いっしょに生きよう - 死にたいあなたへ kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板
※2015年9月よりサーバーログ・IPを収集保存しております。連続荒らし書き込みなどの掲示板運営の妨げになるケースは、サイバーポリスや弁護士への連絡を行います。(by管理人)


このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
こころの悩み|悩み相談掲示板 > kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店

kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店

日時: 2020/12/25 11:37 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

私(wagon)が、色々なサイトや雑誌から厳選しました、昔話と雑学を交えながら御紹介したいと思う、私事のスレです。
*サイトや雑誌からの無断引用が主で構成しております。ので、御内密に…どうか、お願い致します。(^人^)
>皆様と違い3G携帯使用により、メモリ[GB]とアクセス数【頁数】を超えると此のサイトに接続が出来なくなり、無断で新スレに移ります。
なお、一文字の手打ちの為に誤字や脱字は御免下さい。m(__;)m

イエローページ

Page: 1 |

こんにちは。 ( No.1 )
日時: 2020/12/25 11:56 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

皆様に申し訳無く又、スレを造りました。

皆さんは、X'masイブは、家で又、家族内で楽しく過ごせた事と思います。
私は、相変わらずの一日でラジカセがあるのに起床してから、携帯radioを鳴らしたり、夕飯の買い出しに出掛けたり。
誰からもX'masプレゼントを頂く事はありません。

一台携帯radioがあれば十分なのですが、部屋や風呂場に携帯radioを鳴らしたく使用しています。
先週末でしょうか、通販で何となくアクセスしてたら、家電量販店には、人気が余りないのか、販売をしてない、私が気に入ってたコイズミの携帯radioを見つけました。
コイズミのホームページで定価で買えますが。
前回は、Panasonic RF-P55 [AM/FM /ワイドFM対応]1,620円(税込)を購入したばかりなのに、どうしても、KOIZUMI携帯ラジオ SAD-7226 1,408円(税込)が欲しくなりました。
寝る時に枕の近くに置いていたコイズミのradioは、風呂場に、テープでストラップを止めて、ぶら下げて使用しています。
テレビよりラジオ好きの私にとっては音声がキンキン!と高い音でなるメーカーです。
パナソニックのradioは、良いのは良いのですが、全体が薄く立てて使用出来なく、枕元にradioを寝かせてワイドFMでアンテナを伸ばしてAMを使用してました。
パナソニックよりコイズミは厚さがあり、立てて使用出来ます。比べるとスピーカーがと少し大きくAMでも聴きやすいのです。
パナソニックは、流石に一流ですが、FMは良いのですが、只、AMに関しては音がこもります。
それは製品自体が薄くスピーカーがコイズミより少し小さい。
入院していた時に、買ったばかりP社のradioを落として(。。;)泣きました。
火災でパナソニックのCDラジカセを無くしてしまい、実家に、コイズミのWカセは無事でしたが、電源コードを紛失してしまい、電池で使ってましたが、電池代が惜しくて。携帯radioを買ったのが始まりでした。

今日の朝に、ヨドバシComから届きました。
silverでデザインは全く変わってないのですが、単3電池の持ち旧製品より110→45時間に減ったのは残念です。
FMは、パナソニックより受信が全く弱く残念ですが、AMは断然聴きやすく購入して、今も聴きながらレスしています。
大変、満足して、自分自身のプレゼントです。
wagonのX'masイブから、今日のX'mas迄の時間でした。
昼からは、マスクして、防寒して、スーパーに出掛けてきます。
皆様も良いX'masになりますように…。

昔話は、明日、又、打ち込みますので、今日は、私事で(^人^)
此からも、乱発を御許し下さい。
   メンテ
X'mas終わってしまいました。 ( No.2 )
日時: 2020/12/26 00:54 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

*栃木県の幻のイチゴ「とちひめ」
栃木県のブランドイチゴとして有名な品種に「とちおとめ」がある。その「とちおとめ」よりも甘くて大粒ともされる「とちひめ」というイチゴが存在する。
とちひめ
「とちおとめ」は1996年に品種登録されたイチゴだが、その開発段階で「とちおとめ」よりも甘くて大きくて柔らかい、溶けるようにまろやかでジューシーな「とちひめ」という品種が誕生した。「とちひめ」は「とちおとめ」をも凌ぐほどのイチゴだったが、ある理由で全国的なヒットにはならなかった。
その理由とは、果肉が柔らか過ぎて地方への発送にあまり適していないことや、病気にやや弱いことなどの欠点があったためである。
全国的にはあまり知られていないが、「とちひめ」は「とちおとめ」と同じ両親(栃の峰×久留米49号)から誕生し、2001年に品種登録された。この「とちひめ」は栃木県限定で栽培されており、栃木県のイチゴ園でのみ食べられる「幻のイチゴ」とも言われている。また、一部では地方発送を行っているイチゴ園も確認できる。

>いちごがのった「プレミアムロールケーキ」
コンビニエンスストアの「ローソン」では「プレミアムロールケーキ」(税込150円)という人気商品が販売されている。
プレミアムロールケーキ
プレミアムロールケーキは、2009年(平成21年)9月に発売されて以来、シリーズ累計3億7000万個を販売している大人気のロングセラー商品である。そんなプレミアムロールケーキは毎月22日だけ限定で、ロールケーキの上に「いちご」がのっている。
いちごがのったプレミアムロールケーキ
これはカレンダーを見てみると、22日の上が決まって15日になるためである。15日は「いちごの日」であり、22日はいちごがのった「ショートケーキの日」と言われている。これに合わせてローソンでは、毎月22日を「プレミアムロールケーキにいちごがのっている日」としている。値段は税込150円のままで、プレミアムロールケーキに特別にいちごをのせて販売している。
さらに、11月22日は「いい夫婦の日」であり、この日には2人がけんかをしないようにいちごを半分ずつのせて販売している。ローソンのサイトでは「ハートが2つ」と表現されている。この「いい夫婦の日」限定のプレミアムロールケーキも値段はそのままで税込150円となっている。
いい夫婦の日 プレミアムロールケーキ
また、いちごは関係ないが、毎月6日は「ロールケーキの日」であり、ローソンではどーんっと厚み2倍のプレミアムロールケーキを販売している。商品名は「プレミアムロールケーキ×2」で、値段は税込255円となっている。厚さ2倍のため普通のプレミアムロールケーキを2個買うより45円お得である。この「プレミアムロールケーキ×2」は、2020年(令和2年)6月に発売され、毎月5日と6日の夕方頃からの販売となっている。
プレミアムロールケーキ×2
ただし、これらの限定商品は毎年の状況や店舗により、取り扱いや在庫がない場合、値段が変更されている場合もあるので注意が必要である。

*カーネル・サンダース像のポーズの秘密
ケンタッキーフライドチキン(KFC)の多くの店舗には、その店の前などに創業者のカーネル・サンダースの立像が置かれている。
そのカーネル立像には秘密が隠されている。その一つ目として、像がかけているメガネは度入りの本物である。そして、そのメガネの型は、メガネの産地として世界的にも有名な福井県の鯖江で作られた。
また、カーネル立像は両手を広げた不思議なポーズをしていて、これが二つ目の秘密である。このポーズには意味があり、チキンを入れる箱「バーレル」を持つためにこの手の形になっている。不自然にも思えるその手の形は、バーレルを手で包み込むように計算されたものだった。
元々はカーネル立像がKFCの象徴であるチキンの箱を持つことで、より多くの人に知ってもらうという宣伝が目的だった。しかし、そのチキンの箱は風で飛んだり、盗まれたりすることが度々あり、現在は安全性のためにどの店舗のカーネル立像もバーレルを外している。
クリスマスの時などにバーレルを持ったカーネル立像を見たことがある人もいるかもしれない。
このカーネル立像は日本にKFCが進出した1970年(昭和45年)から店舗に置かれており、全国的にも有名だが、2018年(平成30年)からはベンチに座ったカーネル像が設置されている。その設置店舗はまだ少ないが、これは子どもの目線で身近にふれあえるようにとの思いからである。
この座ったカーネル像は、一般公募で「おすわりカーネル」という愛称が付けられている。おすわりカーネルが設置されているのは、2020年(令和2年)6月時点で「東京ドームシティラクーア店」や埼玉の「ららぽーと新三郷店」、大阪の「ららぽーとEXPOCITY店」など16店舗となっている。
   メンテ
おはようございますです。 ( No.3 )
日時: 2020/12/27 00:08 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

*百物語
>タバコ入れの中のお守り
★香川県の民話★
 むかしむかし、ある山奥に、山仕事をしている人たちの小さな村がありました。
 この村の吾作(ごさく)は体が小さくてガリガリにやせているのに、大変な力持ちです。
 ほかの者たちが五、六人かかって運ぶ木も、吾作は一人で軽々と運んでしまいます。
 そして吾作は村一番の働き者で、山仕事がない日は大きなカゴを背負って山菜(さんさい)などをとっていました。
 ある日の事、今日は山仕事がないので、吾作はいつもの様に山菜をとりに行きました。
 すると急に辺りが暗くなって、夜の様に真っ暗になったのです。
「なんだ?」
 吾作が足を止めて空を見上げると、何と岩の様な大男が吾作の前に立っていました。
 力では誰にも負けない吾作は、その大男に言いました。
「そんなところに突っ立っては、じゃまだ。どいてくれ!」
 しかし吾作を見下ろす大男は、何も言わずに笑っています。
「何をしている!? じゃまだからどけと、言っとるんだ! どかねえなら、谷底へ転がしてやるぞ!」
 吾作は背負っていたカゴを置いて、すもうをとるかっこうをしました。
 すると大男が、ニヤリと笑って言いました。
「ほほう。ちびのくせに、わしとすもうをとるというのか。こいつはおもしろい」
 大男はズシンズシンと地響きを立ててしこをふむと吾作と組み合いましたが、なんと吾作にひょいとひねられて、ゴロンと転がされてしまったのです。
「ふん。ずうたいがでっけえだけで、なんの力もありはせん。さあ、どいた、どいた。いつまでもせまい道にひっくり返ってねえで、どいてくれ」
 すると大男はよほどくやしかったのか、もう一度吾作に勝負を挑みました。
「さっきのは、何かの間違いだ。今度はおいらが、お前をひねってくれるわ」
 しかし大男はまた、吾作に転がされてしまいました。
「なんと。こんなはずでは・・・」
 その時、大男の目玉がギロリと光りました。
「そうか、わかった! お前の腰にぶらさげたタバコ入れが気になって、さっきから力が入らねえんだ。今度は、それを外して勝負をしろ」
「ああ、いいだろう。何度やっても同じ事だ」
 吾作は腰からタバコ入れを外すと、道のわきに投げました。
 次の日の朝、山仕事に出かけた村人たちは、どこから転がってきたのか、山奥の道をふさいだ大岩の下じきになって押しつぶされている吾作を見つけました。
 吾作が道のわきに投げ出したタバコ入れの中を見ると、たくさんのお守りが入っていました。
 実は吾作、今までお守りの力で力持ちだったのです。
 しかしお守りを手放したばかりに、吾作は死んでしまったのです。
おしまい。


*小話
>くじらの絵
 絵描きがくじらの絵を書いていると、女の子が家から持ってきた紙を取り出して言いました。
「おじさん。あたいにも、くじらの絵を
書いておくれ」
 すると絵描きは、女の子を追い返そうと思って言いました。
「あのね、くじらはとっても大きな魚だから、そんな小さな紙には書けないよ」
すると女の子が、言いました。
「そんなら、百匁(ひゃくもんめ→約七百七十グラム)ほどでいいから、書いておくれよ」
♪ちゃんちゃん
(おしまい)

小学生や、中学生は、やっと冬休みに入りました。
外出自粛で夏休みが少なくなった分、待っていた冬休みと思います。
昨日は、全国でコロナ感染者が、今迄にない数になりました(*_*)
大阪や北海道が、なんとか皆さんの自粛や時短で山を乗り越えつつあるのに、東京都は、逆に増えています。
もう少しだけ早く東京都自体の何か都民に伝わる感染予防的な言葉が欲しかったと感じました。
九州の福岡県は他県からは、東京都みたいに見られてると思います。
感染者が段々と増えています。
此の事から、本当に、大阪や北海道は頑張ってるな!と思います(>_<)
しかし、帰省を個人が自粛し、両親の田舎に帰れない分、子供達は、お爺さんやお婆さんから、御年玉が減ると心配してるでしょう。
しかし、携帯で電子マネーで送って貰うかも知れません。
ポチ袋を貰って「幾ら貰ったかな?」
なんて袋を開ける楽しみがあったのに…。
手渡し、おめでとう(*^▽^)/★*☆♪
と言いながら。
電子マネーも、1つの手ですが、日本だけの風習は無くしたくないものです。
帰省や旅行が自粛指示されてる中、個人が考えていかねばなりません。
来年こそ、せめて良い年になる事を節に願います。

   メンテ
おはようございます。 ( No.4 )
日時: 2020/12/28 00:18 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

長兄から、中古で頂いたBlu-raydeckに溜め込んだ録画の番組を、今は一切観なく、相変わらずradioに嵌まり、掃除等をしてるwagonです。
譲って貰った頃は、確かに中古でも嬉しく、憧れのP社の初期、DMR-BR585型番ですが、Amazonで接続する、DIMコードを色々な種類の中から、悩み、注文して、一時は、録画をしてテレビに、夢中になりました。が‥やはり私は、テレビには飽きましたわ。

先月に、ホームセンターで、早目にと、来年のカレンダーを自費で買った処、12月に入り、カレンダーを無料で沢山貰いました。
捨てるにも勿体ないと、色々と場所に、カレンダーを吊るしたり、掛けたりしていますが、流石に残りの、カレンダーを、もう掛ける場所がありません。
なんで、先月にカレンダー買ってしまったのかと…。
今日は、書き込む、一日の話のネタがありませぬ。f^_^;

*世界の昔話
>宝を迎える村人たち
☆ジャータカ物語☆
 むかしむかし、ある村に、一人の貧乏な男がいました。
 みんなは貧乏な男をきらって、男がたずねて行っても家の中へは入れずに追い返すのでした。
「こんな意地の悪い人たちのいる所から離れて、どこかよそで仕事をしよう」
 そう考えた男は、遠い国へ行って商売を始めました。
 そして男はがんばり、何年かたつと大金持ちになりました。
 ある日、大金持ちになった男が久しぶりに自分の村へ帰る事になったのですが、この男のうわさを聞いた人々は男のためにごちそうの用意をして、途中まで男を出迎えに行ったのです。
 貧乏だった以前とは、大違いです。
「貧乏だと家にも入れず、金があるとごちそうを用意して出迎える。
 まったく、なんて心のみにくい奴らだ。
 ・・・よし、少しからかってやろう」
 そこで男はわざとボロボロの服を着て、行列の先頭を歩いていきました。
 村人たちは男が大金持ちになったと聞いているので、そんなボロ服を着ているとは夢にも思いません。
 だから出迎えた人たちは、誰も男に気がつかないのです。
 行列は来るのですが、なかなか金持ちの男が見つからないので、村人の一人が先頭の男にたずねました。
「もしもし、あなたのご主人さまは、どこにいらっしゃるのですか?」
 すると男は、とぼけた顔で、
「ああ、ご主人でしたら、一番後ろにいらっしゃるはずです」
と、答えると、さっさと歩いて行きました。
 村人たちは一番後ろの人が来るのを待っていましたが、どう見ても一番後ろの人は、お金持ちの男ではありません。
 そこで村人たちは、またたずねました。
「あの、ご主人さまは、どなたですか?」
「ああ、ご主人ならボロボロの服を着て、行列の一番前にいますよ」
「なんと、あの男がそうだったのか」
 村人たちは急いで走っていって、ようやく男に追いつきました。
 そして男に、文句を言いました。
「お前さん、よくもわたしたちをだましたね。こうしてみんながわざわざ出迎えにきてやったのに、なぜそんな事をする
のだ!」
 すると男は、こう答えました。
「あなた方が出迎えたのは、一体何です
か?
 少なくとも以前にこの村にいた、わたしという人間ではないでしょう。
 あなた方が出迎えた物は、わたしが持って来たお金や宝物ではないのです
か?
 それなら、一番後ろから来るラクダに
つんでいますよ」
「・・・・・・」
 それを聞いた村人たちは確かにその通りだったので、恥ずかしくて何も言えま
せんでした。
おしまい。


*イソップ童話
>一緒に旅をするロバとイヌ
 ロバとイヌが、一緒に旅をしていまし
た。
 途中で、封(ふう)をした手紙が道に落
ちているのを見つけました。
 ロバはその手紙を拾って封を切り、広げてイヌに聞こえる様に大きな声で読み上げました。
 手紙には、マグサの事、ムギの事、ワラの事が書いてありました。
 イヌは聞いていても、つまらなくてたまりません。
「少し飛ばして、先の方を読んでくれよ。もしかすると、肉や骨の事が書いてあるかもしれないから」
 ロバはお終いまで全部読みましたが、イヌの好きな物の事は、ちっとも出てきません。
 イヌはくやしがって、言いました。
「そんな紙きれ、捨てちまえよ。くだらないったら、ありゃしない」
 このお話しは、非常に価値のある話しでも、興味のない人には全く価値がないと言う事を教えています。
おしまい。
   メンテ
失敗だった… ( No.5 )
日時: 2020/12/28 08:51 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

本当に此の国は素晴らしい国だと思うよ。
自×党の元大臣が30人以上の懇親会をコロナ渦で行い、泥酔して転げて救急車を呼んで入院だよ(−_−メ)
国民に自粛しろ!と、ほざいておいて、金集めか?忘年会か知らないが!
年寄りの癖と言わないが、コロナ感染に掛かりやすいのに。
東京都都民の人達は、コロナを、どの様に思っているのか?感染は、自分は掛からないと思っているのか?段々じゃなく爆発的に感染してるのに!毎日、東京の感染ニュースばかりじゃないか。
北海道、沖縄担当大臣だよ!
菅は、まだ、外出自粛ばかりで後々の事を考えているのか?!
緊急自粛宣言を出す機会が、貴方の言葉で伝わらないから、出さなくてはならなくなるよ!
自分達だけ、大騒ぎして国民には何でも自粛かよ!
月曜から嫌なニュースばかり観た(O_O)
東京の若者は、マスクもしないでナンパ…
東京のコロナ渦の毎日の人手に唖然。
ひっばくしてる看護師や医師の事を一切、考えない東京都民。
自分は掛からない!自粛疲れで外に出てきた…。
大阪や北海道の感染者の動きを都民見れよ。
高止まりだが、段々減ってきてる。
大阪や北海道も、同じ様に自粛守らない人も居るが、守ってる人もいる。
特に北海道は緊急状態みたいに守ってる道民は。
大阪から液漏れして兵庫等、感染を拡げていると専門家は言ってるが?
昨日、自×党の53歳の参議院議員が感染死?と言われてるが?
今から、死因を調べるらしいが、もしかした、PCR検査前に亡くなった?とか。
ハッキリしないが、受けられないれかったとか、ニュースで…。
それほど、東京都は怖いと道民思わないの?
教えてよo(><)o

