww
すいません。
   メンテ
Re: 主人の信心についてです ( No.5 )
日時: 2011/10/02 14:23 (ocn)
名前: mike

私の母も祖父も創価学会で、元々創価学会も日蓮正宗の門下でしたから同じような感じでしょうね。私も自動的に信者になっていましたが、私は宗教が好きではないので脱会を申し出ました。

信者を増やすための折伏は学会はとても熱心にやっていましたし、創価学会の信者がこれだけ増えたのも折伏の結果でしょう。

宗教の全てを否定するつもりはありませんが、あまりにも形式的になりすぎていると思います。

信者としてはそれで幸せかもしれませんが、周りの関係ない人にとっては苦痛かもしれませんね。

旦那の信仰を理解したうえで結婚したのだから、それは仕方のないことだと思いますよ。いまさら旦那に信仰を止めさせることは難しいですしね。あなたが我慢するしかないでしょう。離婚までいかないことを祈ります。
   メンテ
宗教組織について ( No.6 )
日時: 2011/10/02 21:09 (ppp)
名前: どんがはちょ

法華講と一口にいってもいろいろ組織はありますが・・・
それはともかく、創価学会も立正佼成会も
日蓮正宗もしくは日蓮宗を名乗っていてもそれは看板だけ
宗祖、日蓮大聖人の教え、精神からは大きく逸脱しているのが現状です。
いわゆる、それが「宗教」なのですから
「宗」とは「衆」もしくは「集」に通じ、「大勢」「集団」という意味です。
信心とは本来、自分対信仰対象物(この場合は御本尊ですが)における境地の悟りを目指すもの
それは、大聖人自身が生涯一人で修行を積まれたことが何よりの証拠
もちろん、弟子も信者もいましたが、だからといって組織を結成した事はありません。
群れをなして反社会的行動をしたり、大勢で、よってたかって、個々の信心の優劣をなじったり
自分たちの理論を強引に押し付けたりするなんて事もしていません。
すべては現代に出現した宗教組織のなせる業です。
つまり、宗教組織というものは、その存在自体がすでに大聖人仏法から逸脱しているのです。

ご主人に限らず、こういった組織の信者は多かれ少なかれ「洗脳」状態です。
「こういう場合にはこうする」
「こう言われたらこう返す」
その他諸々の、活動する上でのマニュアルがシステマチックに伝承されていきます。
何十年も、ほぼ毎日、顔を見合わせれば同じ事を言い合っているのです。
だから、誰に聞いても、誰がしゃべっても同じ反応、同じ返事しか返ってきません。
そして、異論や異質なものに対しては異常な程に敵対します。
これは、組織内宗教活動においては、「己」「我」が無いに等しいと言ってよいでしょう。
自分の感性で物事を捉え、自分の頭で考え、自分の言葉で話す。という行動は著しく否定されます。
しかし、これはむしろ信者自身にとってもその方が楽であり、そうありたいのです。

例えば、万が一、奇跡的に「洗脳」が解けるような出来事があったとしましょう。
しかし、それを認識したとしても、ほとんどの信者はそこから離れられません。
なぜならば、それは、今までの何十年という自分の人生を否定する事になるからです。
「自分のやってきた事は間違っていた」別なところに「真実」があった。
などという事はとても受け入れられないでしょう。それはとても勇気のいる事ですからね
人生はリセットできません。なかった事にもできませんから
再スタートは何回でもできるのですけどね、
自分を否定したくないから、気がついても結局そこに居続けるのです。
その方が安心で楽だから・・・。

お話の内容から察しますと、貴女はある程度は承知の上で結婚してらっしゃる。
ならば、ご主人のそういった行動も、「そういうものだ」と受け入れるしかないのではないでしょうか
それこそ、信心について何かを指摘しようものなら逆上するでしょう。
日蓮正宗を標榜しながら、宗祖教えに反しているのだから、突っ込みどころは満載ですけどね。

「信仰心」そのものは、とても素晴らしい事なんですけどね
その方向が間違っていれば、本人だけではなく周りも不幸にしてしまう事は様々な事例が証明しています。
貴女がこれからどうされるのかはわかりませんが
貴女自身は、常識的な目線を失わずに、組織活動というものを客観的に見届けていて欲しいと願います。

   メンテ

Page: 1 |

※コミュニティに関するご意見等の投稿は、意図せず、第三者さんの批判や悪評に受け取れてしまうおそれもありますので、左の、[ ](匿名ご意見受付フォーム)へ送信していただくことが良いかもしれません。[ ]は非公開です。どんなことでもお気軽にどうぞ。 (匿名フォームである性質上、HNや連絡先等をいただきましてもご本人かどうかの確認は出来ず、返信はいたしません。) - ストレス発散大歓迎 -
このコミュニティの最優先事項は、あなたの安全です。あなたは、あなた自身とその行動、そして他のメンバーを安全にしておくことに責任があります。よく知らない人に個人情報(*メールアドレス、コミニュケーションツールIDを含め)を公表したり、要求することをしないで下さい。募集や勧誘(誘導)、宣伝・出会い系目的の方の利用はご遠慮下さい。[ 留意事項 ]
何かを主張したい人は「主張掲示板」でどうぞ
素朴な疑問や単発の質問は‥「教えて!キャットマン
この度、テーマを『生きること、そうでなければ、死ぬことについて』としまして、皆様の死生観や現実の生活における知恵など、自由な視点からの寄稿をお願い申し上げております。「死にたいあなたへ

カテゴリ 全般
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 youtubeの貼り方 up
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存    留意事項 留意事項
もはや自暴自棄になりかけてます。
2014年10月16日 ... 私も宗教について知識がなく名前も初めて聞いたんですが、私の両親がとても深刻に 悩んでいるのでネットで調べてみたところ、色々なことを知り少し .... と学会の信心に疑い を持ったことがありますし、今も疑いを持ちつつも活動はしています。



主人の信心についてです| 【悩みを解決】-無料の相談掲示板