いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ 虐待のトラウマ| 【悩みを解決】-無料の相談掲示板
no suicide。悩み相談掲示板サイト。無料です。

悩み相談掲示板 > 虐待のトラウマ
 

虐待のトラウマ

日時: 2011/12/22 17:50 (softbank126045201124.bbtec.net)
名前: くま

はじめまして。

私は幼い頃から父に虐待されていました。
ひどい家庭に生まれた父で、本人も虐待をされて
育ったそうです。

母はいつも見てみぬふりでした。
ある日ひどく殴られた後に私が部屋にこもっていると
母が保冷剤で頬にあてて入ってきました。

母はたった一発殴られただけなのに保冷剤。
泣きたいのは私なのに母は泣いていました。

「私、あなたの味方しようと思う。」

はじめて父の暴力の話に触れてこう言ってくれました。
すごく嬉しかった・・・

でも数日後は相変わらずの見てみぬふり。
母も父も信用することをやめました。

いつも母が先に泣くのでいつしか私は泣かない子になりました。


小学校高学年になり父の転職で、経済状況は悪化。

高1の春、母が不在の夜に酷い暴力を振るわれ母の帰宅と同時に
はだしで玄関を飛び出し警察に駆け込みました。

そのまま父は出ていき、母と離婚。
当時荒れていた私は高校を中退し実家を出ました。


父の過去を知って、母の痛みを知って
唯一無二の両親なのでやっぱり大切な存在で
数年かけて歩み寄った結果、今は普通の親子関係になれたと思います。

父とは1年に数回は食事に行くし、母とはよく出かけたりします。
でも私の心の傷を話すことは出来ず葛藤しています。

恋愛関係に発展する嫌悪感、男の人の怒鳴り声に過度に恐怖を感じるなど
トラウマが消えずに心療内科に通っています。


このまま告白されるたびに相手を嫌いになりながら
生きてくしかないのでしょうか?

「子供」でいれるはずの時期に甘える事も泣くことも
出来なかったため歪んでしまったのかな・・・


お金でしか自分の価値を見いだせません・・・淋しい・・・


普段、周りの人に弱音をはけないので
ここで愚痴ってしまいました・・・

もう21才・・・いつまでも両親のせいにする気も無いし
許して好きでいるつもりなのに
このもやもやは何だろう・・・

イエローページ

Page: 1 |

Re: 虐待のトラウマ ( No.1 )
日時: 2011/12/22 21:08 (dion)
名前: よしお

はじめまして。よしお と申します。

くまさんは本当にお辛い思いをされましたね・・・。正直、文章を拝読させていただいて、大変失礼ながら、くまさんが本当に痛々しい思いをされたのだというショックと、そうしたお辛い時期を乗り越えられてご両親のことを許されるお気持ちになられたくまさんのお心の強さにとても感銘を受けました!

・・・けれども今、その当時のことがフラッシュバックされて、その辛いお気持ちが行き場を失くしてもやもやした感じがするのですね・・・。

まず、くまさんが今感じられている気持ちを「隠し立てる」・「なかったことにする」・・・ということは決してなさらないでください。起こった事実は捻じ曲げようがありませんから・・・。くまさんのありのままに素直に「辛かった」・「苦しかった」ことを心療内科の先生やこうした匿名性を確保された場において、何でも遠慮なく存分に吐き出してしまってください。

「周囲に弱音を吐けない」というのも、くまさんが無意識のうちに「親しい人々に話しみても変に重たく受け止められてしまう・・・」と感じられているからだと思うのです。だからこその知らない間柄であることが前提の、思う存分言いたいことが言えるこうした吐き出し場所があるのだと思います。

本題に戻りますが、くまさんの幼少時における父親の暴力による虐待が全ての始まりなのですね・・・。父親自身、親より虐待を受けていろいろと辛い思いをしたのだとは思いますが、だからといってくまさんに虐待をしてよいことには決してなりません!・・・それは父親自身の「精神的弱さ」です。

そして母親はくまさんに同調はしてくれたけれども、実際場面においては何も助けてはくれず、見て見ぬふりをしてたとのこと・・・。たとえ父親と一緒になって虐待をしなかったとはいえ、ネグレクトに近い対応だったと思います。くまさんが信用を置けなくなってしまわれたのも無理はありません。

警察への駆け込み・両親の離婚・くまさんの高校中退・・・など、紆余曲折を経て、それでも数年後かけて両親に歩み寄られて、「形の上では」普通の親子関係になられたとのこと。くまさんのお心の強さ・憎むべき相手を許せるお優しさは本当に素晴らしいと思います!辛く苦しかった中、本当によく頑張られましたね!