*百物語
>目玉だらけ
★東京都の民話 ★
 むかしむかし、江戸のある町に、多吉(たきち)と言う名の若いたたみ職人がい
ました。
 多吉は大変な働き者で、朝早くから夜遅くまで、たたみ職人の親方のところで一所懸命に働きました。
 ある日の事、多吉は親方のところでお酒をふるまわれて、ほろ酔い気分で長屋(ながや→今で言う、アパート)へと帰って行きました。
♪春じゃ、春
♪月もおぼろの
♪なんとやら
 多吉が機嫌良く歌を歌いながら町はずれの橋にやって来ると、橋のたもとのやなぎの木の下に、子どもを抱いた女の人がじっと川を見つめて立っていました。
(おおっ、こいつはいい女じゃ。
 しかしこんな時間に、こんな所で何をしているんだ?
 ・・・おい、まさか、身投げをしようというんではあるまいな)
 すると多吉に気づいた女の人が、多吉に声をかけてきました。
「あの、すみません。
 ちょっと、お手を貸していただけませんか?
 子どものたびが脱げそうなので、なおしていただきたいのです」
 女の人は顔も美しければ声も美しく、多吉は思わず顔を赤くして言いました。
「それぐらい、おやすいご用です。ほほう、可愛いお子さんだ」
 子どもの顔はお酒を飲んだ様にまっ赤で、目が細くつり上がって、みけんに三本の縦じわがあります。
 正直に言うと、可愛いどころか醜い子どもですが、多吉はおせじを言って子どものたびをなおそうとしました。
「どれ坊や、じっとしていなよ」
 多吉が子どもの着物のすそをまくりあげると、なんと子どもの足は毛むくじゃらで、毛の中にカエルのタマゴみたいな小さな目玉が、うじゃうじゃとあったのです。
 そしてその目玉が、いっせいに多吉の事をにらみました。
「うぎゃー! でたぁー!」
 びっくりした多吉は、わき目もふらずに逃げ出しました。
 橋を渡って団子屋のかどを曲がり、地蔵さんの前を走り抜けてお寺の前まで来ると、ちょうど知り合いの和尚(おしょう)さんが立っていました。
 多吉は和尚さんに、さっきの出来事を話しました。
「和尚さん、実は今、あそこの橋のたもとのやなぎの木の下で、目玉ばかりの化け物に出会ったのです」
 多吉の話しを聞いた和尚さんは、カラカラと笑いながら、
「それは、大変じゃったな。して、その化け物は、こんな化け物ではなかったですかな?」
と、いきなり、衣のすそをまくりあげました。
 見ると和尚さんの毛むくじゃらの足とお尻は、小さな目玉でいっぱいでした。
 その小さな目玉たちが、多吉の顔を見てニヤリと笑いました。
「うーん!」
 多吉はうなり声をあげると、そのまま後ろに引っくり返って気絶してしまいました。
おしまい。
   メンテ
寝汗で目覚めました。おはようございます。 ( No.6 )
日時: 2020/12/29 03:30 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

皆さんは、正月の用意をしましたか?
我が団地も自治委員が団地の玄関口に、大きなしめ飾りを掛けました。
隣の方も、しめ飾りを掛けています。
昔は、我が家も両親が健在の頃は、しめ飾りを玄関口に掛けて、今の家に、引っ越す前の、長屋には門松があったのを、幼い記憶の中にあります。
父が他界してからは、しめ飾りを掛けなくなりました。
正月は、色々な家で、日の丸を掲げていましたが、今は余り見掛けなくなりました。
来年も、我が家は、いつもの平日の様に正月を迎える事でしょう。
昨日の月曜は、年末迄のインスタント商品や牛乳、ペットボトル珈琲、菓子パンと仏壇に供える菓子一袋買っただけです。
今は、コンビニも開いている事だし、必要な物以外は買いだめをしません。
私の履いているスニーカーに穴が開きました。
一年良く、長く、もてたと思います。
靴箱に予備にしていた、新しいスニーカーを用意しました。
三十日からは、冷気が強くなり、来月1日迄、天気が悪くなり、雪が降ると九州北部は予報されました。
全国的に、特に三十日は、雪が降り荒れる様です。
全国的に荒れるようです。
不用な外出は、防ぎたいですが、年末だから買い物は必要ですね。
互いに、コロナ、交通事故に気をつけて。
今年は、いよいよ後三日です‥


*百物語
>テングにさらわれた子ども
☆東京都の民話☆
 むかしむかし、ある殿さまの家来(けらい)に、小島伝八(こじまでんぱち)という侍(さむらい)がいました。
 伝八には惣九郎(そうくろう)という一人息子がいて、まるで宝物の様に大事にしています。
 その惣九郎が十一歳になった春、突然姿を消したのです。
 伝八と奥さんは八方手をつくして探し回ったのですが、ひと月たっても何の手がかりもなく、とうとう伝八夫婦は寝込んでしまいました。
 そんなある日、近くの町に住む古着屋の主人がやって来ました。
 むかし、伝八が面倒を見てやった男です。
「うわさを聞いてもしやと思い、駆けつけてきました」
「もしやとは?」
 伝八がたずねると、古着屋は話を続けました。
「はい、五日ほど前の明け方頃です。
 いつもより早めに起きて店の戸を開けていたら、十歳ぐらいの男の子を連れた山伏(やまぶし)姿の男が立っていて、『子どものわらぞうりを売っている店はないか?』と、たずねました。
 そこでわたしが、『少し行ったところにわらじを売る店があるけど、まだ起きてはいないでしょう』と言うと、その男は黙って立ち去りました。
 その男の子の身なりが、小島さまのお子さんに良く似ていたと不思議に思っているところへ、小島さまのお子さんが行方不明と聞いたのです」
 古着屋の主人は、男の子の着ていた服装をくわしく話しました。
「間違いない! それは、わしのせがれだ!」
 その声を聞いて、奥さんもやって来ました。
「しかし、山伏姿の男とは何者だろう?」
「さあ、もしかすると、テングかもしれません。テングは人前に現れる時、山伏姿に身を変えるといいます」
「テングか。テングなら、せがれが突然姿を消したのも納得がいく。しかしテング相手に、どうすれば良いのだ?」
「相手がテングでしたら、妙法寺(みょうほうじ)の上人(しょうにん→徳の高いお坊さん)さまにお願いすれば、何とかなると思います。上人さまの法力(ほうりき)は、大したものだと聞いています」
 そこで伝八は、さっそく妙法寺へ出かけて、上人に頼みました。
「テングから、息子を取り戻して欲しい!」
 次の日、伝八が屋敷の庭にゴマだんを作って上人が来るのを待っていると、上人は二十人ばかりの坊さんを引き連れて来ました。
 さっそくゴマがたかれ(→ゴマ木という木片をもやして、ほとけに祈る事)、上人と坊さんたちが一心に祈祷(きとう→神仏に祈ること)を始めました。
 祈祷は毎日続けられ、ついに七日目の事、ゴマの火が一段と高く燃え上がって、雲一つない空に黒い影がポッカリと浮かんだのです。
「何だ? 鳥か?」
 伝八夫婦が空を見上げていると、黒い影はだんだんと大きくなり、まるでワシの様に飛んで庭におりたちました。
「テング!」
 そこには背中に翼をつけたワシのくちばしみたいに鼻のとがったテングが、惣九郎をかかえて立っていたのです。
 テングはだまって男の子を下へおろすと、そのまま飛び上がって空のかなたへ消えてしまいました。
「惣九郎!」
 伝八は惣九郎に駆け寄ると、力いっぱい抱きしめました。
「ありがとうございました」
 奥さんが涙を流しながら、上人や坊さんたちに手を合わせました。
 
 この事があってから、妙法寺の上人の評判はますますあがりました。
 しかしどうしたわけか、この時から惣九郎は魂が抜けた様にぼんやりして、何をたずねても首を横に振るばかりです。
 町の人たちは、そんな惣九郎を見るたびに、
「テングとは、恐ろしいものだ。人の魂までも、抜き取ってしまうらしい」
と、ますますテングを恐れたという事です。
おしまい。
   メンテ
おはようございます。寒い大晦日に。 ( No.7 )
日時: 2020/12/31 05:39 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

やはり、寒波が、北九州含む九州北部は雪が積もってる。
五センチでしょうか?道路に積もり凍結しています。
暴風雪警報は解除なりましたが、室温は七度しかなく鼻水が止まりません。
10時になりましたら、近くの薬局に風邪薬を購入しようと考えております。公園の木に銀杏の黄色の葉が残ってましたが、全て散りました。
電子カーペット、エアコンと最高温度にしていて。
此の中に、セブンイレブンに牛乳を買いに行き、年末最後の塵を指定の場所に捨てて全ての物は捨てましたが…。
松村邦洋さんが、コロナに掛かり、軽症ですが自宅にて自粛されてるとradioNEWSに流れました。
私みたいに独身ですが、基礎疾患があるのが気にしてます。
彼は、九州、福岡でradioに毎週(木)にある番組にコーナーに出演されていて病症が心配です。

昨日も、コロナ感染者が、今迄なく最高になりました(*_*)
私は、今日は、布団を敷いて一日居る事でしょう。
大掃除は終わらないまま…。
布団に、くるまれば何とか暖かく、年を越せそうです。
おせち、数の子無しの私ですが、一昨日と昨日は、長兄が弁当と、惣菜、日本海と缶酎ハイを買って、わざわざ自宅に持って来てくれました。くれました。
昨日は、私が、まだ酒を飲んでないので断り、肴か弁当を一つを、お願いしました。
手巻き寿司と焼鳥をスーパーで買ってくれて。
手巻き寿司は、頂きましたが、昨日、焼鳥は一回、冷凍をして今、冷蔵庫に解凍する為に移しました。
此れが、今日の晩飯になります。
朝飯とか昼飯は、インスタント食品で済まします。
いつもと一切、変わりなく。
大晦日は、全く変わりません。
コロナがあったから余計、そう感じるのでしょうね。
特に、早く過ぎようとしてる今年でした。
私は、此の様な一年でしたが、コロナでテレビが、そればかりで観たい放送は無かったから、携帯radioを買い直したり、増やしたりとして、楽しくラジオ放送の、お陰で過ごせました。
今年こそ、本当にラジオが、入院から、好きなんだと感じた一年であります。
MCの軽快な声に救われました。
2020年、大晦日。
皆様が無事に過ごせますように(^人^)

良い、お年を御迎え下さい。
一年間、私の事や、色々世間ありましたが、来年も、良ければ、宜しく御願い致します。
有難う御座いましたm(__)m

今年、最後の昔話となります。
*日本の昔話
>あぶらあげ
★東京都の民話★
むかし江戸に、おいしいと評判のあぶらあげ屋がありました。
 ある日、このあぶらあげ屋に、身なりのいいキツネ目のさむらいが現れて主人にたのみました。
「百文(→三千円)ほど、いただきたい」
「はい、ありがとうございます」
 主人が百文分のあぶらあげをお皿にのせて差し出すと、さむらいは店先に腰をかけてペロリとたいらげました。
「うん、これは評判通りだ」
 それから何日かすると、あのさむらいがまたやってきて、前と同じように百文分のあぶらあげをペロリとたいらげました。
「うまい。わたしは日本中のあぶらあげをたべているが、ここのあぶらあげこそ天下一品。なかまにもしらせよう」
 それを聞くと、主人はおかみさんに言いました。
「おい、今のを聞いたか? あのお方は、いなりさんの使いのキツネにちがいないぞ。大事にすれば、わが家はますますさかえる」
 それから何日かすると、またあのさむらいがやってきて、百文分のあぶらあげをペロリとたいらげました。
 けれどためいきをついたりして、これまでとは様子がちがいます。
「お客さま。何か、心配事でもあるのですか?」
 主人がたずねると、さむらいは恥ずかしそうにいいました。
「実は、急に京へのぼらねばならなくなったのだが、旅費(りょひ)がたらんのだ」
「そうでございましたか。あの、お客さまは、大のお得意さまですので、旅費でしたら、わたしどもにおまかせください。で、いかほど、ご入り用なのです?」
「十五両(→百万円ほど)もあればよい」
(高いなあ。・・・だが、わが家がはんえいするのなら、安いものだ)
 主人は喜んで、十五両のお金をわたしました。
お金を受け取ったさむらいは、
「五日たてばもどる。それまで、これをあずけておく」
と、キツネの宝物の『宝珠の玉(ほうしゅのたま)』でも入っていそうな包みを差し出して、そのまま立ち去っていきました。
「おい、今のを聞いたか? 五日で京へ行って戻るとは、やはり人間わざではない。きっと、いなり神社の大もとの『伏見(ふしみ)いなり』へ行かれたのだろう」
「そうでしょうとも。これで、ごりやくは間違いありませんね」
 主人もおかみさんも、すっかりその気になりました。
 ところがさむらいは十日たっても、百日たっても帰ってはきません。
「これはおかしい。どうも変だぞ」
 主人が預かっていたつつみをあけたところ、ただの石ころがゴロンと出てきたそうです。
おしまい。
   メンテ
Re: kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店 ( No.8 )
日時: 2020/12/31 10:50 (spmode)
名前: あのぉ

相変わらずのロム専でしたがwagonさんのスレは日々読んでおりますよ。
投稿は御自身のペースでね、今年も御世話になりました。

来年も宜しくお願いします。
有り難う御座いました(^-^)
   メンテ
寒い((+_+))元旦の朝です。 ( No.9 )
日時: 2021/01/01 07:09 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

スレ観て頂いている皆様、あけましておもでとうございます。
いよいよ、新型コロナが仮に収まると東京オリンビック2020が夏場以降に行われる2021年になりました。
何とか開催される年になる様に感染者が減ればと思います。
皆さんは、紅白?ダウンタウンの、どちらの番組をご覧になりましたか。
私は、ダンウタウンの番組を観ましたが、途中で、行く年、来る年を何年にぶりにチャンネルを変えました。
余りおも面白なく昨年の番組でした。
色々、家庭にありまして、年の移る瞬間を観たくてチャンネルを変えました。
零時に仏壇の生、電子蝋燭、生線香、電子線香を灯し、昨年度の仏壇に飾っていたテーブルスタンドや昨年度の品を入れ換えた歯大です。
遺影にも仏壇にも、両方に手を合わせて、今年こそ良い年と兄の復調を祈りました。
寝れなく、睡眠薬を二日分を服用し、やっと眠れました。
電子線香や蝋燭は、正月が済む迄、昼夜灯し、両親を遠くの処から見てくれてたら…と思います。
さて、今年の昔話も宜しく願います。
今日は、元旦にすさわしい全ての昔話を全て打ち込みましたので楽しまれてくれたら嬉しいですね。


*元旦の日本民話
>仕事の取替えっこ
☆和歌山県の民話☆
 むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 おじいさんは毎日、山へしばかりに、おばあさんは毎日、川へ洗濯に行くのですが、ある日の事、おじいさんがおばあさんに言いました。
「なんじゃい、この薄汚れたふんどしは。もっとしっかり、洗濯をせんか!」
 すると、かまどでご飯をたいていたおばあさんも、負けじと言いました。
「それを言うなら、なんですか、このしめったしばは? もっと乾いたしばを取ってこないと、ご飯がたけないじゃありませんか」
「なんだと! 文句を言うなら、ばあさんがしばを取ってくればいいんだ!」
「では、おじいさんが洗濯をしてください!」
 そこで二人は、仕事を取替えっこする事にしたのです。
 次の日、おじいさんは洗濯物を持って川に行きましたが、川の水はとても冷たくて洗濯どころではありません。
「ばあさんのやつ、こんなに冷たい水で洗濯をしていたのか。これでは手がかじかんで、うまく洗濯できんのは当たり前だ」
 一方、山へしばかりに行ったおばあさんですが、しばはそう簡単には見つかりません。
 たまに見つかっても、しめった小さな物ばかりです。
 それに山道を歩いてきたので、もう足がくたくたでした。
「おじいさんは、こんな山道をいつも歩いていたんですね。それにあるのは、しめったしばばかり」
 こうして、おじいさんはうまく洗濯が出来ず、おばあさんはうまくしばかりが出来ないまま、家に帰って行ったのです。
 その帰り道、ばったり出会った二人は同時に言いました。
「ばあさん、すまない。洗濯ができなかった」
「おじいさん、すみません。しばかりができませんでした」
「・・・わはははははは」
「・・・うふふふふふふ」
 それから二人は、大笑いです。
 こうして次の日からは今まで通りに、おじいさんがしばかりに、おばあさんが洗濯に行く事になったのです。
おしまい。


*元旦の百物語
>「りっきぃの夜話」
 むかしむかし、ある村で、お葬式がありました。
 昼間に大勢集まった、おとむらいの人たちも夕方には少なくなって、七、八人の若者が残っただけになりました。
「せっかく集まったんだ。寺のお堂を借りて、『百物語(ひゃくものがたり)』をやってみねえか?」
 一人が言い出すと、
「いや、おとむらいの後で『百物語』をすると、本当のお化けが出るって言うぞ。やめておこう」
と、一人が尻込みしました。
 この『百物語』と言うのは、夜遅くにみんなで集まって百本のローソクに火をつけ、お化けの話しをする事です。
 話しが終わるたびに、ひとつ、またひとつと、ローソクの火を消していき、最後のローソクが消えると本当のお化けが出るという事ですが、若者たちは、まだ試した事がありません。
「ははーん、意気地無しめ。本当にお化けが出るかどうか、やってみなくちゃわかるまい」
「そうだ、そうだ」
「・・・そうだな。よし、やってみるか」
と、いう事になり、若者たちは寺のお堂で『百物語』を始めました。
「これは、じいさんから聞いた話だが・・・」
「隣村の、おかよが死んだ日にな・・・」
と、みんなで代わる代わる、お化けの話しをしていって、ローソクの火をひとつひとつ消していきます。
 夜もしだいにふけて、ローソクの火も、とうとうあとひとつになりました。
 始めのうちこそ面白半分でいた若者たちも、しだいに怖くなってきました。
「いいか、この最後のローソクが消えたら、本当のお化けが出るかもしれん。だが、どんなお化けが出ようと、お互いに逃げっこなしにしよう」
「いいとも。どんなお化けが出るか、この目で、しっかり見てやろう」
 若者たちは口々に言いましたが、『百物語』の百番目の話しが終わって最後のローソクの火が消されると、まっ暗なお堂から、ひとり逃げ、ふたり逃げして、残ったのは、たったひとりでした。
「ふん。だらしねえ奴らだ。・・・それにしても、はやく出ねえのか、お化けの奴は」
 残った若者が度胸をすえて、暗闇のお堂に座っていると、
♪ヒュー、ドロドロドロドロー。
 目の前に、白い着物の幽霊が現れたのです。
「う、・・・うらめしやー」
「ひぇーーっ!!」
 若者は思わず逃げ出しそうになりましたが、よく見るとほれぼれするような美人の幽霊です。
「ほう。これは、かなりのべっぴんさんだ」
 相手が幽霊でも、若くてきれいな美人幽霊だと少しも怖くありません。
 若者は座り直すと、幽霊に尋ねました。
「なあ。さっき、うらめしいと言ったが、一体、何がうらめしいのだ? 『うらめしやー』と言われただけでは、何の事かわからん。これも、何かの縁だ。わけを、聞かせてくれないか?」
 すると幽霊が、しおらしく答えました。
「はい、よくぞ尋ねて下さいました。
 わたくしは、山向こうの村からこちらの村の庄屋(しょうや)さまのところにやとわれた者ですが、ふとした病で命を落としました。
 けれど庄屋さまはお金をおしんで、おとむらいを出してくれないのです。
 それで今だに、あの世へ行けないでいるのです」
「なるほど、そいつは気の毒だ」
「今夜、皆さま方が『百物語』をしてくださったおかげで、ようやくお堂に出る事が出来ました。
 どうか、お寺の和尚(おしょう)さんにお願いして、お経をあげてください。
 そうすれば、あの世へ行く事が出来るのです」
 女の幽霊は、若者に手を合わせました。
「わかった。確かに、引き受けた」
 若者が答えると、女の幽霊は、スーッと消えていきました。
 次の朝、若者は和尚さんにわけを話して、昨日の幽霊の為にお経をあげてもらいました。
 さて、それからというもの若者は幸運続きで、やがて長者(ちょうじゃ)になったという事です。
おしまい。


*元旦の小話
>ぞうきんとお年玉
 むかし、ある所に、何事にも縁起をか
つぐ旦那がいました。
 そのおかげか、店はなかなかに繁盛しています。
 ある年の大晦日(おおみそか)の事です。
 旦那が、店の者に言いました。
「明日は、めでたいお正月じゃ。お正月の神さまをお迎えするのだから、いつもより、念入りに掃除をしなさい」
 さて、この店には、「おたけさん」という、働き者の女の人がいました。
 おたけさんは誰よりも良く働くのですが、そそっかしいのが玉に傷です。
「さあ、すみからすみまで、きれいにきれいに、ぞうきんをしないと」
 おたけさんが張り切って、床の間を拭いていた時です。
「おたけや、すまないが、お使いに行ってきておくれ」
 おかみさんが、おたけさんに頼みました。
「はーい。ただいま」
 そそっかしいおたけさんは、ぞうきんを床の間に置いたまま、お使いに飛び出して行ってしまいました。
 そして、お使いから帰ったおたけさんは、ぞうきんがけが終わっていないのを忘れて台所仕事を始めてしまいました。
 さて、元旦の朝。
 旦那が床の間の掛け軸くを、おめでたい『七福神(しちふくじん)』に、取り替えようとすると、汚れたぞうきんがポンと置いてあるではありませんか。
 旦那は、カンカンに怒りました。
「正月と言うのに、こんな物を置くなんて縁起でもない。さては、おたけの仕業だな。おたけ!」
 旦那はおたけさんを呼んで、ガミガミと叱りつけました。
「申し訳ございません。申し訳ございません」
 おたけさんは、今にも泣き出してしまいそうです。
 すると、とんちのきくこの店の番頭(ばんとう)が、口を挟みました。
「旦那さま。ぞうきんは縁起が悪いだなんて、とんでもありませんよ」
「何! 汚れたぞうきんなのに、縁起が良いとはどういう訳だ?!」
「はい。ぞうきんを当て字で書けば、蔵(ぞう→くら)と金(きん→かね)。蔵(くら)に金(かね)が貯まるという訳です」
 番頭に言われて、旦那は大喜びです。
「なるほど! 確かにこれは、縁起が良いわ」
 そこで旦那は、番頭とおたけさんにたくさんのお年玉をあげました。
♪ちゃんちゃん
(おしまい)
   メンテ
あけましておもでとうございます。 ( No.10 )
日時: 2021/01/01 07:24 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

あのぉさま、昨年は、私の入院の出来事と身体を、大変心配されて本心から嬉しく思います。
大晦日は、完璧に終わっていないですが、掃除や、スーパに少しだけの、餡餅買いに出掛けまして、貴方からのレスに気付かずいました。
本当に嬉しくレス感じています。
色々、昨年度は色々な出来事が、私はあり、何処にも出掛ける事はないです。
一人でも、あのぉさんみたいな方が、いらっしゃると時間は掛かりますが、雑学や昔話を打ち込む励みになります。
今年も、主に、昔話ですが、読んで頂ければ幸いです(^O^)

有難う御座いました
   メンテ
1月二日か…早く一日が過ぎていく感じ…。 ( No.11 )
日時: 2021/01/02 05:37 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

テレビを点けると感染者の数ばかり。
田舎に新型コロナの中、帰った方も居るし、我慢をして、バイト先で頑張って生活費を稼ぐ為に、配送の仕事をしている方も此の世には居る。
各々の考え方だから、社会人含めて仕方ないかも知れない。
社会人や学生さんの行動を誰も責める事は、もう出来ないだろうな。
都知事や県知事が幾ら、今更忠告しても、国が、GOTOの早目の中止を昨年10、11月にせめてしていればと思うが、旅行業等沢山の業種の打撃は計れ知れない程、あったから。
毎日、感染者のNEWSのテレビやラジオで数を観る、聴く度に思う。
どうしても、仕事関係で感染した人も居るから、全ての人がが遊んだりしていた訳ではないのだから。
感染者を非難すると言う人も居ると聞く。
もう、人の行動は、今更、どうしようもないみたい…。

私の年末から正月のテレビの楽しみは、ガキのあらへんで、年末の番組だった。
今回は「ガキ使」渡部建のアノ話で差し替えしたかも知れないから、一昨日迄の面白味は無くなり、パターンが一緒で面白くなくなり、途中で仕方なく、私は紅白にチャンネルを変えて、そしてテレビを消した。
紅白もガキ使いも面白く無かった。
ただ、昨日放映した、GACKT、正月恒例「格付け」で連勝継続や、新相棒となった倖田來未と参戦は、最後迄、食事した茶碗を流し台に置いたまま、観てしまった。
彼女は、偶然当たった訳でなく、自分の仕事のスキルでダンサーを見破る凄さに、自分は凄いと思った。
GACKTの知識は凄いだけ。??(゜Q。)??
多分?来年も、彼が、もしかしたら倖田來未を指名するかも知れないけど、彼女は、どうするかな(¨;)
渡部建は、宮迫博之みたいに、もう、なかなか芸能界に復帰し、テレビは、難しいだろうな…。
男から見てもカネで女性を卑下する行動をしたし、日本テレビも助けられなかっただけで無く、視聴率をテレビ局側は、もしかしたら狙っただろうが、コイツは使えない!と印象付けした感じ。テレビ局のイメージも落とした…。
芸人の西野みたいに漫画や小説家なったり、ユーチューバしか手が無いだろうな(*_*)
あれほど味覚王みたいに、振舞い長い間に共にした、相棒を無視して他の芸人を見下すつもりが無かったとしても、私は余り良い印象を持てなかったし、今回の件に関しても、コンビの相棒に一回か二回?あっただけで電話で謝っただけと知り唖然とした。本当なのか?と不信になる。
児嶋さんは、相棒の尻拭いに各局回りをして頭を下げていたと聞く。
だから、人格から、今のテレビやCMの活躍だろう。
此のサイトの中で、昨年の私の嫌がらせに対する私の、暴言や行動は、病気のせいにしても、私はしてはならないのを再度、思い知る。
反省するしかない…(*_*)と思っている。


*世界の昔話
>モンゴルの十二支話
☆モンゴルの昔話☆
 むかしむかし、神さまは十二種類の動物をそれぞれの年の大将にして、この世に誕生したばかりの人間たちの教育係にしようと考えました。
「牛は真面目に働くから、人間たちの仕事を手伝ってくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 トラは力が強くて狩りが上手だから、人間たちに狩りを教えてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 ウサギは素早く逃げるので、人間たちに敵からの逃げ方を教えてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 
 龍は天に昇れるので、神の言葉を人間に伝えてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 ヘビは何事にも粘り強いので、人間たちに粘り強さを教えてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 馬は地を早く駆ける事が出来るので、人間たちの移動を手助けしてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 ヒツジの毛からは、寒さを防ぐ衣服を作る事が出来るから、寒さに弱い人間たちには必要だろう。
 よし、十二支にしよう。
 
 サルは頭が良いので、人間たちに色々な知恵を授けてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 ニワトリは時を告げてくれるので、人間たちに規則正しい生活を教えてくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 犬は忠実なので、人間の良き友だちになってくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 イノシシは真っ直ぐ進むので、人間たちが曲がった道にそれるのを防いでくれるだろう。
 よし、十二支にしよう。
 ・・・さて、これで十一支が決まったが、もう一支をどの動物にするか?」
 神さまが頭を悩ませていると、ネズミとラクダが立候補しました。
「神さま。もう一支は、わたしたちネズミにお任せ下さい。ネズミは子育てが上手なので、人間たちに子育てを教える事が出来ます」
「いいえ、もう一支は、おれたちラクダに任せてください。おれたちは重い荷物を持って長く旅が出来るので、人間たちの旅を手助けする事が出来ます」
「ふむ、子育てと、旅の手助けか」
 どちらの動物も人間たちの生活に役立ちそうなので、神さまはますます悩みました。
 そこで二匹に、こんな提案をしました。
「それでは、太陽に決めてもらうとしよう。もうすぐ夜明けだから、最初に朝日を見た方を十二支に加えよう」
「わかりました。それで決めましょう」
「おれも、それでいいです」
 こうしてラクダとネズミは、その場に立って朝日が出るのを待ちましたが、頭の良いネズミはこんな事を考えました。
(まてよ。朝日は低いところよりも、高いところを先に照らすはずだ。そうすると、背の低いわたしは不利だ)
 そこでネズミはラクダの体に駆け上ると、ラクダの頭の上に立って朝日を待つ事にしたのです。
 やがて、朝日が顔を見せました。
 そしてネズミの考え通り、少しでも高いところにいるネズミを、朝日は最初に照らしたのです。
「朝日が見えたぞ!」
 こうしてネズミが、残りの十二支に選ばれました。
 一方、十二支に選ばれなかったラクダは、くやしくてたまりません。
「こんなのずるい! 本当なら、背が高いおれたちラクダが十二支に選ばれたはずなのに!」
 ラクダがあまりにもくやしがるので、神さまがラクダに言いました。
「ラクダよ、それではお前の体に、十二支たちの良い特徴を与えてやろう。だから、それで我慢しておくれ」
 こうしてラクダは、神さまに十二支たちの特徴をもらう事にしました。
 その特徴とは、
 ・耳は、ネズミ。
 ・お腹は、牛。
 ・足の裏は、トラ。
 ・鼻は、ウサギ。
 ・つよい体は、龍。
 ・目は、ヘビ。
 ・たてがみは馬で、その毛はヒツジ。
 ・背中のこぶは、サル。
 ・頭の毛は、ニワトリのとさか。
 ・太ももは、犬。
 ・尻尾は、イノシシです。
 それでラクダの体は、それぞれ十二支の特徴をもらっているので、今の様な少し変わった姿をしているのです。
おしまい。
★日本に伝わる十二支のお話★→ネコがネズミ

   メンテ
おはようございます。 ( No.12 )
日時: 2021/01/03 07:58 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

三が日の最終日となりました。
明日からの仕事や勉強が始まる人と明後日から、始まる人と色々あると思います。
今年も、病気や怪我に気をつけて下さい。
休み明けは、大変、初日は体が動き始めは、苦しいかも知れません。
又、看護師、医師含めてサービス業の方は休み無く新年を迎えられたと思います。
本当に御苦労様ですm(__)m
やはり、残念ながら予想していた外出自粛要請が、東京都含め、関東、兵庫の知事から国に出ました。
感染者の感染最高数を遥かに越え、医療崩壊を迎えようとしている危惧からです。
色々とテレビで感染学からの事からです。
全国一斉になるか、感染者が増えている要請した都や県だけになるか判りませんが、仕方ないですね。
国からの発信も未熟でしたが、自粛を守らなかった一部の方が感染したり?したのかも知れませんね。
私としては、経済が、これ以上悪くなり倒産が雇い止めが来ても、コロナ感染者を少しでも減らして、数を再度考慮してからのGOTOを再度行い、経済を復活するしかない。
それからでも、何とか戻れば雇う会社が出たりして、少し経済が生き返るしか手がありません。
そうしなければ、コロナ感染者の為に医療を受けられない病気の方が沢山出てしまい、その方も死を迎えます。
此の内閣のコロナ対策の失敗は確かですが、国民は従うしかないです(T_T)
無能な政治家、居な政治屋は、今度の衆議院選挙で落選させれば良いのです(怒)
誰も余り使わなかったアベノマスクなんて言われた元首相の嘘ばかりのアノ方も、辞めてからも保身に走る嘘つきも落として、只の国民に、しなければ納得がいかない!と思います。
しかし、地元民は勝たせるでしょうね…。
そして、衆議院人生をさせるでしょうよ。

今日は、wagonが、正月に唯一、楽しみにしている、箱根駅伝復路が始まります。
此れが、正月来たな!と感じるスポーツなんですo(^-^)o
午前中には、買い物に行かねば飯がないから仕方ないですが、本当に楽しみの1つであります。
皆さんも此のコロナ渦でも、今日は楽しく過ごせることを祈ります


*日本民話
>ウシの恩返し
☆山形県の民話☆
 むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんときれいな娘が住んでいました。
 ある時、お城の若殿さまが狩りに行って、にわか雨に降られたので、おじいさんとおばあさんの家で雨やどりをしたのですが、その時、若殿さまは娘を見染めて(みそめ→気に入り)、
「近い内に、娘を嫁にもらいに来るぞ」
と、言って帰って行きました。
 それから二、三日後、おじいさんの家で法事(ほうじ)があり、和尚(おしょう)さんを呼んだところ、和尚さんまでが娘を気に入ってしまいました。
 でも和尚さんは仏(ほとけ)につかえる身で、女性と結婚する事ができません。
 娘は欲しいが嫁にくれというわけにも行かず、そこでおじいさんとおばあさんをだます事にしたのです。
「じいさま、ばあさま、お前さまの娘はわたしの見たところ、近々ウシになりそうだ。仏さまの前でお経を読んでやるから、二、三日寺によこしなさい」
 翌朝、おじいさんとおばあさんは、カゴ屋を呼んで娘をお寺へやりました。
 ところが酒好きのカゴ屋が、カゴを道に置きっぱなしで酒屋に酒を飲みに行ったのです。
 そこへお城の若殿さまが通りかかり、娘をみつけて城へ連れて行ってしまいました。
 そのあと娘の下りたカゴへ、どこから逃げて来たのか一匹の小ウシが逃げ込みました。
 ちょうどそこへ帰って来たカゴ屋は何も知らずに寺へ行きましたが、いつのまにか娘が小ウシになっていたので和尚さんもカゴ屋もビックリ。
 和尚さんは、おじいさんとおばあさんに、
「娘はお経を読む前に、ウシになってしまった。もうわたしのお経では、人間にもどす事は出来ません」
と、おじいさんとおばあさんに、ウシを取りに来させました。
 おじいさんとおばあさんは泣く泣く小ウシを家に連れて帰り、大切に育てました。
 そのうちウシは大きくなり、おじいさんとおばあさんを乗せて田んぼに行くようになりましたが、ある日の事、突然ウシは二人を乗せて走り出して、とうとう城の中へ飛込んだのです。
 突然のあばれウシに、城の中は大騒ぎになりました。
 そこへ、娘が出て来て、
「おや? 父さんに母さん、よく来てくれましたね」
と、むかえられて、おじいさんとおばあさんと娘と、それにウシは、お城の中で幸せに暮らしたという事です。
おしまい。
   メンテ
プレッシャーだったのか? ( No.13 )
日時: 2021/01/04 09:33 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

&#65533;*百物語
>目玉だらけ
★東京都の民話 ★
 むかしむかし、江戸のある町に、多吉(たきち)と言う名の若いたたみ職人がい
ました。
 多吉は大変な働き者で、朝早くから夜遅くまで、たたみ職人の親方のところで一所懸命に働きました。
 ある日の事、多吉は親方のところでお酒をふるまわれて、ほろ酔い気分で長屋(ながや→今で言う、アパート)へと帰って行きました。
♪春じゃ、春
♪月もおぼろの
♪なんとやら
 多吉が機嫌良く歌を歌いながら町はずれの橋にやって来ると、橋のたもとのやなぎの木の下に、子どもを抱いた女の人がじっと川を見つめて立っていました。
(おおっ、こいつはいい女じゃ。
 しかしこんな時間に、こんな所で何をしているんだ?
 ・・・おい、まさか、身投げをしようというんではあるまいな)
 すると多吉に気づいた女の人が、多吉に声をかけてきました。
「あの、すみません。
 ちょっと、お手を貸していただけませんか?
 子どものたびが脱げそうなので、なおしていただきたいのです」
 女の人は顔も美しければ声も美しく、多吉は思わず顔を赤くして言いました。
「それぐらい、おやすいご用です。ほほう、可愛いお子さんだ」
 子どもの顔はお酒を飲んだ様にまっ赤で、目が細くつり上がって、みけんに三本の縦じわがあります。
 正直に言うと、可愛いどころか醜い子どもですが、多吉はおせじを言って子どものたびをなおそうとしました。
「どれ坊や、じっとしていなよ」
 多吉が子どもの着物のすそをまくりあげると、なんと子どもの足は毛むくじゃらで、毛の中にカエルのタマゴみたいな小さな目玉が、うじゃうじゃとあったのです。
 そしてその目玉が、いっせいに多吉の事をにらみました。
「うぎゃー! でたぁー!」
 びっくりした多吉は、わき目もふらずに逃げ出しました。
 橋を渡って団子屋のかどを曲がり、地蔵さんの前を走り抜けてお寺の前まで来ると、ちょうど知り合いの和尚(おしょう)さんが立っていました。
 多吉は和尚さんに、さっきの出来事を話しました。
「和尚さん、実は今、あそこの橋のたもとのやなぎの木の下で、目玉ばかりの化け物に出会ったのです」
 多吉の話しを聞いた和尚さんは、カラカラと笑いながら、
「それは、大変じゃったな。して、その化け物は、こんな化け物ではなかったですかな?」
と、いきなり、衣のすそをまくりあげました。
 見ると和尚さんの毛むくじゃらの足とお尻は、小さな目玉でいっぱいでした。
 その小さな目玉たちが、多吉の顔を見てニヤリと笑いました。
「うーん!」
 多吉はうなり声をあげると、そのまま後ろに引っくり返って気絶してしまいました。
おしまい。


今日から、週始め。
正月気分も終わり、始まりました。
昨日の、箱根駅伝復路をテレビで五時間、往路からの、一昨日から続けて、十時間、噛じりつき観ていたが、往路で約三分の余裕分があったが、復路の10区で、まさかの駒澤大学の追い抜きに唖然( ; ゜Д゜)!たすきを繋ぐのが駅伝。
たすきを渡せ無かった大学と学生選抜だったか?2校出た。
観ていて繋いで欲しかったが、時間切れ。
駅伝の皆が繋いで汗が染み付いた、たすきを渡せなかったその部員。
また、汗が染み付いた、たすきを受け継げず走り出した部員。さぞ、辛いだろうと涙が出た。
創価大学と駒澤大学のデッドヒートには、久々の駅伝で手を握った。
嫌いな人が、此のサイトの中の人に、二つの1つの大学にあると思うが、それは私何も言わない。
優勝常連の、青学が嫌いな人もいるかも知れない。
それと同じ事。
好きで入学した大学と思う。。
その、大学に誇りを持って立ち向かった部員達。
創価大学の復路の10区の部員は「私が、もう少し頑張れば」と悔やんでいると思い、総合優勝を逃したのを泣いていたし、かも知れないけれど、駅伝に出て数年で往路の優勝に誇りを持って欲しい。
皆が繋いできた往路の優勝だが、監督から復路に起用されたのだから胸を張って良いと思う。
確か、三年生だった筈。
一年間、辛い練習に又、頑張って、又、監督や、その他の部員から信頼され選手に又、来年も出場出来る様に節に願った。
私が、野球やマラソン、駅伝が好きなのは、天性がもしかしたら、その人にあるかも知れないけれど努力して、その地位に上がった人達。
私みたいな奴は、とても、そんな事は出来ない。
幾らプロと言えど戦力外になる。努力をしないと居られない世界。
去年、青学の一番下だった人が、努力をし社会人でマラソンに出て一番になった。
選手も凄いけど、原監督の指導力と選手を見てる力は凄いなと思いました。
さすが、青山学院。
往路でシード外の着だったが、復路で、まさかと言いたいシード内の着順。
凄いな!
原監督と駅伝部員達(@_@)
又、来年が楽しみだ!
   メンテ
嘘つき阿倍より菅は、自身で決められない。発信力無く、原稿読むだけだ。 ( No.14 )
日時: 2021/01/05 08:40 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

悲しい事だが、関東圏の一都三県が緊急事態宣言が発布かれるらしい。
今週中にも出る。
飲食街と言うか酒を出す居酒屋等を主に。
潰れる店も出るし、従わない店も従う店もあろう。
店を潰さない為に宣言を無視して開くかも知れない。
罰は必要だが、余りにも遅すぎたのではないのか!お偉いさん(-_-)
我が福岡県も感染者が増加に伴い、死者も増えている。
だけど、外出自粛は知事は県民に要請しているが、県民に届いていると信じたい。けど、福岡市に続き、国から感染者を抑えていると言われた北九州市も、毎日と言って良い程、感染者が出ている。
飲食店には、申し訳ないが、同じく緊急事態宣言に近いのを出しても良いと感じる。
そこまで、いっていないと感じる県民も居るが、時間短縮の強めを出しても良いと思う。
ともかく、我が市、県も手遅れは抑えたい。
でも、朝の地元ニュースを観ると、参拝やデパートの福袋買いも県民は、分散参拝や買い出しに長い列を作らなく、守っている。
これだけは、嬉しい。