ただ、それでもくまさんが受けた「心の傷」は傷として深く、今も癒えることなく残り続けているのだと思います・・・。それが両親を許したはずなのにもやもやしておられることにつながっているのではないでしょうか?

そうした傷を今後少しずつでも癒していくにあたっては、前述のようにくまさんの感じられた「正直な気持ち」をあるがまま・なすがまま・思いのままに吐き出してしまうことだと思います。そしてあせらずにゆっくりと前向きなお気持ちを取り戻されていって、くまさんなりに心の中で事実を受け止めて浄化していかれることで、形の上でばかりでなく、真の意味でご両親を「許される」お気持ちへと変わっていかれるのではないでしょうか?

くまさんさえよろしければ、なんでもお話を伺いますので、遠慮なくこの場においてぶちまけてしまってくださいね!
   メンテ
ありがとうございます ( No.2 )
日時: 2011/12/22 22:31 (softbank126045201124.bbtec.net)
名前: くま

よしおさんはじめまして
暖かいお言葉ありがとうございます。

父は精神的に強かったですよ。
ただ暴力を暴力とも思わない価値観で、交番に駆け込んだ夜
私に初めて暴力を振るったと後に言っています。

私からすれば、あの夜は殺されるんだと思いました。
逃げ出していなければきっと新聞にのっていたねって
母が冗談交じりに言っていました。

父に屈していると思われたくなくて、いつも殴られてる時
感情を殺して人形のような目で父を見ながら
早く終わらないかな〜と思っていました。

寝る時間を1分過ぎた、靴を並べて脱がなかった
そんな些細な事で私を殴りました。

父は、泣きもせず表情も作らず、事が済んだら
じゃあおやすみ、と去っていく私が気に食わなかったと思います。


あの夜は確か月曜日で11時からテレビであいのりがやってました。
交番に迎えに来た母は「ごめんね」と言って
実家の隣の祖母の家に帰りました。

家に着くと「あいのり間に合った!」と明るく言った私に
母は怒りました。

人の気持ちがわからない母に弱いところを見せたくもなかった。


私には二つ下に弟がいます。
この頃からほとんど会話もしなくなりました。

いつもいつも弟との連帯責任だと悪くない私が殴られ
容量の悪い弟のせいなのに、弟は私ほど暴力を受けることもなく
過ごしていたので嫌いでした。

そばによるなと言い続けた結果、今日まで会話はありません。


父を許せないことは、食器が割れる音や怒鳴り声
ふいに男の人の手が顔に近づいてきた時の過剰な恐怖感を
私に植えつけたことです。

母を許せないことは私を助けてくれなかったことだけです。

助けてくれなくても、ただ抱きしめてくれるだけで良かった・・・
その手をずっと待ってました。


父が出て行くまで私はいい子でした。でも言う事を聞くのは
私が殴られるからじゃなくて母が怒られて私の所に来て泣くから。

父が居なくなり、私を縛るものが無くなってからいい子でいるのを
やめて家に帰らなくなりました。
母は父のせいで私が悪い子になったと言いました。


昔から嫌なことは無かったことにするのが得意で高校を中退した
理由も中学の記憶も殆ど思い出せない時期がありました。


私が歩み寄ろうと思った理由は実家を出て、お金を稼ぐ大変さ
家事の大変さを知り、生きることって大変なんだと
一人で生きてる気になってた私は初めて気づいたからです。

そして、あんな両親でも絶縁状態で死んだら後悔すると
思ったからです。


長くなってしまった上に自分の事ばっかり書いてしまい
すみません・・・少しスッキリしました。

よしおさんはどうして見ず知らずの人に親身になれるのですか?
   メンテ
Re: 虐待のトラウマ ( No.3 )
日時: 2011/12/23 11:08 (dion)
名前: よしお

父親の「精神的な強さ」に関してですが(くまさんのお考えを決して否定するわけではありません。客観的見解として受け止めていただければと・・・)、愛する我が子に暴力をふるうなどは、「精神的強さ」とは言えません。ただ「気が強い」だけだと思います。本当に「精神的に強い」とは、たとえ父親自身がそれまでにおいて辛い思いをしてきたとしても、それを自分なりに努力して自分の中で解決し、周りに対してあたりちらして発散させないことだと思います。

自分より立場の弱い者に対して、暴力を暴力とも思わないふるまいは、やはり非難されて然りだと思います。どんなに本人に正当な理由があるにせよ、最低な行為に違いはありません!そうした父親のことをかばわれるくまさんの心の優しさはとても貴重ですが、やはりくまさんのお気持ちを真の意味で浄化させていくにあたっては、誠に勝手ながら、こうした厳しい観点からの見方も必要になってくると思います。

今となっては当時の事は「笑い話」のように話題に上るかもしれませんが、その当時、幼かったくまさんの体験は言葉などでは言い表せないほど辛く、苦しい体験だったと思います・・・。それはくまさんご自身にしか量り得ないことです・・・。父親や母親や自分のような外野が知った風に口にして良いことではありません!表面的には差し障りなく対応しているようではあっても、やはり深層においては根深いものがあるからこそ、漠然としたモヤモヤ感が拭い去れないのではないでしょうか?