*百物語
>雨がしょぼしょぼと降る晩
 むかしむかし、雨がしょぼしょぼと降る晩の事、旅の商人が宿屋を見つけました。
「夜分遅くすみませんが、一晩、泊めてください」
 商人が頼むと、宿屋の主人が言いました。
「今日は満室なので相部屋になりますが、それでもよろしゅうございますか?」
「はい、かまいませんよ」
「そうですか。では」
 商人が案内された部屋には、旅のお坊さんがいました。
「一晩、よろしくお願いします」
 商人はお坊さんにあいさつをすると、お風呂に行きました。
 そして商人がお風呂から帰って来ると、お坊さんが財布のお金を数えていました。
 お坊さんの財布には、小判が何枚も光っています。
(坊主のくせに、ずいぶん持っとるもんじゃのう。あれだけあれば、しばらくは働かなくとも・・・)
 商人は、お坊さんの小判が欲しくなりました。
 そこでその晩おそく、商人は寝ていたお坊さんを殺して小判を奪うと宿屋から逃げました。
 商人は遠くの町へ行くと、そのお金で小さな店を持ちました。
 やがて店は大きくなり、何人もの人をやとうほどにまでなりました。
 ある日、町の長者が商人に言いました。
「あんたもそろそろ、お嫁さんをもらってはどうだね。良い娘を紹介するよ」
 そこで商人は長者の紹介で、かわいいお嫁さんをもらいました。
 やがて商人とお嫁さんの間に、男の子がうまれました。
 けれど男の子は三つになっても、口をきこうとしません。
 ところが、雨がしょぼしょぼと降る晩の事、
「おとう、小便」
と、男の子が初めてしゃべったのです。
 商人は喜んで、
「おう、息子が口をきいたぞ! よしよし、小便だな。すぐに連れて行ってやろう」
と、男の子を抱きかかえて、かわや(→トイレ)へ連れて行きました。
 そして商人が、男の子におしっこをさせていると、
「おとう。あの日も、雨がしょぼしょぼと降る晩だったなあ」
と、男の子が大人の様な声で言ったのです。
「なにを言っているのだ、お前は。・・・あっ!」
 男の子の顔を見た商人は、びっくりして声を出せなくなりました。
 なんと男の子の顔が、あの時の旅のお坊さんの顔になっていたのです。
 お坊さんの顔をした男の子は、商人をにらみつけると言いました。
「宿屋でわしを殺したのも、こんな雨がしょぼしょぼと降る晩だったなあ。今こそ、うらみをはらしてやる!」
 お坊さんの顔をした男の子は、怪力で雨が降る暗闇に商人を引きずり込みました。
 商人と男の子は、それから二度と姿を見せなかったそうです。
おしまい。
   メンテ
窓を換気してるが、心地よい風。寒いけど。 ( No.15 )
日時: 2021/01/06 04:07 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

昨日は、福岡県は感染者、なんと187人。
我が市は43人。
又、福岡県内で、二つの病院内でクラスターが発生(*_*)
コロナの話ばかりだ。
福岡県議院の会長か?議員さんも感染。
もう、やめよう…こんな話は。
ともかく、自分は、掛からない様にしなければならない。
明日、(木)から(日)迄、九州北部は大変な雪になる予報。
正社員で、下関に我が愛車で通ってた頃は、此の予報が出ると心配と大変だった。
もう、十年なるのか…。
タイヤにチェーン巻いて、トラックも巻き、運転してたな。
又、アルバイトでも乗ったし。
もう、一度、戻れるなら…。
車に運転できた頃の身体が欲しい。
どうかして生きねばならぬが、無いのだ。
死を考えるな!と自分に言い聞かせながら、考える。


*日本民話
>跡隠しの雪
☆弘法大師話☆
 むかしむかし、ある寒い年の事、小さな村に旅のお坊さんがやって来て、ひと晩泊めてくれる家を探していました。
 けれど、どの家に行っても、
「悪いが、他を探してください」
と、断られます。
 断られ続けたお坊さんは、最後に村で一番貧しい一人暮らしのおばあさんに頼みました。
 すると、おばあさんは、
「食べ物どころか、うちにはいろりの火もありません。それでもよければ、どうぞお泊まりください」
と、お坊さんを家に入れてくれました。
 家に入ったお坊さんは、火の消えたいろりのそばに座ると、念仏を唱え始めました。
 その姿を見たおばあさんは、
(ああ、せっかくお坊さまが来てくださったのに。何のおもてなしも出来ぬとは)
と、目に涙を浮かべると、そっと戸を開けて外に出ました。
「せめて、菜っ葉の一枚でも残っていれば」
 おばあさんは寒さに震えながら自分の小さな畑へ行きましたが、やはり菜っ葉一枚、残っていません。
 そこでおばあさんは、地主の畑へ行くと、
「すみません。いつか必ずお返しをしますので、どうぞ今日だけは許してくだされ」
と、手を合わせると、干してある稲をほんの少し抜き取りました。
 それから、隣の大根畑へ行き、
「今日だけは、許してくだされ」
と、手を合わせると、小さな大根を一本抜き取りました。
 こうして稲と大根を手に入れたおばあさんが家に戻ると、お坊さんはまだ念仏を唱えています。
 おばあさんは稲と大根を置くと、今度は山へ枯れ枝を探しに行きました。
 寒い冬山をさんざん歩き回って、ようやく枯れ枝を見つけて家に帰ると、おばあさんは稲を臼(うす)でひいて団子を作りました。
 そして大根は小さくきざんで、なべに入れました。
 それからいろりに枯れ枝をくべて火をつけると、大根と団子を煮て団子汁を作りました。
 こうしておばあさんは、出来上がった団子汁を全ておわんに入れると、
「お坊さま。わたしはお腹が空いていないので、どうぞ全部召しあがってください」
と、団子汁の入ったおわんをお坊さんに差し出したのです。
 おばあさんが、ふと戸のすき間から外を見ると、地主の畑から隣の畑、そしておばあさんの家まで続く足跡が、雪の上にはっきりと残っていました。
 明日になれば、稲や大根を盗んだ事が見つかるでしょう。
 きっと、ひどくしかられるに違いありません。
 もしかすると、村を追い出されるかもしれません。
 しかしおばあさんは、おいしそうに団子汁を食べるお坊さんを見て、
(ああ、よかった。よかった)
と、心の底から思いました。
 次の日の朝、目を覚ましたおばあさんが外に出てみると、あたり一面に新しい雪が積もっていて、おばあさんの足跡はすっかり無くなっていたのです。
 そして今までの事を全て知っていたのか、お坊さんはおばあさんに微笑むと、やさしく言いました。
「あなたは、とても良い行いをしました。
 仏さまは、あなたのした事をお許しになるばかりか、これからは幸運を授けて下さるでしょう。
 では、どうぞ長生きをしてください」
 そしてお坊さんは、再び旅へと出かけました。
 このお坊さんが言った通り、それからおばあさんには良い事ばかりが続き、とても幸せに暮らす事が出来ました。
 おばあさんは後から知ったのですが、おばあさんの家に来たお坊さんは、あの有名な弘法大師だったという事です。
おしまい。


*小話
>大黒さまのちえ
 むかし、子どもたちが空地で、地面に埋まっていた大黒(だいこく)さまを見つけました。
 それを知った長屋(ながや)の家主が、子どもたちから大黒さまを取り上げると、
「ほほう。これはえんぎがいい。この空地は、わしの物。つまりこの大黒さまも、わしの物じゃ」
と、さっそくきれいに洗って床の間にかざりました。
 そして家主さんは福の神がまい込んだいうので長屋の連中を一軒のこらずよんで、祝いの酒盛りを始めました。
「且那(だんな)さん、このたびは、おめでとうございます」
「大黒さまが出てくるとは、まことにめでたい事で」
「これからは長屋を、大黒長屋とよびましょう」
 店子(たなこ→家をかりている人のこと)たちに言われて、家主さんは大変ごきげんでした。
「それ、みんなで『豊作(ほうさく)じゃ』を歌おうではないか」
 家主さんが言うと、みんなはこの頃のはやりの『豊作(ほうさく)じゃ』の歌を歌い出しました。
♪豊年じゃ、万作じゃ
♪百でお米が、三斗じゃ
♪豊年じゃ、万作じゃ
♪百でお米が、三斗じゃ
 酒に酔った連中が、手や足をふりながら踊り出しました。
♪豊年じゃ、万作じゃ
♪百でお米が、三斗五升
 酒を飲めない者たちも、手拍子をとって盛り上げました。
♪豊年じゃ、万作じゃ
♪百でお米が、四斗じゃ
♪あいやお米が、四斗五升
♪どっこい五斗じゃ、五斗五升
♪安いぞ安いぞ
♪安いがええぞい
 するとそれを聞いた大黒さまが、足元の二俵のお米をかつぐと床の間からおりて、外へ出ようとしたのです。
「もし、もし。大黒さま」
 家主はびっくりして大黒さまをつかまえると、大黒さまにたずねました。
「もし、大黒さま。何か、お心にさわりましたか」
 すると大黒さまは、気ぜわしそうに言いました。
「これ以上、値段がさがらぬうちに、わしのこの二俵を売りにいかにゃ」
♪ちゃんちゃん
(おしまい)
   メンテ
頭が良い人は、人の苦労や悲しみ判らないのかな? ( No.16 )
日時: 2021/01/06 21:30 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

今日、福岡県は361人感染者(*_*)又、全国は5738人。
今更、多分、来月7日迄、緊急事態宣言か。
関東圏。
一ヶ月で、コロナが収まる?!
此の国は、収入に国に入るかしか絶対?!考えていない。
経済は、確かに大切は判っているが、まず、病気感染を考えないと…。
我が福岡県の知事も信用は出来ない。
今までに無い感染者の数。
まだ、余裕分あると言ってる。
コロナだけじゃなく、事故や他の病気で病院が受け付けなくなるのが怖い((((;゜Д゜)))
私は、生きる望みは無いが、脳梗塞、癌の基本の病を持ってる。
医師や看護師さんの努力で、私も生きてる。
死を私みたいに陰ながら望む奴と、生きたい!人の望みは違う。
看護師さん、医者は、病院に閉じ籠って新年を迎えた筈。
金持ちの政治屋と裕福な人と平民は、違う!
確かに、私も勉強しなかったから、アンタ等と違い、頭も悪く、したっぱだよ。かも知れないが、平民なりに生きてるんだけどな…(:_;)
明日か、明後日か?国から何か言うだろ。
しかし、一ヶ月じゃ、コロナおさまらないよ。
益々、飲食の方を虐めるの?
一ヶ月経って、収まらなかったら、どうするの?
延ばすの。
又。
菅と尾身さん。
二ヶ月か三ヶ月と緊急事態宣言したら!
した方が、飲食の人も、国民の皆さんが納得し、様子みたいと思う。(-.-;)
国が、これさえと信じて発信する期間、言葉は、信じるし。
信じて、本当に、コロナが、減少する時間さえ見当して日本人は我慢出来ると思う。
小手先では、医者含めて全ての人は納得しない。
政治家は判らないのかな(:_;)
情けない国の、お偉いさん方がた。
自分達は、酒を皆で飲んでさ。


*世界の昔話
>カエルの王さま(鉄のハインリ)
☆グリム童話☆
 むかしむかし、あるところに、それは可愛いお姫さまがいました。
 お姫さまは、お城の近くの泉(いずみ)のほとりで、マリ投げをするのが大好きです。
 ところがある時、投げた金色のマリが泉の中に転がって、そのまま沈んでしまいました。
「ああ、どうしよう・・・」
 沈んでいく金色のマリを見て、お姫さまはシクシクと泣き出しました。
 すると、
「泣いたりして、どうしたのですか? 可愛いお姫さま」
と、泉の中から醜いカエルが呼びかけてきたのです。
「キャア!」
 お姫さまはちょっとビックリしましたが、カエルに言いました。
「大切な金のマリが、泉の中に落ちてしまったの」
「そうですか。では、わたしが拾って来てあげましょう。でもその代わり、わたしをお友だちにして、一緒にごはんを食べたり、一緒にベッドで寝かせたりしてくれますか?」
「ええ、いいわよ」
 お姫さまは、カエルと約束しました。
 でも、カエルと友だちになるのは嫌なので、お姫さまはカエルがマリを拾って来てくれたとたん、
「カエルとの約束なんて、知らないわ」
と、マリを持ってお城に走って帰りました。
 次の日、お姫さまがみんなと食事をしていると、誰かが戸を叩いて呼びました。
「お姫さま。お姫さま、戸を開けて下さい」
「あら、誰かしら? ・・・!」
 お姫さまが戸を開けると、そこにはあのカエルがいたのです。
「キャーー!」
 びっくりして戸を閉めるお姫さまに、王さまが尋ねました。
「姫や、何をそんなに怖がっているのだね?」
「それは・・・」
 お姫さまは仕方なく、外にマリを拾ってくれたカエルがいて、そのカエルとお友だちになる事を約束してしまったのだと話しました。
 すると王さまは、言いました。
「姫や。いくら相手がカエルであっても、約束した事は守らなくてはいけないよ」
 そこでお姫さまは嫌々ながらもカエルを部屋の中に入れると、一緒に食事をして自分の部屋に連れて行きました。
 するとカエルは、一緒にベッドで寝たいと言い出したのです。
「まあ、カエルのくせに!」
 お姫さまはすっかり怒ってカエルをつまみ上げると、力一杯壁に叩きつけました。
 ベチャ!
 ところがカエルは下に落ちた途端、やさしい目をした王子さまに変わったのです。
 実はカエルは、悪い魔女(まじょ)に魔法をかけられていた王子さまだったのです。
 それから、人間になった王子さまとお姫さまはすっかり仲良くなり、やがて結婚して幸せに暮らしました。
おしまい。


*イソップ童話
 ある人が、友だちをもてなすつもりで、ごちそうのしたくをしていました。
 その人の飼っているイヌは、自分も友だちのイヌに、
「きみ、ぼくのところへ、ごちそうを食べにきたまえ」
と、いって、招待しました。
 招かれたイヌは、ほくほくしてやってきました。
 そして、いっぱいに並んだごちそうを見て、心の中で、
(すごいなあ。ぼくの為に、こんなうまそうな物が出てる。夢の様だなあ。よーし、腹いっぱいどんどん食べて、あしたは一日中、腹がへらないようにしてやろう)
と、考えながら、しきりに尻尾を振っていました。
 友だちのイヌを信用しきっているので、全部、自分の為のごちそうだと思っていたのです。
 その家のコックさんは、さかんに尻尾を振っているイヌを見つけたとたん、足をつかまえて窓の外にポンと放り出してしまいました。
 イヌはキャンキャン鳴きながら、逃げ帰りました。
 その途中で、ほかのイヌたちに会いました。
 中の一匹が、
「きみ、ごちそうはどうだったの?」
と、聞きますと、このイヌは本当の事をいうのが恥ずかしいので、
「いやあ、お酒を飲み過ぎて、すっかり酔っぱらってしまってね。どこからどうやって出てきたか、覚えていないくらいなんだ」
 このお話しは、自分にはお金がないのに、ほかの人をあてにして、気前の良い事をいう人を信用してはいけないと教えています。
おしまい。
   メンテ
福岡県コロナリスト漏洩か…情けない。 ( No.17 )
日時: 2021/01/07 06:00 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

録画した番組を、やはり観なく、夜は、ラジオに噛じり、夜の時間を過ごす。
P社のradioを元のプラスチックの型紙に収め、押し入れに。
今回、購入したコイズミのradioを使っている。
確かに、さすがのパナソニック。アナログだが、電子チューナーみたいな機能でチューニングは近くの局に自動的に合わせ狂いはない。
コイズミは、昔ながらのアナログチューナーで、時間が経つと少しずつ放送局からずれていく(v_v)
けれど、AMに関してはパナソニックの、こもる音と違い、高音が高く聴きやすい。
昨日、姉が事故した次兄の金を二月分を持ち、三台のバスを乗り継ぎ自宅に来た。
兄の生命保険の一次病院入院費から出た、お金。
私の生活費と兄の駐車場代や新聞代、共益費と、兄が居ない間の一万円の米代など…。
姉が、帰り、共益費と新聞代を計算すると、預り金は二月分なのに、何故か、一ヶ月分足りない(@_@)
使い込んだ覚えはないが、私の生活費が、正月前に足りなかったら、確かに、姉に断りの電話を入れて、次兄の財布からは抜いた??(゜Q。)??しかし、昨日、冷静に計算したら、新聞代だけが二月分が足りない。
兄が、事故に逢い、前もって集金に販売員が来たから払った覚えがある。
それは、私が記憶してる。左脳がパープリンなった頭でも何回か記憶辿っても払っているし、領収証がある。
帳面を付けてなかったから考えても不足分が判らない。
仕方なく責任上、私の生活費から、二月分を補填する。
次兄が、月末近く事故に遭ったのは確かで、集金に来たから、私が払ったのは確か(´〜`;)
兄から、お金を貰う前に、私の財布から払ったからか?オカシクなり合わないのか?
なんか、損した気分だが、まぁ、私が、使い込んだと思い、自分の財布から、二月分の新聞代を用意する。
姉が、昼に自宅に来たから「××、お腹が空いてない?資さんで、あんたが好きなカツ丼奢ってあげるよ」
しかし、バス三台乗り継ぎ、自宅に来たのに奢って貰うには申し訳ない。
『大丈夫 冷凍食品やチルド、インスタント食品を買いだめしてるし、お腹が空いてない』
と断る。
本当は、カツ丼喰いたかったが。資さんの卵とじのカツ丼は上手い
姉をバス停からバスが来て見送る。
ホームセンターで買い物したいが、駐車場代を払う為に、少し歩き違う町内の駐車場大家に向かいベルを鳴らすが不在。
(日)に、再度、行く事にして、生活費の中から、銀行に32000円を預金。
病院代であるから使い込む恐れあっての預金。
病院行く前日にATMで下ろす。
帰りに、8000円の残りの生活費でスーパーに。
久々の缶チューハイ二本と菓子パン、納豆、冷凍食品三袋と豆乳を購入。
明日は、もっと雪が降るから前もっての買い物となる。
雪が、今日、多く降らなければホームセンターで風呂バスの蓋を買いたい。
姉に次兄から、入院してる病院から、今月中には退院出来そうと携帯で言ってたらしい。
只、リハビリを一次に入院した病院で毎日してるからと。
まだ、正式に先生から言われていなくて兄の感じからと…。
三回の手術の傷口が締まればとらしいが。
事故から4ヶ月。
やっと、退院の目安が出来て、姉と共に喜ぶo(^-^)o


*日本の昔話
>百姓じいさんとテング
 むかしむかし、百姓(ひゃくしょう)のおじいさんが、ウマを連れて歌いながら山道を歩いていました。
♪心楽しや
♪山坂行けば
♪ウマの鈴までこだまする
♪エーイソラ ホイホイ
 すると向こうの方から、ズシンズシンと大きな足音を立てながら、大テングがやって来ました。
 その大テングの鼻ときたら、おじいさんの腕ほど長くて大きく、顔ときたら、塗り立ての神社の鳥居より、まっ赤です。
 大テングとおじいさんは、細い山道でぶつかりました。
「こら、じいさま。道をよけろっ!」
 大きな声の大テングに、おじいさんは負けじと、
「よけろと言うたって、ここはおらが道じゃ。おまけに、おらこの通り、ウマと二人連れじゃ。お前がよけろ」
と、大テングを睨みつけます。
「ヒヒ、ヒヒーン!」
 ウマもないて、おじいさんの応援です。
「このじじいめ。つべこべぬかすと、つまんで食うてしまうぞー!」
「そうかい。おらもこの年、食われて死ぬのは怖くないが、お前に食われる前に、一つ見たい物があるんじゃ」
「何じゃい、それは」
「テングは、誰でも術という物を使うそうじゃが、本当かいのう」
「ワハハハハッ。わしはこれでも、テングの頭じゃ。術ぐらい使えんでなんとする」
「そうかい。テングいう物は、どこのテングでも天まで大きゅうなれるというが、お前さまは、なれるかね」
「天まで大きゅうなる? そんな事が出来んで、どうなる」
「そうかのう。じゃあ、おらが食われる前に、ちょっくら見せてもらおうか。あの世への話の種というもんじゃ」
「よし。よう見とれっ」
 そこで大テングは鼻を上に向けて、ゴォーーッと息を吸い込みました。
 すると、グングングングン、大テングの背が伸びて、とうとう雲を突き抜けてしまいました。
 そこでおじいさんはニヤリと笑い、いかにも感心した様に言いました。
「テング様、テング様。ようわかったから、元に戻って下され」
 すると大テングは、シューッと息を吐いて、元の大きさに戻りました。
「どうじゃ、じいさま。ビックリしたろう。さあ、食うてやるか」
と、手を伸ばす大テングに、おじいさんはカラカラと笑って、
「そんな事言うても、テング様が天まで大きゅうなるのは、どこのテング様でもやる事でねえか。お前様は、さっきテングの頭と言うたが、いくら頭でも小そうなるこたぁ出来まい」
「なにっ。わしは日本一のテングじゃ。大きゅうばかりなれて、小そうはなれん、そんなケチなテングじゃないわい。見とれ。今見せてやるわ」
 大テングはそう言うて、フーッと息を吐き出しました。
 するとドンドン小さくなっていって、おじいさんの小指ほどになってしまいました。
 そこでおじいさんは、ヒョイと大テングを手の平に乗せて、
「よう。もっと小さく、もっと小さく。そうそう」
 ついに大テングは、豆粒の様に小さくなってしまいました。
「かかったな」
 おじいさんは大テングをつまむと、ポイと口の中ヘ放り込んで、ゴクンと飲み込んでしまいました。
 そして、
♪そよら そよらと
♪たてがみなでて
♪吹くや春風 里までも
♪エーソラ ホイホイ
 歌いながらウマを引いて、家の方へ帰って行きました。
おしまい。


*小話
>雪
 ある日の事。
 まだ薄暗いうちに下男(げなん→下働きの男の人)が戸を開けてみますと、外
は大雪でした。
「こりゃあ、全く大変な雪が降ったもの
だ」
 下男は驚いて、大声をあげました。
 するとそれを聞いた主人が、
「ほう、一体、どれほど降ったのじゃ
な?」
と、聞くと、下男は、
「そうですねえ。雪の深さは、五寸(ごすん→約十五センチメートル)ほど積もっておりますが、幅となりますと、どれほどあるか分かりません」
 まあ、それはそうでしょう。
♪ちゃんちゃん
(おしまい)。
   メンテ
kuronekokoneKokaiの昔話アクセス有難う。 ( No.18 )
日時: 2021/01/08 05:38 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

7日は、東京は、2247人か…。
福岡県は、又、更新し388人。
此だけ感染者が増えたのは、間違いなくGOTOの経済優先の考え方の失敗と思う。
経済優先に、こだわった結果の証拠と思う。
GOTOは、コロナが収まって行うと言ってた首相が一転し、おこなった。
結局、少し余裕な人達が使っただけ。
今更、何を言っても仕方ないけれど(☆_☆)
こんな世の中に政治家の方は国民に無理を言って、自分達は、四人迄なら飲食を伴う会談みたいな事をしたいと、与党、野党の政治屋の皆さん。
あんたらは、特別区にいる存在と思っている。
食事や飲食で集まってマスクを外すから飛沫が飛び回り、いけないと思わないのかな。
又、ステージ3になったら緊急事態宣言を解除出来ても感染が又、戻ると思わないのでしょうか。
一ヶ月じゃ、絶対おさまらない
ここまで来ても、福岡の知事は緊急事態宣言をしたいと国に頼まないのかな(-_-)
経済優先したから、こうなったのを理解し、県民に、緊急事態宣言したいと言って欲しい。
福岡県は、そんなに、病院に余裕あると思う県民は少ないと思う。

7日は、九州北部は、朝は雪が積もったり。
今日の夜からは、もっと酷くなると天気予報。
北九州市内の小中学、特別支援学校の多くが、雪の為に休校。福岡市は、しないらしい。
それだけ、地域によって違う。
私は、7日は、ホームセンターに風呂の蓋を購入に、行ってきたが、風呂のサイズを間違えて寸法の違うのを買ってしまった。
縦70×横110で良かったのに、75×120を…。
失敗。
ちゃんと計っていくべきだった。寸法が大きい分、金額が高い(-.-;)
交換をすれば良かったが、安くなるから、ホームセンターに申し訳なく出来なかった小さい自分です。
又、今週の、雪を乗り越える為にインスタントや冷凍食品の買い貯めをホームセンター横のスーパーで。
近頃、又、台所にたたなくなる。
簡単なチンみたいな食事ばかり。本当に、駄目な人間(v_v)です。


*日本の昔話
>この正直者め
☆吉四六(きっちょむ)さん☆
 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とんちの上手な人がいました。
 むかしは、ところどころに関所というものがあって、通る人や荷物をきびしく調べていました。
 きっちょむさんの村から町へ行くのにも、この関所を通らなければなりません。
 ところが、この関所には悪いの役人がいて、
「こらこら!
 そのとっくりの中身は、何じゃ?!
 何か良くない物を、隠しておるのではないだろうな!
 今から、取り調べてやる」
と、役人は荷物の中にお酒を見つけると、取り調べと言いながらお酒を飲んでしまうのです。
 そこでこまった村人たちが、きっちょむさんに頼みました。
「きっちょむさん。お前さんのとんちで、あの役人をこらしめてはくれんか?」
 役人のうわさを聞いていたきっちょむさんは、すぐに引き受けました。
「よし、まかせておけ。その役人が、二度と酒を飲まないようにしてやる」
 きっちょむさんはそう言うと、さっそく町へお酒を買いに出かけました。
 町からお酒を買って帰ろうとすると、あの役人がさっそくきっちょむさんを呼び止めました。
「こらこら! そのとっくりの中身は、何じゃ?!」
 するときっちょむさんは、わざとこまった顔で答えます。
「はい。これは、その・・・。実は、小便が入っております」
「何、小便じゃと? ・・・ほうほう、多少は知恵を使ったようだが、このわしには通用せんぞ」
 役人は、とりあえず用心にとっくりのにおいをかぐと、ニンマリと笑って中のお酒をうまそうに飲み干しました。
「うむ、これは上物。なかなかに、うまい小便じゃ。よし、行ってよし!」
 空になったとっくりをきっちょむさんに返した役人は、満足そうに言いました。
 さて、それから三日後、きっちょむさんはまた町へ行くと、とっくりを下げて関所を通りました。
 するとやっぱり、あの役人が呼び止めます。
「こらこら! そのとっくりの中身は何じゃ?!」
「はい。これは、その、小便が入っております」
 きっちょむさんが答えると、役人はきっちょむさんを見てニンマリと笑いました。
「おおっ、お前はこの前の。少しは知恵があると思ったが、またこりずに小便とはな」
 役人はきっちょむさんからとっくりを取り上げると、今度はにおいもかがずに、いきなりゴクゴクと飲みました。
 しかしすぐに目を白黒させて、飲んだ物をはき出しました。
「ブーーッ! こ、こ、こら! これは、何じゃい! きさま! わしに小便を飲ませたな!」
 役人は刀を抜くと、きっちょむさんに詰め寄りました。
 ですがきっちょむさんは、平気な顔で言いました。
「だからわたしは、小便と申し上げましたよ」
「むっ、むむむむ」
 これには役人も、返す言葉がありません。
 役人は刀をおさめると、きっちょむさんに言いました。
「この、この正直者め。行ってよし!」
 それから役人は関所を通る人の荷物にお酒を見つけても、もう飲もうとはしなかったそうです。
おしまい。
   メンテ
来週は、関東も雪の予報 ( No.19 )
日時: 2021/01/09 09:23 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

朝、目覚めるとサッシからの外の世界は、銀世界です。
空は灰色で部屋の中まで寒く、堪えられず、エアコンと電子カーペットを入れ、一度、押し入れに入れた寝具を引出し、布団に丸まっています。
こんな時に仕事や用事で出掛けたりする方の辛さを思います。
私も、その様な経験を社会に出て、外の仕事をしてましたが、体を壊し、耐えきれなくならましたな。
今日は、昼からスーパーを覗いてみたいのですが、積雪で難しいかな?と思い、外を見ています。
今日は、ある通販でBlu-rayのリモコンを注文したのが、午前中に到着予定で。
十年前のリモコンで感度が悪く、P社に問い合わせましたが、生産中止の為に買えませんでしたので既製品のP社に合うリモコンを注文しましたのです。
昨日は、長兄からの日本酒を頂きましたが、今週は、いよいよMRIの検査がある為に控えています。
こんな時に、日本酒の熱燗は旨い!
昔だったら浴びる様に呑んでたのですが、癌と脳梗塞等の罰が天罰てして返って来たのでしょうね((T_T))

*百物語
>酒呑童子
★京都府の民話★
 むかしむかし、大江山(おおえやま→京都府)に酒呑童子(しゅてんどうじ)と言う、鬼の盗賊がいました。
 酒呑童子はお酒に酔うと、いつも上機嫌になって、ポンポンと頭を叩いてニヤニヤと笑うのがくせでした。
 ところが、源頼光(みなもとのよりみつ)たちに退治されてからは、酒呑童子は首だけになってしまいました。
 お酒好きの酒呑童子は、首だけになっても酒を飲むのを止められません。
 昼も夜も、まっ黒な雲に乗って空を飛んで歩き、酒屋を見つけると降りて来て、
 グワグワグワーァ
と、気味の悪い声で脅かして、酒をただ飲みするのです。
 こんなふうにして酒屋を荒らし回ったものですから、京都や大阪では黒雲を見ただけで、どこの酒屋も大戸をおろしてしまいます。
 仕方なく酒呑童子は、黒雲に乗って江戸ヘやってきました。
「ありゃ。あそこに、酒屋があるぞ」
 酒屋の前で、ヒラリと雲から飛び降りると、
 グワグワグワーァ
「上等の酒を五升(→9リットルほど)ばかり、かんをつけて持ってこーい!」
 酒屋の者たちは、まっ青になりました。
 持っていかなければ、何をされるかわかりません。
 急いで、かんをつけると、さかずき代わりにどんぶりをそえて、ブルブル震えながら差し出しました。
「ど、どうぞ。手じゃく(→自分でつぎながら酒を飲むこと)で、お飲みなすって」
 置いて逃げようとすると、首が怒鳴りました。
「おい、おい。おれは、このとおり首だけだ。手じゃくではやれん。飲ませてくれ」
と、大きな口をバックリと開けました。
 酒屋の主人は仕方なく、どんぶりについでは飲ませ、ついでは飲ませして、五升の酒をみんな飲ませてやりました。
 童子の首はすっかり酔っぱらって、上機嫌です。
「ああ、久しぶりで、なんともいえん、いい気持ちだ。ついでに、わしの頭をポンポンと叩いてくれ」
と、言います。
 酒屋の主人が怖々ポンポンと叩いてやると、首はいかにもうれしそうに、ニヤッと笑ったそうです。
おしまい


*小話
>なぎなたっ屁

 むかし、ある村に、十(じゅう)どんという、屁(へ)こきの名人がいました。
 十どんは自由自在(じゆうじざい)におもしろい屁をこいてはみんなを喜ばせて、その見せ物代をもらって暮らしをたてています。
 ある日の事、
「わしも諸国(しょこく)をまわって、屁ひりの修業(しゅぎょう)をせにゃ」
と、十どんは旅に出ました。
 そのうちに十どんは、関所(せきしょ→国境のようなもの)にさしかかりました。
 関所では立派な役人が、高いところから一人一人の通行人を調べています。
 役人が、十どんに聞きました。
「これ、そのほう。名は何ともうす」
「へえ。十どんです」
「十どんとな。して、あきない(→仕事)は何じゃ」
「へえ。屁を、あきのうております」
「なに?! 今、何と言った?」
「へえ。屁を、あきのうております」
 それを聞いて、役人は十どんをにらみつけました。
(こやつ、あやしいやつじゃ)
「そのほう、屁をあきなうとのこと、いつわりではあるまいな」
「へえ」
「うそいつわりをもうすやつは、この関所を通すことまかりならぬぞ」
「うそいつわりでは、ございません。みなはあっしの事を、『屁っぴりの十どん』と、もうします」
「しからば、屁っぴりの十どんとやら。いつわりならぬしょうこに、ここで屁をやってみい」
「では、おおせの通り」
 すると十どんは、
♪プリン、パラリン
♪プリン、パラリン
♪ごようの、さかずき
♪ヒッキョ、キョンのキョン
と、屁で歌を歌いました。
(これだけ上手に屁をこけば、通してくれるだろう)
 そう思って、十どんが歩きはじめると、
「まてっ」
と、お役人が、手をあげて呼び止めました。
「おもしろいやつじゃ。もう一つやってみろ」
「・・・・・・」
「どうした、屁っぴり屋。もう一つやれ。・・・なにをくずくずしておる」
「へえ。もう一つやれとおっしゃいますが、あっしの屁は、あきないにございます」
「あきないだから、どうした?」
「あきないですので、ただでは出来ません」
「なにおっー!! お上にたいし、無礼(ぶれい)をもうすな。命令じゃ、ただでこけっ! こかぬとあれぱ、ここを通さぬぞ!」
「・・・それでは、なぎなたの屁をこきますが、いかがでございましょう」
「なぎなたの屁? それは聞いた事もないが、おもしろそうじゃ。こいてみよ」
「では」
 十どんは、お役人のほうヘお尻をむけると、
♪プーーーーーウ
と、ながい屁をこきました。
「これが、なぎなたの持つ部分のえでございます」
「なるほど。ながいえじゃ。次は?」
♪ブッ
「なんじゃ、それは」
「地面にあたるヤリのしり金具。石突でごぜいます」
「なるほど、石突か。とんと、ついたな。では、次」
♪プル、プル、プルリン。
「これが、えにまいた藤でございます」
「なるほど、ようまいてあるようじゃ。次は」
♪プリッ、オバリッ。
「これで、さやをはらいました」
「なるほど、パッとはろうたか。みごとなものじゃ」
「ではいよいよ、なぎなたっ屁のごくい。刀身をひりますので」
 十どんは、パッとお尻をまくりました。
♪プリ、プリプリプリ。
 すると役人は、鼻をつまむとあわてて言いました。
「これ! 中身は、出すにおよばぬ。はよう、はよう通れっ」
♪ちゃんちゃん
(おしまい)
   メンテ
緊急事態宣言は、出ていないに等しい。 ( No.20 )
日時: 2021/01/10 08:11 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

三連休の初日。
日本海側で、大変な冷気で福岡含めて大半の日本海側の地方は、大雪になっている。
九州の中でも宮崎や鹿児島、熊本と雪が積もらない県もあります。
九州人には不思議な感情さえ覚えています。
大雪のヤマは越え、今日からは雪が多少降るかも知れぬが積もる事は無くなると予報。
昨日の大きな山の雪が外の平面に、かなりの積雪量。
東北から見られると笑われるかも知れないが、たったこれだけでも交通機関の障害や交通事故が出ている。
本当に雪に慣れていない地方の人間には大きな出来事。
最高気温が4℃の為に自宅にはエアコン、電子カーペットをフルに使い込む。
ニュースは、関東の緊急事態宣言の話ばかり(-.-;)
東京の人手の数が去年の緊急事態宣言の数と違い、互いにコメンテーターが言っているが、その通り。
台湾や中国、ニュージーランドがコロナを押さえて人が出て祝う新年を迎えた。
それに比べて我が日本は一年も時間があったのに何もかも出来なかった。
行き場たりの政策では、国民も流石に我慢の限界を越えて今の人手になっている。
今更遅いと思うが、外に出たいと思う人びとは抑える事は出来ない。
必ずや若者も掛かり、死ななくても後遺症が残ると言われている。
病院に、入れない人ばかりだとテレビで言ってるが、無視をするならば、もう、その人達は命の選択をされて治療は出来ないと思い知るしか、もう、しょうがない。
死を覚悟して遊んでと思う。
私は、自分は、どうなっても良いが家族に感染させない為に、日用品を購入したい限りは外には出ない。
大都市以外の地方の人間は、そう思って感染予防に努めているのだが…。


*日本民話
>地中で三十三年
☆長野県の民話☆
 今から二百年ほどむかし、浅間山(あさまやま)のふもとに住む若いお百姓が、畑のわきに井戸を掘り始めました。
 ところがいくら掘っても水は出てこずに、そのかわり七、八メートルほど掘ると屋根瓦が出てきました。
「はて? こんなところに、どうして屋根瓦があるんじゃ?」
 お百姓が瓦をどけると、ズボッと穴が開きました。
 中をのぞきこむと、大きなほら穴があるではありませんか。
 お百姓は家にもどるとちょうちんを持って、まっ暗な穴へおりていきました。
 中を調べてみると、どうやら大きな家が土の中にうまっているようです。
「竜宮城は、海の底にあるという。地の底にも竜宮城のような物があって、おれはその人たちの家の屋根に穴を開けてしまったのかもしれんぞ。しかしそれにしても、大きな家だな」
 お百姓は足元を気にしながら、おそるおそる奥へ入っていきました。
 すると奥には、たくさんの酒樽がならんでいました。
 その間を通って進むと、酒樽によりかかって二人のおじいさんが座っていたのです。
 頭の毛はボーボーで、長いひげは床まで伸びています。
 若いお百姓はびっくりしましたが、勇気を出してたずねました。
「あなた方は、どなたですか? こんなところで、何をしているのですか?」
 ちょうちんの灯がまぶしいのか、おじいさんたちは両手で目をかくしました。
 そして、おじいさんの一人が答えました。
「いつだったか忘れたが、浅間の山が爆発したとき、わしらはこの酒蔵に逃げ込んだんだ。するとすぐあとに、山くずれがおこってな。この蔵と一緒に、ここにうめられてしまったんじゃ」
 それを聞いて、若いお百姓はびっくりです。
 浅間山が大噴火をして大きな山くずれが起きたのは、自分がまだ生まれていない三十三年も前の事なのです。
「三十三年も二人で、よくこんなところで生きて」
 若いお百姓のつぶやきに、もう一人のおじいさんが答えました。
「ああ、この蔵には三千樽の酒と、三千俵の米があったからな。おかげで今日まで、わしらは生きてこられたんじゃ。だがその米も、もうあとわずか。まっ暗でまったく動けないし、これからどうするかと二人で話しておったところじゃ。地上からきたあんたと会えて、こんなうれしいことはない」
 二人のおじいさんはそう言いながら、なみだを流して喜びました。
 若いお百姓は村人たちを大勢呼んでくると穴を広げて、光をまぶしがるおじいさんたちを少しずつ明るいところへ移しながら、何日もかかってやっと地上へ連れ出したのです。
 その後、二人のおじいさんは地上の生活にもすっかりなれて、病気一つせずにおだやかな余生をすごしたという事です。
おしまい!