・・・かといって、ようやく今現在、両親とのわだかまりが解けつつあるくまさんに対して、両親への嫌悪感情をけしかけるつもりでもありません。ただ、持って行き場を失くしたくまさんのモヤモヤ感の解消は必須です!

そのための一つの提案なのですが、くまさんの【お心の中にとどめる限りにおいて】、当時味わった辛く苦しい感情を、現在のくまさんがその当時の両親に対して思うところを包み隠さず・あますところなくぶつけられてしまってはいかがでしょうか?(もちろん思い返すことがお辛ければ、決して無理をなさる必要はありません・・・)

そしてひとしきり両親に対する感情を、くまさんの心の中において心ゆくまで発散させたところで、今度は今現在のくまさんが幼い当時のくまさんに対して、慰めや励ましなどの温かい言葉がけをしたり、頭をなでてあげたり、ギュッと抱きしめてあげてください。

辛く苦しいことに対して感情を殺して耐え抜いてこられた幼い当時のくまさんは、本来守られるべきはずの当時の両親からの仕打ちに対して、その時にできる最善策をもって対処なされてきたのだと思います・・・。そして本日まで、本当によくぞ頑張り抜いてこられましたね!今のくまさんはそうした経験を踏まえて、精神的に成熟され、ご自分なりの見識も養われて両親を許す・・・という大変素晴らしい決断に思い至られました。

それもひとえに幼い当時のくまさん自身が、限られた選択肢の中で必死になって「泣きもせず・表情も作らず」・・・と考えて決断し、辛く苦しい中で日々積み重ねられたからこその今現在であると思うのです・・・。ですので、幼い当時に必死になってがんばってこられた幼い当時のくまさんを精一杯、労ってあげてください。

弟さんのことも、くまさんだけが標的にされて「なぜ?」との想いも当然おありかと思います・・・。ただ、理不尽なのはあくまで父親の暴力的な仕打ちだと思います。弟さんに憎しみを抱いてみても、くまさんの心がどんどん苦しくなってしまわれるだけだと思います・・・。許してあげて・・・とは申せませんが、どこかで割り切って考えられた方が、くまさんの心もいくらか和らぐのでは?・・・とも思います。(こちらの勝手な見解で申し訳ありませんが、当時の辛い思いを全て弟さんにぶつけてみても、くまさんのモヤモヤ感は解消されないように思えますので・・・)

父の許せないこと・母の許せないこと・・・それぞれくまさんなりに明確に解釈されておられるようですので、それを基に前述したように決して無理をなさらずに時間をかけて、あくまでくまさんの【心の中において】、両親に対して思うところをぶつけられてみては・・・と思います。そして誰も助けてくれなかった分、今現在のくまさんが幼い当時のくまさんに対して抱きしめてあげたり、救いの手を差し伸べてあげられれば・・・と思います。

「いい子から悪い子へ」の変貌も、その当時のくまさんが心のバランスをとるために行われた対処法だったのだと思います。決してそのことをお責めにならず、必死に頑張って生き抜いてきたご自身を認めてあげてください。

「嫌なことは無かったことにする」のも、当時の言いようもないくまさんの辛く苦しい体験によって学んだ「生きる術」なのだと思います。そしてそのことをしっかりご自覚されておられますので、今現在において無理に変えられようとはせずに、じっくりと時間をかけて、真の意味でくまさんの心が浄化された時において向き合っていかれればいかがでしょうか?