*小話
>オオカミの失敗 一匹の大オオカミが道のまん中で大きな口を開けて、食べ物が飛び込んでくるのを待っていました。
 そこへ向こうから、タッタッ、タッタッと飛脚(ひきゃ)が走ってきました。
「しめた、人間がやってきたぞ」
 大オオカミが口を、ますます大きく開けて待っていると、その飛脚はその口の中へ飛び込んで、腹の中をかけぬけ、お尻からピョイッと飛び出るとそのまま行ってしまいました。 
 大オオカミは、走り去っていく飛脚を残念そうに見つめながら言いました。
「しまった。ふんどしをしてればよかった」
♪ちゃんちゃん
(おしまい)
   メンテ
雨から週が始まる。 ( No.21 )
日時: 2021/01/12 06:38 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

成人式の前日迄に福岡県は雪が降り積もった。
しかし、昨日の成人式には、雪が降らなく、北九州市での成人式は慣行された。
一生に一回しか無い式。
成人式に出席された新成人には式が行われて良かったと私は思う。
コロナ渦では、あるが式を二部制にしたりして人数の制限をしたが、何ヵ月前から貸衣装を予約や借りたり色々準備があっただろう。
特に女子にとっては大事な二十歳。
コロナ渦であっあたが、いつか想い出になると信じたい。
祖母から母、娘と受けつげられた衣装を着た成人には派手な衣装では無いが、落ち着いた衣装で、今度は自分の娘に…となる。
母と娘が嬉しさで泣いていた。
テレビ画面を観て、私も涙が出た。
コロナが流行った都市や県は中止やオンラインで行われた様だが、成人式の代わりと言って良いと思うが、少しでも感染が収まれば今年中に成人式の代わりを考えて欲しい。
ある都市だったか?貸衣装の会社が新成人に式が無かった代わりにと衣装をプレゼントされたとか。
せめての想い出にと、心意気が嬉しい。
1月が成人式ではあるが、成人式は何月でも良いではないか…。
十日に外に出たが、雪で長兄宅から帰宅中に雪で滑って階段で転んだ。
多少、ふらつきの後遺症があるので対処出来なかった(*_*)
左手で身体を庇ったが打ち身や擦り傷をしてしまい絆テープや湿布を貼ったが痛くて一日もがいていた。
昨日は、ホームセンターに電動歯ブラシの換えブラシを3セット店で注文しに出掛けた。
去年迄、マルマンの電動歯ブラシをホームセンターで安価で売っていたのに、何故かあった場所に手磨きの歯ブラシに代わり棚が無くなってしまった。
まだ、本体も壊れてなく、此で捨てるのは惜しく。
予備の本体も未使用であるので買う事にした。
インターネットでマルマンにて買う事も出来るが定価だし、まして送料が掛かるので購入したホームセンターにて注文。
スリッパと練り歯磨きを購入しただけで。
転んだ十日は、スーパーにて、トイレットペーパーと箱テッシュの安売りがあったので次兄の長靴を借り、スーパーに出掛けた。
ホームセンターより、スーパーの品物が紙質が良くて、巻き数が5m多く、客寄せだったが、雪で客は本当に居なかった。
今日は、市の大型塵センターに布団の廃棄を御願いに電話する。
今月に次兄が退院予定?だから新しく姉が布団セットを十日に姪の旦那の車でニトリで買って実家に持ってきてくれた。
簡易ベットの上に敷く為。
簡易ベットは、脳梗塞で私用に買ってくれた物だが、使わす。
まさか、兄が使う事になろうとは(*_*)
ナフコの通販で簡易テーブルは、私が買って上げているからベットから降りずに食事は出来るだろう。
約、4ヶ月の入院。
手術を三回したが、後は手術の傷口が閉まれば退院出来るらしい。
金属が入った足。
仕事も二ヶ月自宅療養してからと思う。
駐車場代も、大家に(日)に行かねばならないし、まだ私に頼まれたのは数多く残ってる。


*日本の昔話
>こぶ取り
★吉四六(きっちょむ)さん★
 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 その吉四六さんの住む村には、両方のほっぺたに大きなこぶのあるおじいさん
が住んでいました。
 そのこぶは、ほうっておいても何の害もないのですが、こぶが気になって仕方のないおじいさんは、そのこぶを治そうとあちこちの医者に診てもらいました。
 しかし、こぶはいっこうに治らず、高い薬代のおかげで家はだんだん貧しくなっていきました。
 それでもおじいさんはあきらめず、江戸(えど→東京都)の名医に診てもらう費用を得る為に、自分の家を売ってしまおうと考えたのです。
 これを知った息子の太郎兵衛は、あわてて吉四六さんに相談しました。
「何とかして、家のじいさまに、こぶの療治をあきらめさせる法はないものだろうか?」
 すると吉四六さんは、にっこり笑って言いました。
「よし、おれに任せろ。明日、おれが行ってこぶを取ってやるからな」
 次の朝、吉四六さんは腰に手オノをさして、手にはざるを持ち、おじいさんの家の前に立って大声をあげました。
「えー、こちらは、こぶ屋です。こぶはありませんか。こぶがあったら高く買いますよー」
 すると思った通り、おじいさんが飛び出してきました。
「こぶを買い取るとは、本当か!」
 すると吉四六さん、とても真面目な顔で言いました。
「はい、わしは昨日山に行って天狗からこぶの注文を受け、こぶ取りの術を教わってきました。おじいさん、あんたのこぶが不用なら、わしに売ってくれませんか。値段は一つ八文だから、両方で十六文だ」
「何と、それはありがたい! こぶを取る為には、家を売ってもかまわないと思っていたところだ。それが十六文で売れるなんて。さあ、早く取ってくれ」
 おじいさんは大喜びで、こぶを売る事にしました。
 吉四六さんはこぶ代の十六文を払うとおじいさんを土間に座らせて、
「ちんんぷいぷい、うんたらかんたら・・・」
と、適当な呪文を唱えながらこぶをなでていましたが、突然、右手に隠していた手オノを振り上げたのです。
 それを見たおじいさんは、びっくりして叫びました。
「吉四六さん! 何をするつもりだ!?」
「何って、この手オノで、こぶを切り落とすんだ!」
「め、めっそうな! そんな事をしたら、命がなくなってしまう」
「かもしれねえが、別にあんたの命がどうなろうと関係ない。ただわしは、こぶだけを買ったのだから」
「吉四六さん、許してくれ! もうこぶは売らない」
「では、こぶがおしくなったのか?」
「うん、おしくなった!」
 すると吉四六さんは、やっと手オノを下に置いて、
「じゃ、今日は止めておこう。だが、こぶの代金は払ってあるのだから、大事にしまっておいて下さいよ」
 そして吉四六さんは、隣にいた息子の太郎兵衛に言いました。
「太郎兵衛、お前が証人だ。おじいさんがこぶを邪魔だと言ったら知らせてくれ。すぐに取りに来るから」
「うん、わかった。じいさまがちょっとでもこぶを邪魔だと言ったら、すぐに知らせるよ」
 それからおじいさんは、こぶを取る事をあきらめたという事です。
おしまい。

   メンテ
眠れない。 ( No.22 )
日時: 2021/01/13 02:03 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

福岡は、雪が、ちらつくが積もるのは山間部。
今迄、降らなかった熊本や鹿児島、宮崎も天気模様で雪が降ると予報。
福岡県のコロナの感染者は、相変わらず200人を超えたり近く迄いく数が毎日。
福岡市と県は、コロナ感染者の数をもう少し観察したいという。北九州も20人を行ったり来たりの数が毎日。
テレビを点ければ必ず、その話ばかり
うんざり。
北九州は、PCR検査を更に多くし、感染者を抑えていると思うが、福岡市だけで福岡県の感染者数を上げている。
知事は、まだ医療に余裕があると言うが残りは、ベット数だけの余裕。
後の項目は、国が決めている数値を超えている。
ステージ4。
看護師や医師が逼迫の治療をして下さってるのに、病院が医療崩壊に近づいていると言っているのに此の国の大将みたいな事を、まだ言っている。
大都市みたいに医療が受けられなくなるのが一番怖い。
愛知3県と同じく非常事態宣言をして欲しい。
経済優先はコロナを抑えてからでも出来る。
福岡市の老舗ホテルが廃業を今月末でする。
ホテル2店もコロナ倒産。
それは、仕方ない事ではない事は判るが、だから経済優先では益々拡がる。
私も15日の金曜日にMRIとか色々な検査がある。
MRIを撮ると先生が強く言う程だから、肝臓含めて、かなり内臓が悪いと思われる。去年の11月に数値が、かなり高いと説明された。
病院での感染が恐いが、病院にて内服薬を貰わないと、私は生きていけない。
だから、皆が医療でコロナ感染が怖いからと控えているらしいが、悪化すると大変だから持病の治療を是非、して欲しい。
私は、脳梗塞や癌の持病がある。

成人式があった当日に女性が飲酒し五倍の数値を超えて、追突事故を起こし逮捕された。
成人になって実名報道されて免許取消と罰金。
まして、数年間は免許取得は出来ない。
それより、家族の悲しみは計りきれないよ。
前科は付くだろうし(:_;)
助手席にも同年代の女性が居たが、彼女も呑んでたそうだ。
また、介護施設の車が逆走みたいなニュースも飛び込んできた。
事故にはならなかったが奇跡に近い。
今はドライブレコーダーがあるから恐ろしさがテレビから伝わってきた!

今日は、四日ぶりに次兄のミライースのエンジンを掛けるか。
病院代も銀行から下ろさないとならない。
ついでに、食事の買い出しもしたい。
つまらないレス…。


*百物語
>子守り娘のお伊勢参り
★徳島県の民話★
 むかしむかし、ある村の油屋に、十三才になる子守り娘(こもりむすめ)がいました。
 ある日の事、この子守り娘は自分が子守りをしている油屋の三才の息子を背負って、こっそり伊勢神宮(いせじんぐう)へお参りに出ようとしたのです。
 けれど家の奥さんに見つかって、取り押さえられてしまいました。
「この子はまだ、わたしのお乳を飲んでいるんだよ。どうしてもお伊勢さんにお参りしたいというなら、お前一人で行っておいで!」
 奥さんは背負われていた息子を取り戻すと、子守り娘だけをお伊勢参りに行かせました。
 ところが子守り娘が出かけてすぐ、どうした事か元気だった油屋の息子が急に死んでしまったのです。
 油屋の主人と奥さんは、泣きながら死んだ息子の葬式を行いました。
 それからしばらくたった、ある日のお昼頃。
「ただいま、戻りました」
 元気な声がして、お伊勢参りに行っていた子守り娘が帰って来ました。
 家の中に入って来た子守り娘は、いつもの様に子どもを背負っています。
 家の主人が背中の子どもをのぞき込むと、なんとその子は、この前に亡くなった三才の息子ではありませんか。
「こ、こ、これは、どういう事じゃ?」
 家の者たちは、あまりの事に言葉もありません。
 そして騒ぎを聞いて、近所の人たちもやって来ました。
 この様子に子守り娘は不思議に思いながらも、背中の子どもをたたみの上におろして、手際よくおしめを取り替えました。
「さあ、気持ちよくなった。ここはあなたのお家よ。ゆっくりおねんねしなさいね」
 子守り娘が子どもをふとんに寝かしつけるのを呆然と見ていた主人は、これが夢や幻でない事に気づくと、村のお寺へと走って行きました。
 そして不思議な出来事を、和尚(おしょう)さんに話しました。
「そう言うわけで和尚さま、すぐに息子の墓を調べて欲しいのです!」
 でも和尚さんは、主人の話を信じようとはしません。
「息子さんが生きていてほしいと願う気持ちはわかりますが、息子さんはあの世へと旅立ったのですよ」
「いいえ、間違いありません。子守り娘が息子を連れて帰ったのです!」
「・・・わかりました。それでは、お望み通りに墓を調べてみましょう」
 そこで和尚さんと主人が息子のお墓を調べてみると、なんとお墓は空っぽで、中には伊勢神宮のおはらいのお札が一枚入っていたという事です。
おしまい。
   メンテ
昨日は、頭が痛かった(:_;)熱は無いが… ( No.23 )
日時: 2021/01/14 03:39 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

つまらないスレに来て頂き寂しい私には嬉しく思います。
毎日、話のネタが無くなって。
偏った私の独り言です。
私も悩みます。だけど、少しだけ、嬉しく思う気持ちの出来事は、昨日の報道です。
やっと政府が、福岡県を緊急自粛宣言に舵を切った事ですが、経済も大事だし、難しいです。
福岡県知事の意向に備わっていませんが?毎日、県内の感染者の数が200人近く出ていて、私の娯楽の1つのradio番組でも危機感が感じ取られるMCの皆さんが訴えていました。
テレビを観ますと緊急事態宣言については、病院や一部の、飲食業の方が賛成の手を挙げていました。
確かに、政府の指示に県民は、反対派は居ます。
インタビューに答えていた、飲食業の人は、宣言が出た以上は従うと言っていましたが、倒産の危機になっている企業は無視をするかも知れません。
自粛の代わりに補償金は高くしてとの声は確かでしたし、国には果たす義務がある筈です。
飲食関係は、此れから倒産の危機に直面します。
が、何とか昔の福岡になる様に、緊急事態宣言と、された都市と福岡県知事が、強く手を結んで県民とコロナを撲滅迄、いかなくても抑えて欲しいし、抑えなくてはなりません。
福岡の経済が破綻します(*_*)
苦しい緊急事態です。
又、コロナ発生源か?判らないままの中国は、新型コロナを撲滅したと言ってました。
確かに、一昨日の、たけしさんのテレビタックルで、上海のマスクしていない街の様子や、日本からの中国で住んでる若い女性が、中国政府の、やり方は日本政府には無理等と笑いながら質問に答えていました。
13日の朝の、日本テレビのNEWS24では、ある中国の省はコロナ感染者が増えて来て、中国の全民代の大会が、去年から開けず、今年の大会も開けない等と流れていました。
日本のテレビで、ニュースが流れる位だから、これが真実と思いました。
WHOの調査団が中国の武漢に調査に入れなく、日本で、一時ニュースになりましたが、やはり中国政府は、何か隠しているのだな?と疑われても仕方ないでしょう。
昨日も、全国ニュースが流れましたが。
ともかく、福岡県が、感染者が、200人近くに到達しなく、今の県の限界?に近い人数近くで、感染が終われば…願うだけです。病院関係の方は少し安心かも知れません。
でも…此れで、とは複雑な気持ちでいます。
私が、好きで、新型コロナに残念ながら感染していた、松村邦洋さんが、元気に退院した(^O^)と昨日の朝のニュースで知りました。
一月一日から、なんと入院していたとは知らなかった。
肺炎になり、後、少しでも遅かったら死を迎える段階だったと医者からの答えを激白(*_*)
彼は、昔、マラソンで心臓発作の持病があったと記憶している。
持病持ちでは、死が近いと、私も彼の話を聞いて思いました。
彼は、東京では、マスクやシールドをして、街中や仕事にと福岡の地元のラジオ局で話していました。
物凄く注意してると。
それほど迄していたのに、感染してしまう。
今日(木)の福岡のラジオ局でのレギュラー。
今は、テレワークでの出演だが、又、彼の愉快な話が聴けると思うと嬉しいp q
今週の(木)の昼からの番組に、リモートですが出演してくれるそうです。
radioが好きな私には楽しみ!です。


*日本の昔話
>左甚五郎(ひだりじんごろう)の竜
☆京都府の民話☆
 むかしむかし、宮津(みやず)地方では、田植えが終ったにもかかわらず一滴の雨も降らなかった事がありました。
 困った村人たちは、
「せっかくの稲が、これでは台無しだ。雨が降らないのは水の神さま、きっと竜神さまのたたりに違いない」
と、成相寺(なりあいじ)の和尚さんに、雨乞いのお祈りを頼んだのです。
 すると和尚さんは一晩中お経を唱えて、仏さまからいただいたお告げを村人たちに教えました。
「何でも、この天橋立(あまのはしだて)に日本一の彫り物名人が来ておるそうじゃ。
 生き物を彫れば、それに魂が宿るといわれるほどの名人らしい。
 その名人に竜の彫り物を彫ってもらえば、それに本物の竜の魂が宿り、きっと雨を呼ぶであろう」
 そこで村人たちが手分けをして探してみると、和尚さんの言う通り、左甚五郎(ひだりじんごろう)という彫り物名人が天橋立の宿に泊まっていたのです。
 村人たちの熱心な願いに、左甚五郎は深くうなずきました。
「仏さまのお告げに、わたしの名前が出てくるとは光栄です。
 わかりました。
 未熟者ですが、やってみましょう」
 しかし引き受けたのは良いのですが、左甚五郎には竜がどんな姿なのかわかりません。
 他人が描いたり彫ったりした竜の絵や彫り物は、今までに何度も見た事があるのですが、しかしそれはその人が考えた竜の姿で、本物の竜ではありません。
「他人が作った物の真似事では、それに魂が宿る事はない」
 そこで甚五郎は成相寺の本堂にこもり、仏さまに熱心にお祈りをしました。
「仏さまのお導きにより、竜の彫り物を彫る事になりましたが、わたしは竜を見た事がありません。
 名人と言われていますが、いくらわたしでも見た事もない物を彫る事は出来ません。
 お願いです。どうぞ、竜の姿を拝ませて下さい」
 そして数日後、甚五郎の夢枕に仏さまが現われて、こう言ったのです。
「甚五郎よ。
 そなたの願いを叶えてやろう。
 この寺の北の方角に深い渕(ふち)がある。
 その渕で祈れば、きっと竜が現れるはずじゃ」
「はっ、ありがとうございました!」
 さっそく甚五郎は案内人の男と二人で、世屋川(せやがわ)にそって北の方へ進んで行きました。
 しかし奥へ進むにつれて人の歩ける道はなくなり、とうとう案内人は怖がって帰ってしまい、甚五郎は一人ぼっちで奥へと進んだのです。
 険しい道でしたが、竜を見たいという甚五郎の心には、恐さも疲れも感じませんでした。
 そしてついに甚五郎は、竜が現れるという、大きな渕にたどり着く事が出来たのです。
 甚五郎は岩の上に正座をすると、そのまま三日三晩、一心に祈り続けました。
(この渕に住む竜よ。一目でよい、一目でよいから、その姿を見せてくれ)
 すると、どうでしょう。
 急にあたりが暗くなったかと思うと、大粒の雨がバラバラと降り始め、渕の奥から大きな竜が姿を現わしたではありませんか。
 竜は口からまっ赤な火を吐きながら、今にも甚五郎に襲いかかろうとしました。
 しかし、甚五郎は逃げません。
 その竜の姿をまぶたに焼き付けようと、まばたきもせずにその竜を見つめました。
 そして竜は真っ直ぐ甚五郎に向かって来て、身動き一つしない甚五郎にぶつかる直前に、すーっと消えました。
 その途端に、甚五郎の全身にあふれんばかりの力がみなぎりました。
 まるで竜の霊力が、甚五郎の体に宿ったかのようです。
「おおっ! 竜を見た! わたしは竜を見たぞー!」
 甚五郎は雄叫びを上げると急いで成相寺に戻り、それから何日も休む事なく、一心に竜を彫り続けました。
 そしてやっと彫りあがった竜が成相寺にかかげられ、雨乞いの祈りが行われたのです。
 すると不思議な事に、今まで晴れていた空が急に曇ると、ザーザーと大雨が降り始めたのです。
「雨だ。雨が降ってきたぞー!」
「竜のおかげだ! 甚五郎さまのおかげだー!」
 村人たちは大喜びです。
 そして今にも枯れそうだった稲も、みるみるうちに元気になりました。
 この事があってから、甚五郎が竜に出会った渕は『竜ヶ渕(りゅうがふち)』と呼ばれる様になり、甚五郎が彫った竜は今も成相寺に大切に残されているそうです。
おしまい。
   メンテ
身体が重いな。 ( No.24 )
日時: 2021/01/15 06:08 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

今日は、月の共立病院の通院日。
病院代で、軽く2万近く飛ぶのが辛い。
色々飲まないとならないから、内服薬が高いのだよな
血液検査、尿検査、体重、脈拍と定番に加え、MRI…。
絶食で行かねばならない。
朝八時から昼二時半には、診察から帰宅かな?
病院嫌いの私には気が重い(-.-;)
昨日、又歯医者のリコールの葉書が来た。
半年に一回の歯の定期的検査。
正社員を馘になり、地元の歯医者で歯を治した医院から。
その歯医者に通った頃は、全ての歯を治すのに春ぐちから、秋になる季節に迄、通院した。
それほど虫歯と歯周病の、なりかけがあった。
ブリッチが外れたので通ったが、全て歯の治療と偽物の歯を入れた。
差し歯でも、インプラントでも無く。
脳梗塞したから、その医院では歯を抜く事が出来ず、共立病院の歯科部で抜いたり縫ったり。
今回で二回目のリコールだが、絶対一回では終わるまい。
本人は何とも無くても、どこかしら歯の修理みたいな事して歯垢を取る。
最低二週間近く掛かり、2万迄いかなくても治療費なるだろう。
商売だから。
虫歯になって通うより、良いのだが、歯医者が一番病院で嫌い(v_v)
来月九日だが、恵み前なる。
それ迄に、お恵みあれば良いが。
何とも無いから、無視しても良いが、今は、幾ら値段が高い練り歯磨きを使って、電動歯ブラシ使っても、虫歯なったりする。
残りの歯で生きて行かねばならぬ。
皆さんは歯医者行けますか?
大人になったから歯の削る針みたいな機械?は怖く無くなったが、口の中は、その人の恥部みたいに感じるので、余り見られたくない。
そろそろ、今日の病院行く準備しようか。リュック背負って…三十分歩いて。


*百物語
>幽霊を背負った若者
☆京都府の民話☆
 むかしむかし、京の町のある墓場に、不思議な墓石が二つありました。
 その一つの墓石は、夜になると青白い幽霊火に包まれます。
 そして、もう一つの墓石は夜になると、
「おそろしや〜、おそろしや〜」
と、女の人の泣き声をはなつのです。
 だから日が暮れると、この辺りには誰一人近づきません。
 ある日の事、若者たちが集まって、
「誰か、あのおそろしい墓石まで行って、不思議の謎を解く者はおらんか?」
と、言いました。
 すると、武芸の心得がある一人の若者が進み出て、
「よし、おれが行こう」
と、さっそく、墓場へ出かけて行きました。
 あたりは真っ暗な上、しょぼしょぼと雨も降り出してきました。
「正直怖いが、何が出ようとも、決して逃げ出してはいかんぞ。わかったな」
 若者は何度も自分にそう言い聞かせて、恐る恐る墓場に入って行きました。
 すると、うわさ通り、
「おそろしや〜、おそろしや〜」
と、墓石から女の人の声が聞こえて来たのです。
 しかし若者は勇気を出すと、その墓石に向かってたずねました。
「一体、何が恐ろしいのだ? よければ、おれがわけをきこう」
 すると墓石から、美しい女の幽霊が現れて言いました。
「はい。
 実はこの世に、勇気のある人がいるかどうかを確かめようと、こうして毎晩出ているのです。
 あなたに勇気があるのなら、あそこに燃えている墓石のところまで、わたしを連れて行ってくださいな」
 たとえ幽霊でも、相手が美人なら怖くありません。
 若者はうなずくと、
「わかりました。では、まいりましょう」
と、幽霊の手を引いて、幽霊火が燃えている墓石まで連れて行ってやりました。
 すると女の幽霊は、
「しばらく、待っていてください」
と、燃えている墓石の中に、すーっと消えてしまいました。
 しばらくすると墓石の中で、何やら幽霊同士の話し声が聞こえてきます。
 やがて墓石から出て来た女の幽霊は、さっきの美人とはうってかわって、見るも恐ろしい般若(はんにゃ)の顔でした。
 さすがの若者も、全身の震えが止まりません。
 女の幽霊は、
「わたしを再び、墓石まで、おんぶしてくださいな」
と、若者の首に、氷の様に冷たい手を巻きつけてきました。
 若者は怖さのあまり、気を失いかけましたが、
(ここで気を失っては、男の恥! しっかりするんだ!)
と、勇気をふりしぼって、幽霊を背負いました。
 やがて元の墓石に戻って若者が幽霊をおろすと、幽霊は元の美人に戻って言いました。
「ありがとうございます。
 あなたの様な勇気のある人に会う事が出来、もう思い残す事はありません。
 さあどうぞ、この袋をおとりなさい」
と、若者に小さな袋を手渡して、墓石の中に消えてしまいました。
 若者は急いで仲間のところに駆け戻ると、さっきの墓場での出来事を話して、幽霊からもらった小さな袋を開けてみました。
 するとその袋の中には、金貨や銀貨が何枚も入っていたという事です。
おしまい。

   メンテ
私の一番のラジオ局 ( No.25 )
日時: 2021/01/16 08:08 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

昨日の地元のラジオ局での、松村邦洋さんの声を聴き、リスナーからの、元気な身体でコロナの反響は凄かったと思うとradio聴きながら泪が自然に出た。
地元radioと言ってるが、私が持っていない、スマホの、ラジコで聴けます。
九州朝日放送の、PAO-Nです。
毎週(月)から(金)の午後一じからです。
一週間以内なら聴けます。
九州一!面白い番組です。
補償しますよ(^O^)
おカネないけど…


*百物語
>佐野の舟はし
☆群馬県の民話☆
 むかしむかしの平安の頃、上野国群馬郡(かずさくるまのこおり)は佐野(さの)
というところに、烏川(からすがわ)をはさんで東に朝日の長者、西に夕日の長者と呼ばれる長者がいました。
 この二人の長者は、とても仲が悪かったそうです。
 さて、朝日の長者には那美(なみ)という娘がいて、夕日の長者には小治郎(こじろう)という息子がいました。
 ある時、二人は烏川のほとりで出会い、そしてお互いに一目ぼれをしました。
 朝日の長者側の佐野の里人と、夕日の長者側の片岡の里人は、間を流れる烏川に舟橋(ふなはし→多くの船をならべて作った橋)をかけて往来しています。
 しかし夜は橋を渡る者はなく、那美と小治郎は時をしめし合わせては、この舟橋の上で会っていたのです。
 ある日の事、息子の不審な行動に気がついた夕日の長者は、恋の相手が向こう岸の長者の娘であると知ると、小治郎を一歩も外に出られない様にしてしまいました。
 閉じ込められた小治郎は、父親に言いました。
「両家の仲たがいの、元々財力の競合い。
 里人たちは、そんな両家を笑っております。
 わたしと那美どのが結ばれれば、両家のしこりも解けるではありませんか」
「ええい、生意気を言うな!」
 夕日の長者は、小治郎を外に出そうとはしませんでした。
 一方、那美はいつもの時間になると屋敷を抜け出して、小治郎がやって来るのを待ちました。
 しかし小治郎は、やって来ません。
「小治郎さま、一目でもお逢いしたい」
 那美は小治郎の家に行こうと、橋を渡り始めました。
 そして川の中程に、さしかかった時の事です。
「あっ!」
 那美は小さな悲鳴とともに、烏川に飲み込まれてしまいました。
 舟橋の橋板が何者かによって、はずされていたのです。
 その頃、小治郎がまんじりともせず那美の事を思っていると、風もないのに灯りがふっと消え、一瞬悲鳴を聞いた様な気がしました。
「那美どの!」
 妙な胸さわぎとともに、小治郎は戸を蹴破って舟橋に駆けつけました。
 するとはずれた橋板の上に、那美のぞうりが片方残っていました。
 これを見て、全てをさとった小治郎は、
「那美どの。死の国への旅を、一人で行かせる様な事はしません」
と、烏川に身を投じて、那美のあとを追ったのでした。
 さて、この心中の後、舟橋には夜な夜な男女の幽霊が出没するようになり、誰一人舟橋を渡る者がなくなってしまいました。
 その後、旅の僧がこの二人の為に観音像(かんのんぞう)を刻んで供養を行ってからは、幽霊が出る事はなくなり、舟橋は元のにぎわいをみせました。
 しかし、那美と小治郎の悲恋(ひれん)は都の歌人の心を引きつけ、今でもこんな歌が残されています。
♪かみつけの、佐野の舟橋とりはなち
♪親はさくれど、吾(あ)はさかるがへ
おしまい。
   メンテ
案外、病院から帰宅後、身体の調子が悪い。<br>コロナに掛からぬ様にしないと ( No.26 )
日時: 2021/01/18 08:04 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

&#65533;昨日は、大型ごみ、市から指定された場所に掛け敷き布団、毛布を巻き付け市の廃棄シールを貼り、今日の朝に出さないといけなかったが、口煩い二号室の、くそばばあに監視ながら棄てた。(−_−メ)
家庭ごみもある中に、まとめて大きな廃棄物を一人で捨てるのは大変なんだ。
ちゃんと、市に廃棄物を電話で連絡してるし文句を言われる筋合いはない筈だ。
又、今日から、新しい週が始まったが、今月に退院予定の次兄は、何日になるか気になる。
米代も、トイレットペーパーと洗濯洗剤、ティシュペーパー、練り歯磨き等が不足で、次兄から金を財布から借りた。
姉には、連絡したが、何故、そんなに必要なのか?と言われても、今回は、MRIの検査を余分に診療したので、予定より一万掛かり、それが不足になった。
生活日用品は幾ら節約しても限界がある(:_;)
新聞代を二ヶ月、団地の共益費二ヶ月、次兄の駐車場代も三月迄、昨日、(日)に歩いて持って行った。
まだ、駐車場前の道路工事の連絡が市から来ないので聞きに訪問したが、御主人が不在の為に聞けなかったた。
それなり、言われた事は守り、私は、やっているが、どうしても病院代で、遣り繰りが難しいのを姉は、只、私が無駄使いをしてると感じてるのか。
大型ごみも私が手出しして色々しているのだが。

嬉しい事に、長兄が昨日、夕方にカンチューハイ二本と日本酒及び、竹輪、モツの煮物と刺身を私に恵んでくれた。
有り難く心意気に感謝しますと頭を下げて、刺し身と竹輪を昨日の夕飯として召し上がり、モツの煮物は、冷蔵庫に入れて入るので、今日の晩御飯としたい。
皆からのお恵みでインスタント袋麺を五組の種類が違う種類を二袋買ったり、冷食や玉子丼を買ったりした。
節約してるのに、姉に昨日、理解されないのが辛かった。
MRIの結果は余り良くなく、両方の腎臓の中に石灰石が大きく出来ていたり、脳の血管が細いと首の血管検査で判明。
心臓も不整脈があったりと良くない結果は兄弟には報告していない。

昨日、来年の年賀状を出す為に、駐車場の大家の住所を訪問し調べた。
年賀状、誰も兄弟は出さないから私が、ワープロで作成するしか無いんだ。
どうかして、この場から抜け出したい。


*日本民話
>桃の汁
☆岡山県の民話☆
 むかしむかし、山へしば狩りに行ったおじいさんは水筒を家に忘れたので、のどがカラカラに渇いてしまいました。
「あー、どこかに水はねえかな」
 おじいさんが辺りをキョロキョロと探していると、向こうに一本の桃の木があって、おいしそうな桃の実がたくさん実っていたのです。
「こいつは、助かった。さっそく、桃を頂こう」
 おじいさんがその桃を一かじりすると、不思議なほど力がわいてきました。
 おかげでしば狩りもすぐに終わり、おじいさんは軽い足取りで家に帰りました。
「ばあさま、ばあさま。今、帰ったぞ」
「はい、お帰りなさ・・・・・・」
 おばあさんはおじいさんを見て、不思議な顔をします。
「あなたさまは、どこのどなたさまですかの?」
「ああ? 何を言うておる。わしじゃ、じいさまじゃ」
 それを聞いて、おばあさんはびっくりです。
 そう言われれば確かに、目の前にいるのは、おばあさんがお嫁に行った頃の若いおじいさんでした。
「あれ、じいさまが、むかしのじいさまになってしもうた」
「むかしの?」
 そこでおじいさんが水がめの水に自分の姿を写してみると、おばあさんの言うように若い頃の自分がいたのです。
「これは、たまげた。さては、あの桃は若返りの桃じゃったか」
「若返り?!」
 おじいさんから桃の話を聞いたおばあさんは、目を輝かせて言いました。
「そんな結構な桃があるなら、わたしも行って食べてきますで」
 おじいさんに教えてもらった場所へ行ってみると、確かにおいしそうな桃がたくさん実っています。
「これが、若返りの桃か」
 おばあさんはその桃をもいで、さっそく一かじりしてみました。
 すると急に元気が出てきて、体のしわがみるみる消えていったのです。
「若返った! 若返ったよ!」
 喜んだおばあさんは、夢中で桃を食べました。
 さて、家でおばあさんの帰りを待っていたおじいさんは、おばあさんがいつまでたっても帰って来ないので心配になりました。
「ばあさま、どうしたんじゃろう? 道でも、迷ったかな?」
 そこでおじいさんは、おばあさんを迎えに行きました。
「おーい、ばあさま! どこへ行ったんじゃ?」
 すると、桃の木の下で、
「おんぎゃー、おんぎゃー」
と、可愛い女の赤ちゃんが泣いていたのです。
 それを見て、おじいさんは全てをさとりました。
「やれやれ、ばあさまのやつ、欲張りおって」
 おじいさんは仕方なく、赤ちゃんになったおばあさんを抱いて帰りました。
おしまい。


*小話
>貧乏神へのごちそう
 あるところに、貧乏(びんぼう)な男がおりました。
 年ごとに貧乏になるので、
「これは、貧乏神にごちそうでもすれば、少しは貧乏でなくなるかもしれん」
と、自分の食べる分も食べずに、男は食べ物を貧乏神のところに差し出しました。
 ところが前にもまして、ますます貧乏になる一方です。
 腹を立てた男は、
「これ、貧乏神よ。こんなにごちそうするのに、何が不満でますます貧乏にするんだ!」
と、大声で怒鳴ると、貧乏神が言いました。
「いや、あまりにも居心地が良いので、女房や子どもらも連れて来たんだ」
♪ちゃんちゃん
(おしまい)。
   メンテ
コロナも大変だがインフルにも気を付けて… ( No.27 )
日時: 2021/01/18 22:13 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

&#65533;皆様、どうか健康管理を。
私は、昨日から、本当に、体調がおもわしくない(*_*)
ふらつきがひどくて、すぐ座り込みます。
又脳の、どこか、違う血管の、場所に血栓が出来ていないか?それが一番不安なんです。
脳梗塞の再発に恐怖心が強い。金曜日に、病院に歩いて行く時に蛇行して歩いているような感触。
共立病院の担当医に、その旨を伝えた。
個人の脳神経病院から転院したが、それきっり脳の写真を撮っていない。
先生も把握していたが、後一回通院時に、そんな症状が出たら考えると言われた。
金曜日に、病院から帰宅時に目眩がして転んだ。
すぐには立ち上がる事は出来なく寝転んでいた。
着ていたジャンバーは、土で汚れて擦れました。
履いてたジャージのズボンも擦れて破れはしなかったが白くなり糸ほずれを起こした。
ズボンを、洗濯したが、そこは白く擦れたままいままでした。
どうしても用事がありますので、行かなくなり、ふらつきながらも、家から100円SHOPやスーパーに買い出しに出回った。
ホームセンターでは、洗濯洗剤や大きめの家用市の指定庭ごみ袋、ゆめつくし米10キロと、自宅に戻り直して、スーパーではインスタント食品やチルド&冷食、節約の為に約六キロを歩いたり、駐車場払いと自宅に帰りましたが、夕方から頭が痛くなって。
軽く風呂に浸かり疲れを取ったつもりだが、睡眠に入れず、睡眠導入剤一錠の処を二錠服用する。
勿論、癌の薬や脳の薬等と時間を開けて。
熱は、出ていなく水銀式の体温計しか無いが計ると、36.2℃しかなく、コロナとは関係ないと信じたいが、二..三日様子を見ないとならないだろう。
病院と買い出し以外、不要な外出や外食は、しておりませんがコロナの感染力が怖い。
家に居るときは、少しだけたが、サッシの隙間を開けて空気を入れ換えている。
全開迄しなければならないが余計に外気が入り、風邪か?判らないが更に異常をきたさない為にしかたないのだ。
市販薬の風邪薬は飲んでるが効くか?
金曜日の診察の時に、医師から『風邪薬が貴方にあっていないかも知れないと。副作用みたいな現象。
どうしても風邪薬を服用するならば他の製品にしなさい!』と注意された。
無くなり次第に考えないとならない。
今日、月曜からは、起きる事が出来ずに夜中に続いて布団で寝て、一切夕方まで食事を摂る事なく、携帯ラジオを聴いて寝ておりました。
風呂にも入れず。
100円SHOPに行ったのは、両親が眠る仏壇に灯す蝋燭&線香とマッチが必要でした。
今日月曜日は、家の中でも歩いてトイレ行くのが辛いのです。
這っていかないと戻しそうなんです。
立てない!脳梗塞を発症した、あの時と同じ。舌も回らない


*世界の昔話
>ホジャおじさんのこの世の終わり
☆トルコの昔話☆
 むかしむかし、トルコの国に、ナスレッディン・ホジャと言う、とても変わった人がいました。
 このホジャおじさんには、我が子の様に可愛がっている一匹の子ヒツジがいました。
 ある日の事、いたずら好きな若者が、この子ヒツジに目をつけて仲間に言いました。
「ホジャをうまくだまして、あの子ヒツジを料理して食う事にしようぜ」
「そりゃあ賛成だ。だが、誰がホジャをだますんじゃ? あいつはあれで、なかなかの知恵者じゃぞ」
「まかしとけ! そいつはこのおれが引き受けた。以前の恨みを晴らしてやる」
 いたずら好きな若者は、そう言いました。
 実はこの若者、子どもの頃にホジャおじさんと『だまし勝負』でだまされた少年です。
 そして若者たちはホジャおじさんの所へ行くと、まじめな顔で言いました。
「のう、ホジャ。お前は知ってるか?
 町の聖者さんの話だと、あと二、三日で、この世の終わりが来るそうじゃ。
 どうせ世の終わりが来るなら、今のうちに良い思いをしておいてはどうだ?」
「おお、この世の終わりなら、確かに良い思いをせんとな」
「じゃろう。そこでさっそくじゃが、みんなでお前の子ヒツジを食う事にせんか?」
「それは駄目じゃ! こいつを食うなんて、とんでもない!」
 ホジャおじさんは断りましたが、周りからみんなが頼むので、仕方なくホジャおじさんも承知して、明日、若者たちに子ヒツジをごちそうする事にしたのです。
 次の日、若者たちがホジャおじさんの家にやって来ると、さっそくホジャおじさんが料理のたき火を始めました。
 それを見た若者たちは大喜びで、
「よし、料理が出来るまで、みんなで遊ぶとしよう」
と、上着を脱ぎ捨てて、遊び始めました。
 しばらくすると料理の良い匂いがしてきたので、若者たちはたき火の周りに集まって来ました。
 ところが、どうでしょう。
 さっき脱ぎ捨てた上着が、どこにも見当たりません。
 見ると、上着はたき火の中で黒こげになっています。
「誰だ! 誰がやったんじゃ!」
 すると、ホジャおじさんが言いました。
「わしだ。それがどうかしたのか?」
「どうかしただと? もうすぐ寒い冬だぞ。上着がなくては冬が過ごせん。どうしてくれるんだ!」
 若者たちが詰め寄ると、ホジャおじさんは涼しい顔で言いました。
「みんな、何をそんなに怒っておるんだ。明日はこの世の終わりじゃろ。明日で終わるのに、冬が来るはずないだろうが」
「そっ、それは・・・」
 若者たちは、何も言い返せませんでした。
おしまい。


*日本民話
>和尚さんの三つの忠告
☆山口県の民話☆
 むかしむかし、あるお寺に、和尚さんと小僧が住んでいました。
 ある日の事、小僧が修行の旅に出る事になり、それを見送りに行った和尚さんが小僧に言いました。
「小僧よ。途中でどんな事があっても、柱のない家に宿をとるでないぞ」
(柱のない家? そんな家なんかあるものか)
 小僧はそう思いましたが、
「はい、分かりました」
と、返事をして旅立とうとすると、さらに和尚さんが言いました。
「旅に出て宿をとった時、亭主よりも女房の方が大事にしてくれる家には気をつけるんだぞ」
「? ・・・はい、分かりました」
 意味がよくわかりませんが、小僧が返事をして旅立とうとすると、また和尚さんが言いました。
「ネズミと言うやつは年を取ると『こうすい』と言う化け物になって天井裏にひそみ、人を捕って喰うそうだ。
 天井裏がゴソゴソ言ったら、くれぐれも気をつけるんだぞ」
「はい、分かりました」
 小僧はそう言って、やっとお寺を出て行きました。
 小僧が峠道を歩いていると、突然の夕立が降ってきました。
「大変だ! どこかに雨宿りが出来るところは?」
 小僧が周りを見渡すと崖の土をかき出して作ったほら穴があったので、小僧は雨が止むまでほら穴で雨宿りをする事にしました。
 その時ふと、小僧は和尚さんの言われた事を思い出しました。
「和尚さんは『柱のない家に宿をとるな』と、言われていたな。このほら穴を家と考えると、ここは柱のない家じゃないか」
 そこで小僧がほら穴から飛び出すと、そのとたんにほら穴の天井が『ズドーン!』と崩れ落ちたのです。
 もしも飛び出すのがもう少し遅ければ、小僧は生き埋めになっていたでしょう。
「和尚さま、ありがとうございます」
 小僧はお寺の方角に手を合わせると、また旅を始めました。
 その日の夕暮れ、小僧は一軒の家に泊めてもらう事になりました。
 その家の女房は小僧の為にお風呂をわかしてくれたり、ごちそうを出してくれたりと、とても親切にしてくれます。
 でも亭主は囲炉裏(いろり)にあたっているばかりで、小僧の方を見ようともしません。
 小僧はふと、和尚さんに言われた事を思い出しました。
「和尚さんは『亭主より女房の方が大事にしてくれる家には気をつけろ』と言っていたが、この家の事かな?」
 そこで小僧は布団に入ると、用心深く辺りを見回しました。
 すると天井の板に丸い穴が開いていて、それが寝ている自分の心臓の真上だと気づいたのです。
「どうも、不自然な穴だ」
 小僧はふとんの中に枕を入れると人が寝ている様なふくらみを作って、自分は用心の為に部屋のすみで寝ました。
 その真夜中の事、その天井の穴から槍が飛び出してきて布団を突き刺したのです。
 この家は旅人を殺して金品を奪う、盗賊の家だったのです。
 命拾いをした小僧はあわてて逃げ出すと、お寺の方角に手を合わせました。
「和尚さま、ありがとうございます」
 次の日、小僧は一軒の古寺を見つけて、そこで一晩を過ごす事にしました。
「ここなら柱もあるし、亭主も女房もいないから大丈夫だろう」
 小僧が安心して寝ていると、天井裏で何かがゴソゴソとはいずり回り、今にも襲いかかってきそうな気配です。
 小僧はふと、和尚さんに言われた事を思い出しました。
「和尚さんは『ネズミは年を取ると『こうすい』と言う化け物になって天井裏にひそみ、人を捕って喰う』と言っていたな。
 もしかすると、これが『こうすい』という化け物か?
 もしそうなら、こうすいはネズミが化けた物だから、ネコを怖がるに違いない」
 そこで小僧は、
♪ニャーオ
♪ニャーオ
と、ネコの鳴き真似をしました。
 すると天井裏にひそんでいた物は、『チュー!』と悲鳴を上げてどこかへ逃げて行きました。
「やっぱり、こうすいだった」
 小僧はお寺の方角に手を合わせると、
「和尚さま、ありがとうございます」
と、言って、旅を続けました。
 こうして和尚さんの言われた言葉で三度も命を救われた小僧は、無事に旅を終えて再びお寺に帰る事が出来たのです。
おしまい。
   メンテ
体調不良とスレも満杯近くになり面白くないと思いますので暫くレス中止を致します。 ( No.28 )
日時: 2021/01/19 05:11 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