そしてくまさんご自身が様々な経験により「生きていくことの大変さ」を感じられて、そのことをかけがえのない財産とされて、ひどい仕打ちをしてきた両親すらをも慮って、許すお気持ちになられたご自身に誇りを持ってください。

ここはくまさんの相談の場でもありますので、思いの丈を何でも遠慮せずに吐き出してしまってください。

自分は誰に対しても親身になれるわけではありません。くまさんの辛いお気持ちがこちらの心にも響きわたり、少しでも前向きなお気持ちを取り戻していただきたく、レスさせていただきました。自分なんかにできることはたかが知れてますが、せめてくまさんの応援させていただきたいと思います!
   メンテ

Page: 1 |

※コミュニティに関するご意見等の投稿は、意図せず、第三者さんの批判や悪評に受け取れてしまうおそれもありますので、左の、[ ](匿名ご意見受付フォーム)へ送信していただくことが良いかもしれません。[ ]は非公開です。どんなことでもお気軽にどうぞ。 (匿名フォームである性質上、HNや連絡先等をいただきましてもご本人かどうかの確認は出来ず、返信はいたしません。) - ストレス発散大歓迎 -
このコミュニティの最優先事項は、あなたの安全です。あなたは、あなた自身とその行動、そして他のメンバーを安全にしておくことに責任があります。よく知らない人に個人情報(*メールアドレス、コミニュケーションツールIDを含め)を公表したり、要求することをしないで下さい。募集や勧誘(誘導)、宣伝・出会い系目的の方の利用はご遠慮下さい。[ 留意事項 ]
何かを主張したい人は「主張掲示板」でどうぞ
素朴な疑問や単発の質問は‥「教えて!キャットマン
この度、テーマを『生きること、そうでなければ、死ぬことについて』としまして、皆様の死生観や現実の生活における知恵など、自由な視点からの寄稿をお願い申し上げております。「死にたいあなたへ

カテゴリ 全般
題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント 顔 顔 顔 顔 顔 顔 顔 赤 青 緑 太 小 大 消

注意 コメント内のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい
動画URL   貼り方 youtubeの貼り方 up
画像添付 JPEG/GIF/PNG 画像

   クッキー保存    留意事項 留意事項
虐待のトラウマとPTSD
虐待のトラウマとPTSD. 日時: 2015/10/13 19:35 (ocn); 名前: 華: 5人兄姉の末っ子 として生まれました。 両親は小3頃に離婚… 兄や姉は、非行などに明け暮れ家に居る ことがありませんでした。 母親も借金まみれで、看護師の仕事をしていました。 いつから か?...

虐待のトラウマ
虐待のトラウマ. 日時: 2011/12/22 17:50 (softbank126045201124.bbtec.net); 名前 : くま: はじめまして。 私は幼い頃から父に虐待されていました。 ひどい家庭に生まれた 父で、本人も虐待をされて育ったそうです。 母はいつも見てみぬふりでした。

虐待
悩み相談掲示板 > 虐待. 虐待. 日時: 2016/02/18 19:30 (plala); 名前: つと: 最近 ニュースで、 老人ホームでお年寄りを虐待とか保育園で子供を虐待とか、 胸糞悪い 反撃できないからって、子供に ... 虐待のトラウマとPTSD. 日時: 2015/10/13 19:35 ( ocn);?...

虐待?
虐待? 日時: 2016/03/02 15:01 (vectant); 名前: 玲◇nOOsUopNKWo: 久しぶりに スレを立てます。 >本題< 私の7歳下の妹の友人についてです。 ... 心理的な虐待なら痣 はできないです。そこまで深刻でなかった ... 虐待のトラウマとPTSD. 日時: 2015/10/13 ?...

父親からの性的虐待
父親からの性的虐待. 日時: 2015/04/24 01:59 (panda-world); 名前: a: 今はハタチを 過ぎた主婦です。 小学生の時に、実の父親から性的虐待を受けました。 父親は夜中に 必ずお酒を呑み帰って来ました。 それのトラウマからか、結婚した現在夫がお酒を呑ん ?...

過去のトラウマから抜け出したい
過去のトラウマから抜け出したい. 日時: 2016/03/13 00:53 (thn); 名前: ひなの: トラウマというのでしょうか、、 過去に親から虐待のようなものを受けていました。言葉や 暴力による虐待です。 私が小学4年生の頃に親のストレス発散という形で暴力を受け ました。

性的虐待か否か
2016年1月16日 ... 克服するって、何を克服するんでしょう。 トラウマとかになってる? フラッシュバックとか 来るなら、もちろんカウンセリングなど、きちんとした治療が必要です。 そうじゃなく、単に 悩んでるくらいなら、性的虐待だったって、無理に決めつけなくても?...

虐待の経験
虐待の経験. 日時: 2014/04/03 20:26 (spmode); 名前: えりこ: 私は、3歳頃から小2 まで虐待を受けてきました。 主に父親と祖父からでした。罵倒や ... トラウマをなくす訓練 をするにしても、近くに見守ってくれる人がいたほうが、安全かもしれないですね。 メンテ ?...



虐待のトラウマ| 【悩みを解決】-無料の相談掲示板