私のレスを観て、又、心配してくれた方が居らっしゃるかも知れません。m(__;)m
なんとか寝付きが悪くても少しだけ睡眠が取れたのと水銀式体温計で計りました処、36.4℃で体温が上がる訳でもなくダルさが残っています。咳も出ずインフルエンザに似た感染したのかも知れません。
只、筋肉痛が激しく、今日は、一日、布団でくるまり、アイスノンみたいな品物で頭を冷やして回復力に期待します。
コロナで無いと信じたい。
此の為に、考えた末に、wagonのくだらないスレは暫くレスを止めたいと思います。
知覚障害とかないのですが油断はならないのと、残念ながら此のスレも私の携帯ではアクセスが満杯になってきていると思います。
黙ってレスを止めますと、もしかしなら心配をしてくださる方が居るかも。
体調が戻り次第、又、読んでくだされば嬉しいです。
右手の親指が硬直して昔話にも倍の時間が掛かりまして前みたいにレスを今現在、大変苦しくなっております。
昨日、体調が悪い中、電動歯ブラシの換えを二本組を三本セットがナフコホームセンターから入荷の連絡があったので只、それだけ取りに参りました。
一セットが285円でしたか?
三セットを買わなくて千円もしません。
LION等の電動歯ブラシより12000回転軸あり、本体も五百円のワンコインで購入出来ます。
中国製ですが、ライターで二本で有名なマルマンですから信頼は、おけるとwagonは思っています。
もし、量販店で見つからなかったりして注文出来ない時は『マルマン電動歯ブラシソニック』と検索したら購入サイトが見つかります。
是非、歯を手磨きの方は一度、使ってみると口のさっぱり感が違います。
高い電動歯ブラシ買えない方は、是非使ってみたら時間も短縮になりますよ。
何万も高い電動歯ブラシありますが、此のマルマン電動歯ブラシソニックシリーズは、今、流行りの音波電動です(^O^)
別にオムロンの電動回転歯ブラシも安価なタイプを、私は今もありますが換えブラシが二千円もしますのでコスパ的に安くなり、歯に振動が強く伝わらないため詰め物の歯には優しく磨けます。
確か本体に黒、黄色、ピンク、青と色分けされていますので間違えて家族間でも使用出来ます。
青とピンクは量販店や薬局、ドラッグストアーで注文出来ます。
他の色はサイトに注文しないと。
送料と定価でサイトでは掛かりますので、お店に注文したらお得になります。
必ず店内に在庫無くても注文したら買えます。
是非、お試し下さいo(^-^)o
買って損はしません。

昨日、皆さん、此の国の大将が政権挨拶をしましたが、コロナウィルスが、収まった話しはありましたが現在のコロナ感染の話しは七分でした。
どの様に皆様は思われたか判りませんが、期待が出来ない政権を露にした感じをwagonは感じましたが、皆さんは、どう感じましたか?
wagonはGOTOが、やはり感染拡大の原因と今も思っています。
その話を一切認めない首相。
残念であり、拡大は益々の拡がりを見せるだけです。
新型コロナウィルスの変異も見つかりました。
一段と注意する様にして下さいね(^O^)/


*世界の昔話
>ウサギのお嫁さん
☆グリム童話☆
 むかしむかし、ウサギがキャベツ畑に、ピョンピョンピョンと、はねながらやって来ました。
「しっ、しっ。キャベツを食べてはだめよ」
 女の子が手を振ると、ウサギは短い尻尾を振って言いました。
「おいで、かわいい女の子。わたしの尻尾へ乗って、わたしのお家へいらっしゃい」
「尻尾に、乗っていいの?」
「もちろん、さあ、しっかりつかまりなよ」
 女の子が尻尾につかまると、ウサギはピョンピョンピョンと畑をよこぎって、ウサギの家にやって来ました。
 そしてウサギは、女の子を台所へ入れました。
「かわいいわたしのお嫁さん。キャベツで、お料理をつくっておくれ。わたしは、友だち呼んでくるから」
 ウサギはうれしそうに、長い耳を振りながら出ていきました。
 間もなくウサギは、大勢の友だちを連れてきました。
 カラスの牧師(ぼくし)さんも、黒い服を着て来ました。
 ウサギが、女の子を呼びました。
「かわいいわたしのお嫁さん。お客さまが、おそろいだよ。出ておいで」
 それを聞いた女の子は、シクシクと泣き出しました。
 ウサギのお嫁さんになるのが、嫌だからです。
 ウサギが、また女の子を呼びました。
「お嫁さん、お嫁さん。お客さまが待っているよ。はやく出ておいで」
 女の子は小さなイスに、自分のボウシをかぶせました。
 そして自分の服も、着せました。
 自分のクツしたも、はかせました。
 女の子は、自分の身代わりを作ったのです。
 そして女の子は、裏口からコッソリと逃げ出しました。
 ウサギが、また呼びました。
「お嫁さん、お嫁さん。あんまりおそいと、お客さまはお帰りだよ」
「・・・・・・」
 返事が、ありません。
 ウサギは、台所へ行きました。
「はやくしなよ。はやくしないと、だめだよ」
 ウサギはトントントンと、お嫁さんのボウシをたたきました。
 するとボウシが、ポトンと落ちました。
 服も、スルリと脱げました。
 そこにあったのは、女の子のクツしたをはいたイスだけです。
「ややっ。お嫁さんに、逃げられてしまったよ」
 ウサギは結婚式に来ていた友だちに、笑われてしまいました。
おしまい。


*イソップ童話
>逃げたカラス
 ある人がカラスを捕まえたので、足にヒモをつけて自分の子どもに飼わせました。
 けれども、カラスは人間に飼われるのが嫌でたまりません。
 それで、ちょっとしたすきに逃げ出して、自分の巣に帰りました。
 ところが足についていたヒモが木の枝にからみついて、もう飛び上がれなくなってしまいました。
 これでは、飢え死にするしかありません。
「まったく、ついてないなあ。あのまま人間に飼われていれば、一生食べ物に不自由しなかったのに。これがこうして、飢え死にする事になるとは」
 これは、考えなしに行動すれば、小さな危険から逃れようとして、もっと恐ろしい危険に飛び込む事があることを教えています。
おしまい。
   メンテ
Re: kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店 ( No.29 )
日時: 2021/01/19 09:26 (spmode)
名前: ワシモ(化石)

wagonさんへ

いつも色々な物語を楽しませて頂きありがとうございます。

不安な夜でしたね。

ウイルスは目に見えないですので怖いですね。

wagonさんの血圧とかは安定していますか?

私は寒いところから急に暖かい場所に行くと動機したり目眩というかフワフワします。
血圧が急上昇しているのかな?とおもいます。

気温の急激な変化で体調も崩しやすいですので、無理なくお過ごし下さい。

お大事にして下さいね。

   メンテ
御気遣い有難う御座います(^人^) ( No.30 )
日時: 2021/01/19 10:31 (m0sacloud)
名前: wagon ◆td.8hEPz4iE

(spmode)
ワシモ(化石)さん、御返事のレス大変ありがとうございます<(__)>
私の、しょうもない昔話にも、楽しみにアクセスして戴き読んでくださってる事には嬉しく、レスをする気力となります。
雑学はネタ切れに近いので、昔話は、かなりストックがありますので皆さんに紹介出来ると自負しています。
私事ですが、地元放送局にも、子供達の為に、日本昔話が増えてきています。
テレビ放送が終了した為だと思います。

共立病院通院時から、酒に酔った様な歩道を右左と蛇行する歩き方になり、倍の時間掛かり病院に到着しました。
レスをした通りでした。
心配有難う。
熱は無く、味の感触もありますので、風邪かインフルエンザかも知れません(*_*)
不安な気持ちを、おわかりありがたいです。

近くの薬局が開店後の筈なので、風邪薬を購入しに何とか出掛ける事に致しました。
風邪薬皆無ですので、只、寝てても駄目だと思います。
食事も欲しくなく、今日は風呂も禁止で汗を出して治すしか手立てがありません。
なかなか、近くの病院にも、このせちがら行けませんから((T_T))
私の、かかりつけ医は、入院したアノ病院ですが、歩けないのです。
タクシーさえキツくあげてしまいそうでf^_^;汚い!
どんなウイルスも、目に見えないから本当に恐いです。。
通院時は、血圧は安定していました。

ワシモさんも浴室から居間に移動する時は、まだ暖房が必要です。多分、血圧が急上昇、降下しているかも知れません。
心臓や脳に、かなりの負担が掛かりますので、どうか、お気をつけください。

二、三日養生すれば…。
大変な気遣い有難う御座いました。
   メンテ
Re: kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店 ( No.31 )
日時: 2021/01/20 03:30 (spmode)
名前: ワシモ(化石)

wagonさんへ

体調が思わしくないのに丁寧なお返事を頂き誠に申し訳ありません。

早く症状が軽くなるといいですね。

wagonさんのお身体の負担になりませんように、返信など気になさらないで、今は治すことに専念して下さいね。

私にまで、きめ細やかなお心遣いありがとうございます。
私も気を付けたいと思います。


   メンテ

Page: 1 |


新着スレはこちらより

新着スレッド一覧
RSS2.0 トピックス 作成者 返信 参照 最終更新
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板アンダーアーマーか◆XFHdPNZtuNQ7111462021/09/21 15:22
by か◆XFHdPNZtuNQ
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板この世界は地獄腹黒い悪魔4221602021/09/21 12:19
by 腹黒悪魔
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板まいさんへ(´・ω・`)かゆがも954342021/09/21 07:23
by miki
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板あかねらーぶドスケベ大魔王1632021/09/21 00:40
by ドスケベ大王◆0zIT9zte3K6
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板迷路803882021/09/21 10:04
by 雨
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板不健全根暗ちゃん6542021/09/20 21:48
by 根暗ちゃん
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板タイが靴を履くと? NO2yamaneeko283912021/09/20 20:56
by アジテイター
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板初冠雪あつみ◆xkxhsmLBEHQ363882021/09/21 15:58
by あつみ◆xkxhsmLBEHQ
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板曇り空Towa593432021/09/21 16:51
by Towa
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板2021 かゆがもさんへボノ786382021/09/20 10:22
by ボノ
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板風の仲間達417252021/09/20 02:40
by えびごん
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板まだいるかな?ツナ缶21992021/09/19 12:17
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板マイマイ雑談掲示板マイマイ102622021/09/18 16:15
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板No Life No Fun Notenki。くまっっこ91562021/09/18 15:08
by アジテイター
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板Four seasonsテツヤ8418272021/09/15 18:49
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板おい管理人おい管理人51842021/09/14 15:54
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板Re: 頭が固い?匿名0982021/09/13 11:52
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板kuronekokoneKo kaiの昔ばなしの御話し純喫茶店 6wagon ◆td.8hEPz4iE163392021/09/13 05:04
by wagon ◆td.8hEPz4iE
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板人に言えない性癖教えてください瓜坊(本物)0762021/09/11 09:58
by 瓜坊(本物)
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板寝れない人 雑談しましょ遊梨8821942021/09/10 21:05
by マイマイ
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板yamanekoのハンネeが一つ多くねw 歳でボケたか?匿名41382021/09/10 10:20
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板メルカリ0822021/09/08 17:34
by や
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板ムームさん。華菜さん。私輝樹でお話をします。他の方もどうぞ。輝樹8932822021/09/06 21:52
by 輝樹
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 キモい11462021/09/03 15:41
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板毎日暇すぎて何もやることがない人のスレ匿名11632021/09/01 20:57
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 成仏した? YES! 万葉は死にました!62782021/09/01 16:54
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉の墓はどこですか? 誰も興味なしかわいそうな万葉01212021/08/31 19:30
by かわいそうな万葉
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉LOVE dion匿名こいつも無職で障害年金で暮らしてるキモい11512021/08/31 14:10
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 誕生日おめでたくない 生まれてこなければ良かったのに万葉は害悪52202021/08/31 13:37
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板無駄スレたてるなよ!犯罪者、おまえの居場所はどこにもない消えろ、万葉52472021/08/31 13:10
by さよなら万葉
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板老猫コロナ禍で看護師に暴力振るうのは当たり前と問題発万葉は害悪11652021/08/28 17:30
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板小遣いと障害年金を道楽に使う 生きてるだけ無駄万葉は害悪11472021/08/28 17:02
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板あつみを障害者だと馬鹿にする万葉匿名11592021/08/28 13:03
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉は散々相談にのってもらったのにあつみを馬鹿にする匿名21712021/08/28 12:33
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 顔もブサイク ヴィトン似合わねーw匿名41952021/08/28 11:48
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉の命は1円玉より軽い 無駄しか生まない万葉は害悪21492021/08/28 11:32
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板テツヤ、万葉あつみLOVE 二股かける 万葉はあつみを馬鹿匿名01132021/08/28 11:07
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉面倒見てくれた看護師を蹴り飛ばす 卑劣な女万葉は害悪01252021/08/28 11:01
by 万葉は害悪
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 ヴィトンは買うのに参考書代をケチる 馬鹿すぎ万葉は害悪01112021/08/28 10:59
by 万葉は害悪
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板自分で働いたこともない親からお金を巻き上げ500万円の貯金万葉は害悪01042021/08/28 10:58
by 万葉は害悪
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉が居なければ新たな命が奪われることはなかった万葉は害悪01322021/08/28 10:54
by 万葉は害悪
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉働かず親の金で男と遊ぶ働かず貯金500万親の金と年金匿名01372021/08/27 23:30
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉撲滅会 赤ちゃん殺し 泥棒匿名01132021/08/27 23:28
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板Re:覚えててくれているかな翠雨a4425962021/08/27 17:58
by 葉那
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板8歳児ぐらいの子供の体になりたい絶望者105022021/08/27 14:43
by 絶望者
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板被弾匿名234782021/08/27 12:38
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板Let's talk 「210」Joker7025672021/08/26 13:02
by Joker◆EBs0RAiv6XY
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板グラビモスの日常グラビモス21662021/08/26 01:01
by グラビモス希少種
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉容疑者の罪は赤ちゃん殺し障害年金不正受給、蔑視2度と来るなよ!22232021/08/25 20:24
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板楽しいことグラビモス希少種11682021/08/25 02:11
by グラビモス希少種
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板ジム悩み日向坂4611832021/08/23 23:48
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板悠貴との雑談スレマサ292542021/08/23 21:49
by 悠貴
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板dion匿名ニート、万葉LOVE どういう関係?匿名22012021/08/23 17:42
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉は人生舐めている、親の金で男と遊びまわるアスペ万葉31922021/08/23 17:37
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板せいぜい親からのお小遣いと障害年金で遊んで暮らせ!2度と来るなよ!万葉11832021/08/23 17:09
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板やっと掲示板から去った万葉容疑者2度と来るなよ!11802021/08/23 16:36
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板デブとか見た目で人を判断するな中身がない人に言う資格なし万葉62712021/08/23 03:55
by くまっっこ
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板俺のちん〇しゃぶってくれる女性募集します!日雇い(いのしし)82732021/08/22 23:23
by 、
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板日雇い(いのしし)au-net 警察に通報します。匿名32012021/08/22 20:57
by 、
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板瓜坊と一緒に創価学会に入ります匿名01852021/08/22 18:11
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板kuronekokoneKo kaiの昔ばなしの御話し純喫茶店 5wagon ◆td.8hEPz4iE265722021/08/21 07:02
by ↑
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板SPの糞袋に告ぐ瓜坊◆AEGPUY5AAUc53682021/08/20 18:00
by うり君 全般に
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板ヤマネコの看護師を蹴るの当たり前発言!こいつ何時代の人間?匿名72492021/08/20 06:30
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板障害者を馬鹿にしたことも謝罪しろ、分かったか?罪は消えない193282021/08/20 06:20
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 看護師を蹴る ヤマネコそれを擁護 痛々しい12342332021/08/20 05:54
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉、看護師を蹴る 頭おかしい!匿名52382021/08/20 05:49
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板障害年金の不正受給を訴えるわ税金返せ11782021/08/19 21:20
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板赤ちゃんを堕した罪は消えないはずなのにまた男と遊んでるんだぜ誰が見ても異常133752021/08/19 19:55
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉人生舐めてんのか?障害者じゃないなら年金を拒否しろ!おい!102972021/08/19 14:26
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板27歳無職 小遣いと障害年金で遊び歩く 楽して生きたいが口グかずは容疑者11822021/08/19 14:16
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板障害年金で遊んでるくせに障害者を馬鹿にする最低女かずは容疑者11762021/08/19 13:43
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板人を馬鹿にする前に自分の罪と向き合え!かずは容疑者12052021/08/19 13:41
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板ビッチ新スレでまたも障害者を馬鹿にしてる万葉72822021/08/19 12:39
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板たまごスレは纏めて204202021/08/19 12:36
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板働かない言い訳をするなよ!かずは匿名52822021/08/19 04:19
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板障害年金と小遣いで生活してる身でよく障害者を馬鹿にできるよなかずはは人格障害22042021/08/19 04:17
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板かずは男や体の話遊ぶ話を続ける限り周りがそれに合わせる限り許せない12022021/08/19 04:16
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板赤ちゃん殺し年金不正受給犯罪者に明日を生きる資格はあるのか?かずは容疑者11852021/08/19 04:14
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板かずはが謝罪文を書くまで許さないからな罪は消えない12052021/08/19 04:12
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板赤ちゃんの命を奪ったのになぜまた男の話ができる?反省させろ11832021/08/19 04:11
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板働いたことないからお金のありがたみも社会人の苦労も分からない27ニート32032021/08/19 04:09
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板言葉を知らないだろうが、気持ちを込めて書け!罪は消えない11912021/08/19 04:06
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板教養も常識もない働く意欲もないのに性欲だけは異常にある下劣だぞ!21872021/08/19 04:04
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板障害年金不正受給と赤ちゃん殺したことを謝罪しろスレを立てて罪は消えない11922021/08/19 04:02
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板学も教養もないたまごっち、早く働け!匿名103122021/08/19 03:59
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板和葉に制裁を!匿名32462021/08/19 03:54
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板この場におよんで絵文字を使って会話とか頭おかしいおい!22352021/08/19 03:52
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板障害年金不正受給、赤ちゃん殺し、万葉反省しないなら消えろおい!62362021/08/19 03:46
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板下劣な女、生きてる意味なし dionは万葉とline交換しろおい!52192021/08/19 03:44
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉嫌いな仲間が増えたみたいだな、このまま掲示板から消えろ!おい!62462021/08/19 01:43
by 破壊神
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板謝罪は今ある冤罪スレに書いてもいいぞ!匿名12082021/08/18 22:06
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板生活費全部親に出させて置いて遊び歩くとか根性が腐ってるぞ万葉52462021/08/18 22:01
by テツヤ
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板コロナ禍で生活苦の人がいる中、障害年金で遊ぶとか不謹慎だ万葉、最低31982021/08/18 21:56
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 障害年金の不正受給は訴える国民の税金を遊びに使われたら匿名32552021/08/18 21:50
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板40万のバッグを買う経済的に余裕があるなら生活費くらいは自分万葉12292021/08/18 21:46
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板子どもを育てる能力ないのに なぜ避妊しなかった?匿名52712021/08/18 21:30
by yamaneeko
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板いくら痩せても道徳心のない馬鹿は魅力なし!万葉42552021/08/18 01:05
by 匿名
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板dion匿名エレベガール同一人物、ふざけてるのか?かずは容疑者32312021/08/18 00:05
by 破壊神
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板万葉 本人登場 反省の色なし 謝罪しろよ!おい!32042021/08/18 00:02
by 破壊神
kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板文月7425982021/08/17 17:32
by 暦

関連スレはこちらより


kuronekokoneKokaiレトロ喫茶店|雑談・ラウンジ - 悩み相談掲示板 ▲